LIGHT WEIGHT アウターレイヤーワークギア ブルゾン 1626 お買い得,100%新品

あ!売り切れ!そんな時は25%OFF商品! 25%OFF商品はコチラをクリック! 【更に暖かさアップ!】 →防寒ズボンもあります!【インナーにはミドルレイヤー!】 →TSミドルレイヤーブルゾン 発売日2012年9月30日頃予約販売の有無予約販売の予定はありません。 インナーにはミドルレイヤーシリーズを合わせると最強のミドルレイヤーに!!! 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年のTSデザインってホントに面白いですよね!秋口に既にリリースされた ミドルレイヤー三兄弟 は、寒さが厳しくなるに連れて勢いが増しているのをヒシヒシと感じます。TSデザインの商品は機能性もさることながら、見た目であるファッション性も重視され作られているので、何より着ていて「カッコよく見える」っていうのが最高です。恐らくTSデザインを着て職場に行くと「お、それいいな。ドコで買った?」と周りから質問攻め間違いなし。もちろんお仕事で着るのでお仕事の成果が一番重要ですが、その前に着ているものを羨ましがられて嫌な気分する人なんていませんよね?!  TSデザインのワークウェアはそんな日常の何気ない「ちょっとした部分」を変えてくれるウェアなんです。その上機能性も良いわけですから、確かに売れているのも頷けます。  そして、そんな大人気のTSデザインのウェアに新しい仲間が加わりました!!大人気のミドルレイヤー3兄弟にもちょっとした”課題”が残っていましたが、このアイテム発売によって、”課題も解消”となりました!! 【完全無欠ミドルレイヤーに残された課題とは?!】 ■雪の降る地方ではもう既に寒い・・・関東圏ではまだまだミドルレイヤー一枚でも大丈夫かと思いますが、北海道や東北地方では既にミドルレイヤー一枚では寒くて過ごせないレベルに達しつつあります。 ■雨・風悪天候に弱い・・・ミドルレイヤーは名の通り「中間着」なのでそもそも雨や雪等の「悪天候」を考慮して作られておらず、その代わり軽さや着心地を追求したモデルになっています。しかしこの時期、既に晴れの日が少なくなりつつある今、ミドルレイヤー一枚では心もとないですよね・・・。 とまぁ、今現在でもミドルレイヤーで十分なご満足を感じているお客様も多いと思いますが、そんなお客様でもやっぱり冬本番では無理だな・・・と感じているはずです!!そうなんです、そんなお客様のお悩み、そしてミドルレイヤー自身が抱える”課題”も一挙にクリアする TSデザイン究極のミドルレイヤーシリーズの防寒着として一つ上のクラス「アウターレイヤー」シリーズ の発表です!! 「なんだよ、なんだかんだ言って、見てみりゃただの防寒着じゃねぇか」なんて事おっしゃるお客様、この商品は 既に先に発売されているミドルレイヤーを持っていたら、恐らく「当店で一番暖かい防寒着に化ける」商品 なんですよ☆ その秘密は・・・、 【ミドル×アウターで夢の防寒着にトランスフォーム!】 ■TSデザインが提唱する防寒着の考え方・・・TSデザインが提唱する防寒の考え方は「レイヤリング」、すなわち「重ね着」です。これこそ今回のTSデザインの防寒着の真髄であり核になる部分です。「インナーレイヤー」、「ミドルレイヤー」、「アウターレイヤー」、それぞれが持ち合わせる特色溢れるアイテムを全て着合わせた時、絶大な暖かさと機能性を兼ね備える究極の防寒着となるようにそれぞれ設計されているんです! ■ふわふわした中綿内臓で保温性アップ!・・・ミドルレイヤーでは若干の肉厚感でしたが、アウターレイヤーからは防寒性を重視しているため、ふわふわした布団のような中綿をたっぷり衣服内に閉じ込めています。 このアウターレイヤーの持つ保温性+ミドルレイヤーの保温性がプラスされれば、まさに鬼に金棒な防寒着に変身するわけです!! ■悪天候もへっちゃらなアウター機能・・・ミドルレイヤーをアウターとして使っていて気になるのは「悪天候時」です。もしも途中から雨や雪が降ってきたら・・・と思うと背筋がゾッとしますよね??それが全く気にしなくてよくなるのがこの商品。表面に強力な撥水加工を施し(いずれ加工は取れてしまいます)、表面上に着いた水滴や雪をサッとほろうだけで水切りが出来てしまいます。これは冬季に雨やみぞれが多い地域には大変助かると思います。 どうです??TSデザインのアウターアイテムは、全て「根拠があって存在している」っていうのが分かります。ミドルレイヤーを持っているお客様は是非極寒用に手に入れてほしいアウターです。 早速手元に届いた商品を触ってみると とてもサラサラ・ふわふわした触感 です。これは 通常、防寒作業服で使用される中綿は板状に圧縮された綿を使用 するんですが、このモデルは ふとんと同じ、ポリエステル100%の中綿を圧縮せずにふわふわのまま衣服内に閉じ込めている からなんです。恐らく、周囲で販売されている防寒服と比べるとふわふわ感が違うのは素人であるお客様が確認してもすぐ分かるレベルです。 袖を通してみると、なるほど~。はっきりいうと「もう防寒服を着ている感覚ではありません」ね(笑)。まず「袖が細い」です。脇のしたもすっきり。「小さい」ではなく「いらない余白を削除した」って感じです。着丈も短め。TSデザインが「見た目」に拘り続けたポイントが袖を通すだけで伝わってきます。全体的に丸みを帯びたように見えるのは前述の「ふわふわ中綿」ともう一つは 脇の下から袖の途中まで存在しているマチ がポイントになっています。通常衣服を縫い合わせる際は「前身(頃)」と「後ろ身(頃)」を縫い合わせると、服のように袋状になります。がしかし、当商品は「前身と後身」の間に「マチ」と呼ばれる「別生地」が縫い合わせれており、これが全体的に「立体的」にみせる要因になっているわけです。そりゃ、そうです、人間の体だって「厚み」があるわけですからこのマチがあったほうが体にはフィットするわけです。 ヘルメットの上からも被れる大型のフードは、顔に接する淵の部分にレースを通し「スピンドルで調節可能」になっています。少々恥ずかしいですが、強風時にはこのスピンドルを締め、「ほっかむり」スタイルで急場を凌ぐ事も可能です。 お揃いのパンツ(別売り)は、2トーン仕様になっており、当店では「ダークネイビー」1色を取り扱いしています。(上着はどのカラーでも合うように作られています) TSデザインのアウターを早速私(作者)が実際に着てみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段着るアウターのサイズ:M、普段着る作業用アウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 LLサイズが作業用として最適! でした。正直Lサイズでも着れましたが前述通り着丈が気になったのと袖丈がちょっと頼りない長さだったんでLLサイズにしました!! TSデザインアウターレイヤーのみで着用すると恐らく、 -5℃から10℃くらいの適応気温 だと思いますが、その下にミドルレイヤーを着用すると、 -10℃から0℃くらいまでグレードアップ! まぁ、暑ければ脱げばよいわけです。いきなり極寒服デビューしてしまうと暑いときに脱ぐことも出来ず汗でびしょびしょになってしまうので、やはりTSデザインの提唱するレイヤリングは機能的にも、経済的にも良いというわけですね。 LIGHT WEIGHT アウターレイヤーワークギア ブルゾン 1626 お買い得,100%新品

プロノ オリジナルブラック裏キルト防寒ブルゾン PJK141 格安,新品

【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■首元の防寒にはコチラがおススメ!ハイネックタイプ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 いやぁ、今年もこの季節がやってきましたね・・・。 毎年、冬に向けて発売するのに、冬が来たころにはもう完売している当店にとって”超”問題児「裏ボアパイロットジャンバー」が2015年バージョンとして再登場! 昨年もシュミレーションにシュミレーションを重ねて在庫を持ちましたが、結局12月を待たずにショート(欠品→終了)してしまったこのパイロットジャンバー、もはや「いくつ在庫を持っても結局足りないんじゃないか・・・?(疑)」と当店内では疑心暗鬼に陥っております(苦笑)。しかも今年のパイロットジャンバー、いつもの品番じゃないんです。 そうなんです!当商品、晴れて”プロノ”完全オリジナル商品となりました!! いやぁ、こりゃめでたいです。「そんなの自己満だろ?!」とか言わないでくださいね!何故自己満ではないのか?!それは 当店で好きなだけ製造出来る→どの道当店在庫になるのでシーズンギリギリまで販売できる んです。さすがにメーカーさんから仕入れていると、春先には在庫をなくしておきたいですから、強気な発注は出来ませんよね?!しかしオリジナルとなれば、話は別!逆に売らないと来年残り在庫を販売する事になりますから、ギリッギリまで主力販売できちゃうんです。 昨年モデルは初のフル・オリジナル化という事で毎年懸念されていた在庫の問題はある程度解消し、当商品がほしい!とおっしゃってくださるお客様には大抵お届けできたのではないかと思っておりますが、そんな中でも新たな課題が噴出しました。。。 【こうなればもっと良いのに!集まった声特集!!】 ■裏ボア、イイんだけど・・・このモデルの最大の長所である「裏ボア」ですが、確かにあったかいんだけど インナーとの相性が悪くて、ブルゾン内でもたつく とか、 ボアの毛がインナーに付いてしまって困っている など、暖かさゆえのデメリットも発生しました。毛足の長いボアゆえインナーと着脱の際、擦れあってもたついてしまうんです。いくら暖かくても着るとき、脱ぐときに「イラッ」としてしまうのは、やっぱり避けたいですよね。 ■匂い・・・ボアって暖かいんだけど、長い間着ると独特の匂いを発します。それが着用者の体臭であったり汗であったり・・・。着るたび、脱ぐたびにシュッシュッ(消臭スプレー)する時間、もったいないですよね。 ■価格・・・特に従業員さんの制服として買われた社長さんによく言われました。「来年も買うから同じ価格で販売してね!」という声。しかし今海外で生産する商品には苦戦する要素が強いのも事実です。 今回、主に多かった上記の声に応える為に当店が改善へ踏み出しました!!どれも一筋縄ではいきませんでしたが、 たった一つの改善で全て解決 いたしました。それは、 裏ボア仕様から裏キルティングへ仕様変更 キルティングを施すことにより、「滑り」がよくなりインナーとの相性が格段に良くなりました☆綿の肌着でももうモタつきません!!匂いも体臭や汗を吸ってしまう「毛(ボア)」がなくなり匂いの元凶がなくなったので、もうシュシュッの必要はありません!!そして、こんなに改善できて、製造面でのボアのコストが無くなり、なんと増税もあり現在、何とも好景気とは言いがたいこの世の中にほぼ「価格据え置き」でご提案できたことに当店としても、今回のマイナーチェンジは満足しています☆ 北海道で防寒服といえばこの「ドカジャン」があまりにも有名。きっとあまり雪になじみが無い地方にお住まいのお客様も「防寒作業服」といったら真っ先にこのドカジャンを思い浮かべるのでないでしょうか??がしかし、このドカジャン、 実は北海道では真冬にはあまり着ない防寒服 なんですよ。その理由はとても明確、それは・・・、 【何故、北海道でドカジャンは真冬に着ない?その理由】 ■フードがない・・・これは北海道では致命的です。北海道の真冬は晴れている事が少なく、晴れていても「小雪がチラチラ」降っていたり日中晴れていても夕方からもう吹雪なんでザラなんです。そう、勘のよいお客様なら分かったかもしれませんね。フードがないと「頭部の雪対策」が出来ないんです。もちろん、キャップやニット帽で防げますが万が一忘れてしまったり、風で飛ばされたら・・・、その後は悲惨です。  ですから何気に北海道のワーカーさんは、このドカジャンを「雪が本格的に積もり前」まで着用し、「雪が積もって毎日吹雪く」真冬になるとフードが付いている防寒服に「衣替え」するんです。 ■襟ボアが・・・・・これも説明する前に分かっちゃうかもしれませんね・・・。そうなんです。前述通り北海道の真冬はその半分が雪、もしくは吹雪きの日なんです。ですから「襟元がモコモコ」しているとそこに雪がついてちょっと融けた頃にまた氷点下の気温で襟がバッキバキに凍っちゃうんです。これはいわば「氷のマフラー」をしているようなもの。最悪、「とっくり」と呼ばれるインナーを中に着るか、襟のボアを外してしまうワーカーさんが多いですね。一日中車中でのお仕事となる「トラックの運転手」さんや内装屋さん、新築設備屋さんなど屋内の作業には真冬でもこのドカジャンでも対応できる場合があります。 ■対応気温・・・・・当店で販売するいろんな防寒服。どれも大体「○○度くらいまでなら対応可能(暖かいと感じる)」みたいな目安が実はあります。ですから「見た目があったかそうで、価格が安いなんてサイコー!」っていう基準で防寒服を選んでしまうとお客様の期待を裏切ってしまう事もあるかもしれません。例えばこのドカジャン、北海道の真冬は厳しいとご説明しておりますが、実際には 最高気温-4度/最低気温-10度だと確実に寒く感じるでしょうね・・・。 このドカジャンが適した気温は、 最高気温7度/最低気温0度くらい が適応範囲だと思います。北海道だとちょうど10月から11月中旬くらいまでの気温ですね、あとは翌年の3月中旬から4月中旬くらいまでの気温にはこの手の防寒服は最適です。 というわけで、当方が所在している北海道では本当に10月くらいから12月くらいまでにかけてこの手の防寒服が「ドバァァァァ~!」と販売になり、その後は最高・最低共に「氷点下対応」の「極寒地対応防寒服」が主力で販売されるんですね。  当店(インターネット)をご利用のお客様は8割が「北海道外」のお客様ですから、ひょっとすると 「さっきの気温の話を聞くとこのドカジャンで十分だな☆」 と感じるお客様の方が多そうですよね?!そう、だから毎年当店ではショートしてしまうんです。(反省)  早速、新しくなった商品の細かいディティールをご紹介しますね、全体を構成している素材は ポリエステル100%のツルツルした素材 です。昨年も人気があったブラック色は 製品を構成している部品の全てがブラックを使用しており、 商品全てが「オールブラック(真っ黒)」で仕上がっています。 その他、今年は「ネイビー」と「ライトチャコール」2色をリリースいたしました。 シルエットは・・・、ルーズですね。広い身幅、太いアームホール、言ってしまえば”古きよき時代のドカジャン”そのままのシルエットですね。袖の付き方は肩のラインが自然になる「ラグランタイプ(首の真後ろから袖が縫合される=肩が無い)」タイプですので、カタチはルーズながらもとても良い肩のラインが出ます。襟ボアはアクリルの毛を短くカットしたタイプですから、万が一急な雨等で濡れたとしてもそこまで悲惨な状態にはなりません。一方、裏地で使用されているボアは、襟と同素材ながらも 毛の長さを長くしてカット しているので、こちらは 衣服内に多くの空気層を生み出しますので、予想以上に暖かさはありそう です。ちなみに裏地のボアは肩口までとなっており、 肩から袖口まではツルツルしたキルティング素材を使用しているので、着脱がとても楽に行えます 。  その他特筆すべきが、 袖口と裾のジャージ ですね、とてもこの価格帯とは思えないガッシリとしてタフな印象のジャージでありながらソフトな肌触りですから、「締め付けがストレス」になることは絶対に無いですね。これはとても良いと思います。  ただ一つ、あえて及第点を挙げるのであればそれは「襟が若干頼りない」感じがします。特に 取り外しが可能になっているボアを外すと頼りなさが倍増(苦笑) します。出来れば次回作辺りから、襟の中に何か補強材っていうかそんなにガッシリしてなくていいんでもうちょっとシャキっとしてもらえたら嬉しかったですね。まぁ、ボアをつけていたらその辺りはあまり感じないかもしれませんが。。。  最後に私が実際に試着してみました! 身長:178cm、体重:78kg、ウエスト:82cm、普段着るトップス(インナー)のサイズ:Mサイズ、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、普段着る防寒服のサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lでもデカイ! でした。いやぁ、結構なルーズ具合です。ホントは「M」と書きたかったんですが、袖丈が足りなかったです。ですから、私ほどの体型のお客様で「防寒服も袖まくりする!」っていうお客様はMでも全然イケちゃいますよ。ただし、なんといっても作業服、寒くなればインナーも着ると思いますから、やはりオススメは「Lサイズ」で間違い無しだと思います。  北海道のお客様にとっては、 真冬までの屋外作業用防寒着、その他以外に「鳶さんの防寒着」としても似合いますし、スクーター等の配達業務のジャンバーとしても私個人的にはオススメ(半メル(顔が出るヘルメット)にこのドカジャンが合いますよ!)、その他冬場のスポーツの際の行き帰りの防寒着(ジャージじゃ寒いですからね) にオススメです。 ■サイズスペック■ サイズMLLL3L4L(+500円)5L(+500円) 着丈676971737577 バスト124128132136140144 裄丈848790939699 【PJK141以外の商品を一緒にご注文頂いた場合】予約販売につき、PJK141以外の商品をご一緒にご注文頂いた場合でも、PJK141と同じタイミングでの発送になりますので予めご了承下さい。 プロノ オリジナルブラック裏キルト防寒ブルゾン PJK141 格安,新品

BURTLE バートル 夏素材綿100% ワークブルゾン 8091 2017,セール

→お揃いのカーゴパンツはコチラ☆ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 「今年の夏物の作業着って・・・やらないの??」と不安なお気持ちのお客様、そんな事はないですよ!もちろん、当店でも大人気の作業着メーカーさん「BURTLE」さんの夏物作業着も発売になりますよ!! BURTLEさんって言えば、当店とは古くからのお付き合いでして最近のお話ではメーカーさんからお客様のお住まいへ直送するサービス「BURTLE エクスプレス」なんてサービスも行っていました。当店のWEB通販の可能性をひたすら信じてくれて、メーカーさんからお客様の下へ1年間ちょっとご協力していただきました。当店がBURTLEさんのワーキング(作業着)が大好きなところってやっぱり 抜群のカッコよさ☆ だと思います。 ただ私も作業着服屋さんの端くれです、もう一つ別の目で見たときもBURTLEさんの製品が好きなんです。 【ココが好きなんだ!!BURTLE商品の凄いところ☆】 ■こんな世の中にこそ日本製!・・・今や、家電も海外製、服も海外製、身の回りはほとんど海外製、もちろん作業着業界だってそのほとんどは「海外製」なんです。しかし!!こんな世の中にこそ「日本製の良さを知ってもらおう!」と動いているのがこのBURTLEさんなんです。私は一度社屋(広島県)へお邪魔させていただきましたが、製品のほとんどは今やアウトソーシング(外部委託)で作っている中、BURTLEさんはその社屋の中の一角に未だに「縫製工場」を構えているんです!!(驚)。その中には昔ながらの職人さんがミシンをリズム良く刻み、そしてアイロンがけをしていました。日本で作られる生地を日本の工場で、豊富な経験をもつ職人さんが緻密な計算の元、完成度の高い作業着を未だに作っているんです!! そう!つまり、当商品は国産の生地(綿100%)を使用した作業着 なんです!!今ドキ、日本で生地を調達したら結構お金がかかってしまい、ついつい海外製の生地を調達してしまうのが人情なんですが、BURTLEさんは今作だけではなく、以前から一部の作業着に関しては未だに国産生地にこだわって作っているんです☆ ■カッコイイの意味を履き違えない・・・カッコイイ=ファッショナブル。ほとんどの人がそう思っているし、ある意味、それでいいのかもしれません。ただし、BURTLEさんが考え、商品としてリリースする作業着は、 ファッションとしてのカッコよさ。ではなく、あくまで作業着として(コレを着てハードに仕事をする)カッコイイと思える商品作り をモットーに作っています。「同じじゃねーかよ」って突っ込まれたちょっと辛いんですが、簡単にいうと、BURTLEさんの作業着は誰が見てもカッコイイですよね?これ着て仕事場に行きたいと誰もが思いますよね?!ただし、 コレを着てデートや、中心部にショッピングにはなかなか行きづらい・・・ ですよね。でも、それでイイんです。BURTLEさんの狙うカッコよさは街やデートで着れるカッコよさではなく、あくまで「舞台は仕事場」なんです。昨今の作業着はどれもファッション性を追及してどっち付かずなデザインになっている事が多いんですが、BURTLEさんの製品はどれを見ても旧新作どれを見ても「作業着としての軸」をブレずにカッコよさを追求しています。 ■ターゲットが広い・・・作業着としてカッコよさを追求すると、行き着く先は「シンプル」。シンプルなのでワーカーさんであれば老若男女全てのお客様から高評価をいただけるんです!!ファッション性を高めると「ツートーンなど色の切り替え」や「ジッパーやボタンがガチャガチャ」したデザインになりがちで、そんなファッション性作業着をほしいと思えるワーカーさんはどちらかというと若年層です。そう考えるとBURTLE作業着は本当にターゲットが広いデザイン性の高さだと思います。 最先端をひた走っているように見えながら、実は業界の中でも屈指の「職人気質」メーカーさんかもしれません。ですから、当商品もやっぱり随所に「作業着だな」と思える感触が残っているんです。 作業着は、薄くサラサラした触り心地の綿100%素材。持ってみるとさすがに夏物、軽いですが綿製品ということで「他の夏物よりも圧倒的に軽いという事ではない」と断言できます。まぁ、私の感覚では夏物としては「ごく普通の重さ」ではないかと思います。早速袖を通してみると、うん。なかなかいい着心地です。着丈も昨今の「ショート丈作業着」からはいち早く脱出した感じで好感が持てますね☆着丈もしっかりとしています。ただ一つ、 今作、ウエストにアジャスターが無いのでウエスト幅の調節は不可、私のような線の細い人間は大きめのサイズを選んでしまうとウエスト幅が余りガバガバしてしまう 可能性があります。胸ポケットも大きくて使いやすい、コレも作業する事を考えると大きなポケットの方が良いに決まっています。ストレスがかかる箇所にはリベットが打っており、ポケット自体の強化もなされています。ペン挿しも実に豊富(笑)。こんなにあればペンをたくさん持っていても問題ありません。これも仕事を考えるとあって困る機能ではございません。中でも必見なのが 肩周りの取り回しの良さと通気性 でしょうか。肩(腕)とボディのつなぎ目の間には通気性向上を目的としたメッシュが装備されており、このメッシュの柔らかさと伸縮性のよさ、そして通気性の良さで抜群の効果を発揮します。  また、腕から伸びる肘の部分には、2本小さい折り込み(タック)を入れて肘の自然な曲線に合わせてスタイルが維持できるようにシルエットを変えています。首元にはメッシュの背アテも付いておりジメジメした日にはこの背アテの有無が随分着心地を左右します。 身幅もたっぷり取られており、 全体的にやや大作り(ルーズシルエット)なのは、BURTLEさんがあくまで作業着=いろんな体型・年齢層・性別にストレスなく着てもらうため に、ルーズに仕上げられています。 同時発売する別売りのカーゴパンツも、やっぱりルーズストレート・スタイル。 「ノータック」、「股上が深い」ことや「ワタリ(フトモモ幅)が大きい」、「裾幅も広い」 そんなスタイルは、分かりやすく言うと ズドン!としたワイド・カーゴパンツ といえそうです。股上が深いので正直腰骨で引っ掛けて履くウエストハンギング(腰履き)では、「やりすぎはダラしなく見えてしまうので注意が必要」です。ウエストのくびれの2~3cmちょっと下辺りで採寸するのが良いかもしれません。 最後に実際に私が着てみた感想をお伝えします!! 身長:178cm、体重:64kg、ウエスト:82cm、普段着る上着のサイズ:Lサイズ、普段履くパンツのサイズ:82cm(ジーンズ32inch) の私が着てみたところ・・・、 上着はLサイズで少し身幅大きめ、パンツは82cmでピッタリ でした。ちなみにインナーはTシャツ1枚のみですから、もうちょっと着る方はLサイズでピッタリかもしれません。パンツは・・・太ッいですね~(笑)。でもノータックなので画像を見ていただいたらお分かりになると思いますが「すっきり見える」のではないでしょうか?? 夏物なんですぐほしい!に対応するためにシーズン当初は「翌日配達サービス」対象とさせていただきます。 BURTLEの製品がとにかく好きなお客様、今年の夏からず~と気になっていたBURTLE社の作業着に衣替えを考えていたワーカーさん、職人さん、最近では日本固有の作業着「鳶装束」からBURTLE社の作業服にイメージチェンジをする鳶さん、火気や熱を帯びた作業場では綿100%は持ち前の特性(生地が溶けない) を発揮します。 ■サイズスペック■ サイズバスト肩幅袖丈着丈 S108465462 M112485664 L116505866 LL120525968 3L124545970 4L(+500円)132576070 5L(+500円)140606072 BURTLE バートル 夏素材綿100% ワークブルゾン 8091 2017,セール

在庫限り終了 マイナーチェンジ後 '14ver UNION 76 ナナロク 中綿”シレー”レーサージャケット No.76 WB1302B 2014 WEX 新作 ナナロク 新品,品質保証

→ほぼ同時発売の姉妹商品 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →裏起毛長袖ポロシャツもあります! ■■■商品説明文■■■ 本日私の手元にその昨年大ヒットの商品が届きました!! 「もったいぶらずに言え!」とお客さまに怒られる気がするので言っちゃいます!昨年、発売したところ予想以上の大反響を巻き起こしたあの商品の20014年度販売分在庫が本日入荷になりました! そうなんです!!きっと「待ってました!」といっていただける、再販売をお伝えするナナロクの新商品は・・・、 ナナロク・中綿・防寒レーサージャケット!! そう、昨年ナナロクの新機軸として大活躍した防寒ジャケットが お客様の声を活かしてちょっとだけマイナーチェンジで再登場 しました!!昨年当時、先行で発売されたファッション性が高いキルティングジャケットと、よりスポーティなシレー素材のレーシーなジャケットが発売になったんです!!私も2アイテムの入荷日がこんなに近くなければ別々に掲載しても言い訳のしようがありましたが、さすがに1週間足らずでまた新商品が入ってくると「隠してたんか!!」と突っ込みをいただいても仕方がないレベルでしたね。 ただ、一点言い訳をさせていただくとすれば、「ナナロクの新商品の詳細・入荷日は事前に知らされていない」のです(泣)。こんな事がないように再三お願いをしているんですが、やっぱり事前に告知をしてしまうと今の世知辛い世の中「ブログで情報流出」や「画像が流出」、はたまた「twitter」などで結局「フライング」になってしまうんです・・・。 きっと先週お買い求めいただいたお客様も今回の商品を見て「こっちの方が良かった~」とがっかりしているお客様もいらっしゃるかと思います、本当に申し訳ございませんでした・・・。ただ現時点で唯一両方のナナロク防寒ジャケットを目にしている私(作者)からすると「2アイテムとも非常に完成度が高くカジュアルとしても、ワークとしても主役になれる」、そんなアイテムですから、キルティングジャケットを手にしたお客様も決して悪いお買い物ではなかったと私は確信しています!! きっと、無類のナナロクファンならキルティングも、そして今回のシレーも手に入れてしまおうというお客様もいらっしゃると思いますので、テンションを下げずにこの商品の魅力をお伝えしようと思います。 【よりスポーティな印象が◎!レーサージャケット!】 ■テカテカ素材がカッチョイイ!・・・画像で見るとテカテカしていて届いてみたらテカテカしてなくてガッカリ・・・なんて経験したことある方、ご安心ください!この商品に限って言うとテカテカしすぎて画像編集で光沢を逆に抑えたくらい艶々しています♪。この生地加工の名前は「シレー」っと言って、実は途中工程までは普通のポリエステル素材と一緒なんです。普通のポリエステル素材は表面をよく見ると「繊維状のものがたくさん集まって生地を形成している」っていうのが分かるんですが、シレーはその 表面のポリエステルを高圧力でギューーーーッとつぶす んです。まぁ、簡単にいうと、炊きたての餅米って一つ一つ米粒がはっきり分かりますが、それを臼と杵で叩いて伸ばして・・・を繰り返すとやがて見慣れた餅になりますよね?もともとは一つ一つの固体だったものが高圧でつぶされることによって餅という一つの固体に姿を変えるわけです。シレーもまさにそんな感じです。高圧力でつぶされる為、表面には編み目や繊維の流れ・・・みたいなものは一切見えません。まるで光に反射するフィルムのように一枚に伸ばされた素材を肉眼で確認する事が可能です。そのため、生地はとても薄く、薄いのに耐久性があるのは見た目こそ薄いですが、本来は厚みを持ったポリエステル素材だからです。 ■軽さがハンパない!!・・・主素材として使用されるシレーのもう一つの特徴が「とびきりに軽い」という点。前述通り、軽いからといって商品的に問題があるかっていうとむしろ逆で、通常、アウターで使用される耐久性の高い素材を薄く仕上げているので、耐久性に関して言うと通常の重たくてごわごわしている商品と同じくらいの耐久性は持ち合わせています。 ■フィットが抜群!!・・・先週発売されたキルティングジャケットと同様、既存の防寒作業服を元にして作られておらず、その元になったのは「某有名カジュアルブランドの防寒ジャケット」ですから、袖を通した瞬間に「お、今までの作業服とはなんか違う」と即座に感じていただけるハズです。特に腕のとり回しが抜群なので「見た目スッキリしているのに、思ったより動きやすい」っていうのがこのジャケットの大きな”ウリ”になっています。 どうです??確かにキルティングジャケットにはキルティングにしか出せない”味”がありますが、今回のシレーにもとても魅力的な要素が満載なんですよね。どっちか悩んでるならどっちもどうぞ!っていうのは完全に売り手の都合でしかありませんが、でも本当に悩んでしまいます。 適応気温は、0度から10度くらい と思われますので、これからの季節のタウン着としても重宝しそうな一着です。 キルティング同様、ナナロクで好きでたまらない屋外作業員さんの防寒着の1着として、はたまたテカテカ感が抜群なので鳶さんの上着としても目立つこと間違いなし!その他サンデーメカニックさんや、本職メカニック、モーター系のイベントのスタッフ着として、はたまた車屋さんのスタッフ着、日曜日のお父さんの外着にも印象がガラリと変わること間違いなし! 最後に実際に私がこのジャケットを着てみました!! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでピッタリでした!! 多分ですが、このジャケット、先に発売されたジャケットと工場が一緒ですね。着た瞬間の感触が全く一緒でした☆でも正直な話、タウン着としてはLサイズでよかったですが、私が屋外で作業する作業員であったなら、迷わずLLサイズを購入します!!だってこの1着だといいとこ0度までしか対応していないので、真冬に着ようと思ったら、中にインナーを着込む可能性があるからです。 このよりスポーティな印象になったシレージャケット、是非この冬のスタメンとしてお客様の防寒服のラインナップの一つとしてご検討ください!! 今回、マイナーチェンジとしてスペックが変更になったのは、裏生地がフリースからナイロン生地に変更になったところです。防寒性の問題ではなく「着心地」の問題で素材が変更になりました。フリース素材ではインナーと裏生地がまとわりつき、着脱の際ストレスを感じているお客様が予想以上に多かったというのがマイナーチェンジの理由です。 今作より、防寒性を損なわずに脱ぎ着がしやすくなったので、素直に喜べるマイナーチェンジとなりました。 ■サイズスペック■ サイズMLLL3L 着丈65cm66cm67cm68cm 身幅53cm56cm59cm62cm 裾幅52cm54cm56cm68cm アームホール(肩周り)24.5cm25cm25.5cm26cm 袖丈65cm66cm67cm68cm 在庫限り終了 マイナーチェンジ後 '14ver UNION 76 ナナロク 中綿”シレー”レーサージャケット No.76 WB1302B 2014 WEX 新作 ナナロク 新品,品質保証

BURTLE バートル ワークブルゾン 6091 定番人気,低価

→S~3Lサイズはコチラ →お揃いのカーゴパンツ サイズバスト肩幅袖丈着丈 SS102415560 S108445662 M112465864 L116486066 LL120506268 3L124526270 4L130546372 5L136566372 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  当店では、ネットでもしっかり作業服のよさを伝えネットも買いやすい「価格」と「実用性」、そして当店掲載基準のさいだい要素「ファッション性(カッコよさ)」が揃った商品を掲載しています。ですから当店を通じてお客様にお伝えする「作業服」は、いわば当店内の厳しい「チェックをクリア」した作業服であり、いつも最初にお客様が「こんなにあっちゃ、どれにしたらイイか分からない」という精神混乱状態を、予め当店が絞りを利かせる事により、ググゥ~ッと選択がしやすくなりました!!  当店の採用基準は上記の通りで、これは「昨年も取り扱ったからこのメーカーは来年もやろう」とか「当店と仲良しのメーカーさんの商品を優先的に取り扱おう」などといういやらしい選考基準はありません。いつもフラットな精神状態で「メーカーさんや過去の取引額」に関係なく、純粋に作業服の未来を考えているメーカーさんの作業服・作業用品を選定しています。 その結果、当店で最速お届けサービスにご協力いただいている「SKプロダクトさん」や「BURTLEさん」の商品が多くなっていることは、ご協力いただいているからではなく、「当店の目指す作業用品の方向性と良く似ている商品を企画・開発」されているためです。今回、ご紹介の商品も たくさんの作業服の中から「ダントツ」の人気で見事当店掲載を勝ち取ったBURTLE社製の最新作業服 です!! 【6091ブルゾンのココが凄いよ!ポイント】 ■生地・・・サンプルの時からこの商品で使用されている生地の凄さが伝わってきました。何が凄いのかっていうと”生地厚”と”風合い”です。多分、私がここで伝えないと大部分のお客様が「これって綿100%だろ?」と誤解を受けかねないほど、しっかりした表素材は「パリッ!」とした肌触りと、「どんなハードなお仕事でも屈することの無い生地」が最大の特徴です!!そう、これぞBURTLEさんの真骨頂 国産生地にこだわった綿混素材(綿65%、ポリエステル35%) です!!BURTLEさんはその生産の全てを海外へお願いしているわけではなく、創業以来ず~っと「生地は国産を使うべし!!」っていうのに重点を置いて作業服を作っているんです。  今でこそ「国産生地」っていうと「へぇ~」って感心してしまいますが、昔はドコのメーカーさんも国産の生地を使っていたよう。それが時代の急激な流れにより、「製造は海外に委託」され、そしていつか「生地も生産も全て海外で」という風潮に業界全体全体が流されていきました。もちろん、それが悪いとは私(作者)は思いません。その結果作業服に不可欠な「圧倒的なコスパ(低価格)」が手に入りますからね。でもBURTLEさんはその領域には踏みこまなかったんです。「BURTLE製品は、着た後からが本当の勝負」とメーカーさんも意気込んでいる通り、BURTLE製品は国産の生地を使用している点から「着古した時の風合い」や「作業服としての寿命も長い」などといった全国各地のユーザーさんから絶賛されているんです。 ■シルエット・・・これもBURTLEさんらしいポイント。昨今、周囲の作業服メーカーがカタチにこだわって作業服の既成概念を打ち崩すデザインやシルエットの作業服をたくさんリリースする中、BURTLEさんは「作業服として守るべきポイントをしっかりと守る」姿勢を決して崩しません。この姿勢がいまや「頑固者」といわれる「職人さん」や、ベテランの「ワーカーさん」にとって心地よすぎるメリットになっているんです!  昨今の作業服でも流行の「ショート丈」や、「タイト(細身)デザイン」、「装飾付属(キラキラしたボタンや装飾ジッパートップ)」などのスタイルは決してBURTLEさんは踏襲しません。 着丈も、身幅も、そして付属も全てスタンダード。ここにファッション性を求めません。 、これはBURTLE社の「作業服なんだから、いろんな人(体型・容姿・年齢)にきちんと作業をしてもらうのが一番」と考えるからこそなんです。  では画像をご覧頂いて、「この作業服って地味??」って聞くと、全員が「オシャレ」と答えます。ここがBURTLE製品の凄いところ。そうなんです! 見た目ではなく、着たとき・仕事した時のことを想定しているからこそ可能になる、”内側”からファッション性がにじみ出てくる んです。襟の大きさだって、形だって袖形状だって昔と大差ありません。しかし、全体を見ると何故か「オシャレ」。これこそ作業服メーカーさんの出来る芸当”スキル”だと思います!  ただし、全てを昔のままに当商品を作ったわけではありません。アームホール(腕と肩が合わせる周囲径)は昔よりもず~っと細め。この部分って昔からそんなに必要な太さって無かったんです。ですからここは自然とカットされていました。 ■機能性・・・届いた瞬間に感じていただけるのは「なんかゴッツイ服だな~」と思いますが、コレが着てみると実際はそうでもないんです。きっと腕の取り回しに、肩甲骨に辺りにある「ウイングカット(タックのようなもの)」と、わきの下にある「ダイヤカット」と呼ばれる別生地のおかげであると考えられますね。 肩甲骨のタックは腕を前に向けた時に、このタックが伸びてストレスを感じなくさせる効果 があり、 脇の下のダイヤカットは、本来存在していない生地でありこの生地を前身・後ろ身・腕の間に入り込むことにより、腕を上げた際の身頃のモタツキや引っ張り・ツッパリにおけるストレスを軽減 させています。 ■デザイン・・・BURTLEさんの製品って、絶対「ファッション性を優先した結果、○と○の機能性は若干損なわれました。」的な事は絶対にありえません。まず優先するのが「ワーク(仕事)」なわけですから、機能性を犠牲にするなんて考えはハナからありません。両胸元の大きなポケット、貴重品やメモを入れておく「ジッパーオープンポケット」も完備、両脇のハンドウォームポケットは入り口を若干小さくして生地を重ね、屈曲した際にも中身が落ちないような工夫が施されています。そして、 こんな事ってあるんでしょうか、この価格帯で裏地に裏ポケットも装備 します。どうです?これが BURTLE クオリティ なんです。しかもこのモデルだけがこうなんじゃなくて全ての製品に対してこの「BURTLEクオリティ」は存在します。 そして今回の商品にはちょっとしたアソビ心が。脱いだ時に首元にチラッと見える「トリコロール・テープ」。こういう所に全力を尽くせるメーカーさんなんです。 【ココが凄いよ!おそろいカーゴパンツ!!】 ■生地・・・当然、お揃いですから生地はブルゾンと同クラスの生地厚と質感。どうしてもパンツの傷みが早い作業ズボンですが、こだけ生地がしっかりしていてタフだときっと、ブルゾンと同じくらい長持ちするに違いありません。 ■シルエット・・・当商品今流行のウエストの折込タックがない「ノータック・カーゴパンツ」。「俺ぁ、ノータックなんてキツくて穿かないよ」というお客様、幸い当店は返品をお受けできますので、どうか 試しにこのノータック・カーゴパンツを一度穿いてみてください。 実際、穿いてみると実感できますが、ウエストからワタリ(ふともも)にかけてまるで1タックパンツのようなゆとりがある事に気がつくはずです。少なくてもジーパンのようなパツッとした雰囲気にはなりませんよね。これこそ「マジック・ノータック」と呼ばれる手法で、見た目こそはオシャレなノータックですが、履き心地は機動性の高いワンタックのような履き心地なんです。これでスッキリした見た目で、いつも通りの仕事(成果)が約束されるわけです。BURTLEさんらしいこだわりが見え隠れするポイントです。 ■機能性・・・ふとももサイドにデッカイポケットが2つ付いています。これはデカイです(笑)。これ以上大きくしようがありません。多分このポケットにいっぱいモノを詰め込むと動けなくなりますね。。。でも、スッキリとしたポケットですから何も入れなくても、ファッション性は高くなります。 ■デザイン・・・ただ一点!!BURTLEさんにお願いしたい事が・・・。それは「センターバーツ(折り目)」を何とかして「サイドバーツ(パンツの真横に折り目がくる)」になるように袋詰めをお願いできませんか??・・・って多分、当店の担当者も伝えてると思います。きっと工場の都合がつかいないのかな??でも、当店は引き続きお願いし続けようと思います!! 以上、これがBURTLEさんの期待の新商品の全容です☆どうです??既にBURTLEさんのファンのお客さまも、そしてこれから作業服を買おうと思っているお客様もこれ以上、悩む必要のないクオリティだと思いますよ。そして!!そんなお客様に当店から当商品に関して最後のサプライズ!! それは・・・ 新商品6091ブルゾンのお値段は1着、2,790円!!(3Lまで)(驚) 新商品6092カーゴのお値段は1本2,290円!!(驚)   どうです??多分、この価格を聞いて「や~めた」っていうお客様は皆無では??そう、BURTLEさんが最後に仕掛けたサプライズは 「国産生地を使用し」「どんな方にも愛されるデザインにこだわり」、そして最後は「圧倒的なコストパフォーマンス」 だったんです!!いやぁ、凄いですね。 最後に作者である私が実際に着用してみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着る作業ブルゾンのサイズ:LLサイズ、普段穿く作業ズボンのサイズ:82cm の私が上下であわせてみたところ・・・、 ブルゾン→Lサイズ、パンツ→82cmでカッコよく着こなせました! 。ブルゾンはやっぱりBURTLEさん。LLだとちょっと身幅が余ったのでLサイズにしたら変なゆとりが無くなってスッキリしました。  ドコよりも早くリリースしようと思って、ず~っとBURTLEさんと打ち合わせしていました!!どうです??ドコよりも早かったですかね??(不安) BURTLE バートル ワークブルゾン 6091 定番人気,低価

Snap on スナップオン ミックス柄ウインドブロックジャケット SNO WJ141 お買い得,人気SALE

→■4Lサイズはコチラ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  きっと、待っていたお客様も多いかと思います。今年の6月に突然バナーが出現し、当店のお客様が良い意味でザワつきました。  本当は、順調に行けばもっと早くにお伝えできたのですが、やっぱり企業と企業、ましてやその相手先が日本企業ではないとなったら、実際に私が思う以上に大変なことが多々ありまして、実質2ヶ月くらい遅れてようやくお伝えできるようになりました!!  声を大にして発表しますね!!せ~っの!! この度、当店(当社)はアメリカン・ツールブランド「Snap-on」とライセンス契約を結びました!! そうなんです!!ちょっと車や、バイクに興味があるお客様ならまずこの名前を知らない人はいないでしょう!!キング・オブ・ツールの名前がふさわしい、恐らく 「世界で一番有名で、世界で一番高級な工具」 なスナップオンのワーク・アパレル部門を、なんと当店(当社)が担当させてもらえるようになったんです!!これって凄いことですよね!! 「え~!スナップオンっていうからてっきり工具を扱うかと思った」っていうガッカリ感満載のお客様、スナップオンは工具の流通に際して非常に厳しい取り扱い基準を設けており、工具を当店(当社)が取り扱うメリットはほぼありません。「餅は餅屋」っていう言葉がある通り、結局は工具のような専門性の高い商品は、その筋の専門店が販売した方が結局がお客様もメリットがあるというものです。では、当店でスナップオンアパレルを取り扱う価値はドコにあるのか?それはズバリ、 当店が培ってきた作業着としてのノウハウを、スナップオン・アパレルの開発に十分活かせる!! という事が挙げられます。スナップオンとしても工具は一流ですから、あとは「それを使う人(メカニックさん)に一流になってもらう=着用する作業着もスナップオンにしてもらう=工具も一流、着るものも一流で当然出る仕事の成果も超一流!!」っていう流れにもっていきたいと常日頃から考えていたみたいで、そんな時縁がありこちらからからお声を掛けさせて頂き実現したんです!!  さすが、日頃からアパレルにも興味があったというだけあって、初めてお会いした時からリクエストの雨、あられでその日はメモするだけでへとへとになってしまいましたが、「適当にロゴつけて売ってくれればいいよ」的な超適当な対応ではなく、本当に熱意があってこそのスナップオン・アパレルなんだな~!と本当に関心してしまいました。 そして、今回様々なディスカッションを経て誕生したモデルが、 ウインド・ブレーカー・ジャケット です!!これはスナップオンさんからも熱望されていたアイテムですが、当店としてもまずは「得意」な分野で勝負したいと思い、輝かしい「当社スナップオンラインセンス商品第一号」としてリリースが決定いたしました!!  スナップオンを扱う業者さんはズバリ、「車屋さん」と「バイク屋さん」と「超リッチなサンメカさん」です。「え?工具のメーカーと使う業種なんてドレも一緒なんじゃないの??」っていうお客様、そんな事言ったら工具使っているお客様に怒られますよ。工具を扱うワーカーさんは皆、「こだわりと誇りを持って」工具を使いお仕事をしています。  何故、業種によって使う工具とメーカーさんが異なるかというと、一つは「業種ごとに主要ネジのサイズが違う」という事と、「対象物が海外製」っていうのが実情としてあるようです。例えば大工さんが使うサイズっていうのは14mmを越える大きなネジが対象ですが、車・バイクの整備では6-8-10-12mmなど比較的小さいサイズが主要です。スナップオンはアメリカの工具なので、アメリカの車(アメ車)と相性が抜群です。やっぱりアメリカで作られたネジは、アメリカの工具で回したほうがしっくりくるのは間違いないです。  「日本の工具が精度では世界一でしょう!」っていうお客様、確かに日本には機械よりも精度の高い職人さんがたくさんおり、日本製の工具をこよなく愛す世界の工具ファンもたくさんおります。ただ、「ネジを回す」っていう事に関しては精度も大事なんですが工具もネジも鉄であり、「相性」が一番大事です。  仕事の成果を常に問われるワーカーさんが工具にこだわりを見せるのは当たり前です。そんなこだわり要素の高いワーカーさんに今回オススメするのが、このウインドブレーカーです。「あれ?でも品名にはウインド・ブロッカーって書いてあるけど??」っていうお客様、とても鋭い。そうなんです。正式名称は「ウインドブロッカー」です。でもウインドブロッカーって言ってもピンと来ないお客様もいらっしゃると思ったので、今回は一般的にイメージしやすい「ウインドブレーカー」としてご紹介させていただきました。 【ウインド・ブレーカーorブロッカー?機能性の違いあり!!】 ■メカニズム・・・ウインドブレーカーは「風を避ける」という意味、ウインドブロッカーは「風を壊す」という意味から風から身を守るという目的上ではウインドブロッカーの方が効果が高い事ということがいえそうです。 ■仕様の違い・・・ウインドブレーカーはポリエステルやナイロンで表生地が生成されており、その裏にはメッシュがついていることが多いです。ウインドブロッカーは、多層構造により風そのものの「風の貫通を防ぐ」事を目的に作られており、ポリエステルやナイロンが使用されることもありますが、ニットや質感の良い表素材の下に、防風フィルムをかませて、裏生地を貼り付ける「ボンディング」という多層構造で風を完全にシャットアウトする事を目的に作られています。 ■デメリット・・・ウインドブレーカーは表生地の厚さにどれだけウインドブレーカーとしての防風性があるか左右されます。薄ければ強風の際、冷たい秋風がウインドブレーカーを貫通し衣服内が冷たく、寒く感じます。その変わり風が通過するということは「通気性が高い」という事になり衣服内で「汗やムレが発生する」ことは少ないといえます。 一方、ウインドブロッカーは多層構造生地によりどんなに強風が吹いても 衣服内に冷たい風が通過する事は物理学上、ありえません っていう事で、徹底的に風による寒さを感じない作りになっていますが、機密性が高い分ムレや汗も感じやすく、暖房が効いた室内などではサッと脱いでしまうほうが良いと思います。  ここまで説明して、ようやくこの商品が「ウインドブロッカー」である事がきちんとお伝えできます。主に外やこれから寒い展示ルームや整備エリアでアウターとして着てもらいたくて作りました。もちろん営業の際も着ていたらカッコイイと思いますし、納車のときとかスタッフさんが着ていたら、カッコイイなぁと私でも思っちゃいます。 また、高価なスナップオンツールをお買い求めいただいた際の「ノベルティ」としてご用意しても、きっと工具をお買い求めになったお客様はお喜びいただけるのではないかと思っています。是非、スナップオンの良さが分かる車屋さんには「定番モデル&ちょい買い足しモデル」としてお車やバイク、工具と一緒に展示していただけましたら幸いです。  最後に実際に着用してみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:71kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、普段着るインナーのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 インナーシャツ1枚でLサイズでピッタリ☆ でした!!結構、裾に余裕があったので、つなぎの上からも着れるかもしません。 最後の最後に、「スナップオンのアパレルであれば、サイズ感はやっぱりアメリカンサイズ?」とギモンに思うお客様も多いと思いますのでお伝えいたしますが、当商品は日本人のサイズに合わせて企画されておりますので、普段着用されているサイズでほぼ間違いないと思います☆  ちなみに当商品、全国各地をカッコイイ車で回っている「スナップオン・バンセーラー」さんでも並行して扱いますので、お買い求めしやすい方でお求めください!!スナップオンっていうと「ピンスト(ピンストライプ)」や「フレアパターン」でコテコテのアメリカンウェアを想像していたお客様も多いと思いますが、今回のような一件シンプルな色調の方が様々なシーンで役立つので、1着あると結構便利ですよ!! サイズ 着丈 胸囲 裾幅 裄丈 S 70 102 100 80 M 72 106 104 83 L 74 110 108 86 LL 76 114 112 89 3L 78 118 116 92 4L 80 122 120 92 Snap on スナップオン ミックス柄ウインドブロックジャケット SNO WJ141 お買い得,人気SALE

ITOZ アイトス 光電子 ”暖神”防寒透湿ハイエンドウインターブルゾン 6061 定番人気,お得

あ!売り切れ!そんな時は25%OFF商品! 25%OFF商品はコチラをクリック! 【お揃いのパンツはコチラ】 → 発売日2012年9月25日頃予約販売の有無予約販売の予定はありません。 ■光電子はもともと防寒肌着で活躍中!肌着で暖かいんだから、防寒ツナギでは最強です!! ■光電子(こうでんし)■  遠赤外線事業を営む(株)ファーベストが知的財産権を有する、遠赤効果を利用したセラミック配合生地による特殊繊維の名。  専門事業である遠赤外線の長所を活かし、「必要以上に熱くならず、一定の保温効果」を得意とする上記素材は昨今の防寒肌着や衣料を中心に多種多様な業界から注目されている。配合率が低くてもある程度の効果が見込めるため、小配合で低価格な商材を生み出せるのも魅力の一つ。 ■遠赤外線効果の実態■~一般発熱肌着と光電子肌着の着用・前・後の表面体温の変化~ ■着用前■ ■30分着用中■ ■脱いで20分放置■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年も残すところあと1ヶ月の12月、もう新商品なんて入荷しないって思っていませんか??甘~い!何を隠そう、当店は掲載が遅れています(苦笑)。今年いっぱいかけてどんどん新商品の掲載をしていきますよ!!「そんな事されたらこないだ買った商品が損した気分になるだろ!!」とお叱りを受けてしまいそうですが、これからご紹介する新商品の数々は、 当店で取り扱っていない商品、またはコアなお客様専用 に限られていますから、「お、追加で買おう」とか「そうそう、そんなマニアックな商品を探していたんだよ」っていうお客様がほとんどではないかなって思っています。 今回ご紹介する商品も、どちらかというと一般向けというよりは「コア(マニアック)」なお仕事、それに携わるお客様用っていう感じの防寒服です!!ど~ん!!そうです、今回ご紹介する商品は・・・、 ■光電子 防寒ワーカーズ・ブルゾン■ でございます。「光・・電・・なんだって????」というお客様、光電子(こうでんし)っていうのは中綿で使用される防寒繊維の名前です。結構、メジャーな繊維でしてちょっと防寒に詳しいお客様ならこの名前ってご存知だと思います。 一般的に防寒作業服で使われる中綿って、ポリエステルを細~ッく糸状にしたものを複雑に絡ませて作っているんです。その中綿の重量がそのまま暖かさの指標になるんです。ところがその数値っていうのはあくまで 普通のポリエステル綿だった場合の話 でして、使用される中綿がポリエステル綿ではなく、科学的に作られた防寒繊維であれば「重量=暖かさ」の公式はもろくも崩れてしまうんです。つまり、通常の中綿素材で仮に「10の暖かさを得るために10のポリエステル中綿が必要」なところ、科学的な見地から製造された防寒中綿「光電子」であれば「10の暖かさを得るために3~4の光電子量で十分」となってしまうんです。  光電子の大きな特徴としては、 体から発せられる放熱をふく射といって体に戻す防寒方法を用いており、衣服内外の温度差によっても発生する汗や結露といったムレも蒸気の状態で光電子が吸い取り、そのムレを衣服外へ放出 するという、まるで機械みたいな働きを繊維がしてしまうところが現代の化学繊維の恐ろしさを感じてしまいますね(笑)。 そして今回ご紹介する防寒服は、まさにその「光電子」を使用したモデルなんですが、凄いのはここからです。 このモデル、ポリ中綿よりも綿よりも暖かいはずなのに、使用している量が一般の防寒服以上に詰め込んでいる! んです(驚)。「(驚)って何が?」っていうお客様、噛み砕いてお話をすると、普通こういう特殊な繊維を使用する場合って中に詰め込む量を減らすんです。すると製品化すると「薄くて軽くて暖かい」っていう名文句が生まれるわけです。でもこのモデルに限っては「薄くて・・・」なんて死んでもいえないです、それどころか「軽い」なんてすらいえません。そうですね、この商品をうまく表現するキャッチコピーをつけるとすれば・・・、 アホみたいに熱い、厚くて重い、超極寒地専用防寒服 ですかね。ちょっと言葉が乱暴ですみません。ただ直球で伝えたほうがきっとお客様にも伝わると思い、あえて話言葉でコピーを付けさせていただきました。つまりは、私の住む札幌圏内でも「ここまでのものが必要かな~」と思ってしまうくらいの防寒性です。 私の思うところ、 重量:1300gのヘビー級、そして光電子綿を使用 しているとの観点から、 適応気温:-5℃~-15℃(別売りパンツと合わせて) くらいはいっちゃうんじゃないでしょうか??札幌市でも2月日中で気温が氷点下の事がありますが、それでもここまで必要かどうかはわかりません。まぁ、適応気温はそんな感じで、ではこの防寒服に一番適したお仕事は?というと、 一日中、屋外で立ったままのお仕事が多い警備員様、冷え込みが厳しい夜中屋外で作業されるワーカー様、冷蔵・冷凍庫、または底冷えする倉庫で勤務されるお客様、スキー場など高地で尚且つ屋外のお仕事が多いお客様 にはピッタリの商品です。 早速、手元に届いた商品を見てみると、いやぁ~さすがに高い商品だけあります。パッと見た目登山用の防寒ウェアです。少々の寒さではビクともしないような鎧みたいな防寒服です。表面素材はザラザラしたポリエステル素材なので、画像で見るよりは生地感としては柔らかいです。 【ココが凄いぞ!最強”暖神”光電子ブルゾン】 ■フード・・・この商品、フードにまでしっかりと光電子の中綿が使用されており、裏生地にはムレ防止でスポーツメッシュまで取り付けています。ヘルメットの上からも被れる大型のフードですから、冬場厚手のニットキャップの上からスッポリと被るとこれ以上の暖かさはないのではないでしょうか。 ■ラグラン・・・スポーティなモデルに多い、腕の取り回しがしやすい「ラグラン」タイプを採用、防寒服なのに思ったとおりのアクティブな動きが可能になっています。また前身ジッパー部・背面には長方形の模様のようなプリントが・・・実はこれ「反射テープ」なんです。ですから、夜間の作業でもライトでこのプリントが浮かび上がりますから、安全面もきちんと考慮されています。 ■貴重品はココ!止水ファスナー・・・これもアウトドアウェアに採用されやすい付属(部品)ですが、胸のポケット部には止水ファスナーを装備、水気を嫌うケータイや音楽プレーヤーはこのポケットに収納しておけば安心ですね。(完全に事故を防げるという事ではありません) ■タバコ・ライターはココですかね・・・当商品裏生地にも両サイドに1箇所ずつ、計2箇所設けております。タバコなどの嗜好品ですが、ハンドウォームポケットに入れてしまうと落としてしまったり手が入らなかったりしますから、このポケットを使用していただけましたら良いかと思います。 ■素肌が触れる箇所には・・・どんなに寒い日でも「首」「顔」はいつも無防備状態のお客様も多いはず。そんな無防備に成りがちな首には、裏生地に暖かいフリース素材を採用しています。 どうです?こんなに暖かい防寒服がこの日本で必要としているお客様が一体どのくらいいるのは分かりませんが、やっぱり当店としては専門店ですから、「とにかく暖かいものをくれ~!」というお客様のニーズにもしっかりとお応えしなくてはならないと思い、掲載に踏み切りました。 早速、事務所の中で着てみましたが、 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 熱い!インナーシャツのみでLサイズでピッタリ でした!!でもちょっと袖が短かったんですよね・・・。私のように腕が他人よりもちょっと腕が長いと自覚のあるお客様は+1サイズ上げたほうが良いかもしれませんね。一応、光電子って汗やムレを逃がす機能もあるんですが、 室温20℃以上もある事務所内ではやっぱり汗かきます(笑) 。 光電子って、体温からのふく射熱がベースですから、冷え切った体で着るのではなく、暖かい場所で体温も一定に保たれている状態から着用していただき、外に出たほうが論理上は暖かさが持続します。また体温以上に衣服内の温度が高くなると、とたんに今度は温度を下げるため外気へと暖かすぎる空気を放出し常に衣服内の温度を一定に保つ、つまりは光電子最大の魅力とは 熱いとも寒いとも感じない自然な暖かさの実現!! なんです。 お揃いで防寒パンツもご用意していますので、是非上下で着用していただきたいと思っています。これぞ最強の防寒服、「暖神」です。 ITOZ アイトス 光電子 ”暖神”防寒透湿ハイエンドウインターブルゾン 6061 定番人気,お得

BURTLE バートル ソフトツイルヘリンボンワークウェア 1501 驚きの破格値,最新作

→お揃いのパンツはコチラ☆ →女性専用モデルはコチラ☆ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 先日、発売したドボジョ用カッコイイ作業服!!発売した途端に反応が出ており、当店としてもビックリ!!今まで畑美人のお客様より「いつ入る?」と常々ご質問をいただいていた商品ですが、まさかこんなに多くのお客様に待ってもらっていたとは・・・。本当に恐縮です・・・。 さて、女性用がヒット!!ってなってくると当然湧き上がる声が(苦笑)。そう、今度は「俺らが着るこの商品のサイズは無いの?」です(笑)。そりゃそうですよね、女性をあれだけカッコ良く見せる作業着なんですから、当然男性が着れば「がっちりハマる」のも簡単に想像が出来ます。 そんな日々、オトコに磨きをかけているワーカーに今回、ご紹介いたします!!既に女性用でヒットしている大人気作業服の紳士バージョンのご紹介です!! 当然あった!!BURTLEヘリンボン・ワークウェア(MENS)!! 実はこの商品、春先からレディース用よりも前に当店の倉庫で在庫しておりました・・・。ホントは、今年の春先に「前人未到のアベックウェア(死語)!!」をして、男女共に同時に発売したかったのですが、レディースの手配は乱れ、発売が延期された時私のテンションもガタ落ちし「まぁ、もう秋でイイや」と思ってしまってから、倉庫に保管されていました。。。ただ、今回女性ワーカーから熱烈なリクエストを頂き、この暑い中、 年間モデル(生地厚)のご紹介 をさせてもらいました。 でもやっぱりイイモノはイイ!!って事ですよね、たとえ全国これから真夏を迎えますが、先日発売された女性用ワークウェアは全く問題なく売れています。 なので、秋まで置いておこうと思っていたメンズも今回、発売する時期としては間違いなくおかしいですが、きっと待っているワーカーもいらっしゃると思っての掲載となりました!! 一応、レディース用をご覧になっていないお客様にお伝えすると、この商品は年間通して着用する事ができる業界では「年間物」と呼ばれる作業服です。なので、生地厚が特徴的で関東以西であれば昼間ブルゾンだけで仕事をしていても大丈夫なほど生地がしっかりしています。ですから、Tシャツでもうだるような暑さの真夏では、当然着ているだけで暑苦しさ満開です(苦笑)が、だからこそ1年通して着用出来るんです。夏は何着ても暑いもんは暑いですからね。正直インナーで調節する(クール素材・吸汗素材)か、話題の空調服で無理矢理涼しく仕事をするかのどちらかです。 その生地厚の生地は、 BERTLE社自慢の高級「国産」調達生地 を採用しています。イマドキ、国産の生地を使っている作業服メーカーさんってどれくらいあるんでしょうか??BURTLE社は今も本社に工場を持ち、工員さんも抱えて縫製を行っている数少ない作業服メーカーさん。カッコイイ作業服を次々とリリースするメーカーさんなので何もかも「新し物好き」だと思われるお客様も多いかもしれませんが国産の生地に拘るところ等、少なくても古き善き時代を大事にし「温故知新」を地で行くメーカーさんだと思っています。なのでBURTLE社の製品は 好まれる年齢層が広く、リピート(反復購買)品番が多い。 のが特徴。 要するに、「性別・年齢に関らず、ワーカーすべてに愛されている」メーカーさんなんです。なのでいつも新商品が出たら大人気→→→すぐ欠品→→→販売店としては売る時期を逃す。となるわけですね(汗)。でも売れているからこそ欠品するのであって、人気の無い商品は欠品などしないわけです。 販売店としては、いつも悩まされるBURTLE社の欠品問題ですが、「人気がある故」「売れているから故」の出来事なのでどうしようも出来ないですね・・・。 今回ご紹介するヘリンボンは、 綿70%+ポリ30% という、俗に言う「綿混素材」なんですが、70%も綿が占めると、もう触り心地は「綿そのもの」です。ヘリンボンは特殊な繊維の織りから成される生地の柄なので、普通の綿素材・綿混素材の作業服と比べると、 バリッとした硬い触り心地が特徴 でその触り心地からも、どれだけハードな現場でも即座に対応するヘビーデューティなワークウェアに仕上がっています。 ヘリンボンの風合いは、どこかデニムと似ており、「着れば着るほど着用者にフィット・マッチしていく」素材で、汚すたび・洗濯するたびに着用者の体型に合わせた縮みをみせます。なのでカッコイイのは届いたその瞬間ではなく、 着ていくうちに馴染んでいき、ワーカーをいぶし銀のカッコよさに見せる 事が出来るのがヘリンボン、またはデニム素材ワークウェアの最大の魅力です。 着心地は?というと、前述通り夏に着るには暑いです、ゴワゴワしてますし(笑)。でも逆をいうなら、夏以外の季節であれば1着持っていて損は絶対にしないアイテムです。 「なら、夏が終わって秋に買えばイイや」と思いますよね?それがBURTLE製品の難しいところ・・・。いざ必要になって買おうと思うと「無い」んです(苦笑)。なので、BURTLE社の作業服は基本「ある時に買っておく」というのがファンの中では常識になりつつあります。本当に無くなるのが早いので・・・(苦笑) 全体的なデザインは、ヘリンボンそのものが持つ「風合い・リッチ感」を最大限に引き立たせるためにあえてのシンプルデザイン。ヘリンボン意外で目立つ箇所といえば、フロントファスナーの「黄色」でしょうか?お決まりの「Bマーク」でさえ控えめな位置に付けられています。 とはいえ、作業に必要な胸ポケット×2、ペン差し、ハンドウォームポケットはきちんと装備されていますからお仕事面でシンプルデザインが邪魔をする事は考えられません。またフロントファスナーはトップまで締めるとハイネック形状に変化するため風の強いときなど、襟をビッと立てて作業する事が可能です。 静電繊維なので、乾燥時期のあの「パチパチ問題(静電気)」も緩和してくれます。 さて、実際にこの作業服を私が着てみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:71kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、インナーのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 Tシャツ1枚インナー着用でLサイズでピッタリ☆、パンツはLサイズでピッタリ!! でした!!でも上着の方は本当にジャストサイズだったので、冬場インナーを着込む事を想定するとLLサイズの方が良かったかもしれません。 残念ながら、ポリエステルが混ぜてあるので火気を扱うお仕事のお客様には不向きといわざるを得ませんが、逆にそれ以外のお仕事であればバンバン着こなせると思います。 それどころか、ノータック・チノスタイルであるパンツなら、普段着でも着まわせるオールマイティな存在。男性・女性ワーカーを抱えている社長さんは社員の制服として用意すれば、従業員さんからの支持率・高感度急上昇間違いなしです。男性も女性もカッコよく見せる作業服って実は探してもそんなに見つかりません。 男性ワーカーの皆さん大変お待たせいたしました!!これぞ「働くオトコの戦闘服、鎧」です!! BURTLE バートル ソフトツイルヘリンボンワークウェア 1501 驚きの破格値,最新作

76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ワーカーズジャケット No.76 WJ141 新品,人気セール

→お揃いのパンツはコチラ! →Sから3Lサイズはコチラ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 「あのさ~、ナナロクのカーゴパンツって何で上着はないの??」と言われ続けて、早いもので2年も経過してしまいました。もともとの構想から「上着は必要ない」とのスタートだったので、お客様からどんなにご要望を頂いてもお応えできずにおりました・・・。 当時から当店では、「作業服ってさ~、ホントに上下で色がそろっていなきゃ、ダメなのかな~??」と誰にも相談できないモヤモヤを抱きながら毎日を過ごしていましたが、そんな時にナナロクから、「作業用パンツのみを開発しようと思っています。上着はお客様の自由です。」とのご連絡があり、当店の他にも同じ事を思っているブランドがあったという事で当時、ものすごく嬉しかった事を今でも覚えています。 狙い通り、発売後のナナロク・カーゴパンツは記録的大ヒット!!当店もナナロクも今までの作業用パンツに対するモヤモヤをすっかりと晴らし気分が良い毎日が続きました。ところが販売数が伸びれば伸びるほど「上着は無いの?」というご要望の数もどんどん増加していったんです・・・。  そうなんです。確かに「作業着に上着はいらない」というお客様はたくさんいたんですが、作業員全てのお客様にご満足いただくスペックではないとの結論に至りました。。。状況を問題視した当店とナナロクは徹底的にご購入いただいたお客様のご職業、着用用途をリサーチしどんなお客様に好まれて、どんなお客様にお買い求めいただけていないのかを調べ上げました。 ■ご好評いただいたお客様のご職業■ (1)車屋さん(メカニック・整備業含む)(2)内装屋さん(3)庭師さん(4)各種サービス業(イベント・ユニフォーム)(5)農家さん(6) ■お仕事以外でのご使用(着用)用途■ (1)普段着(2)オートバイ運転着(3)アウトドア・釣り・その他屋外での趣味着 ■好評を得られなかったご職業ランキング■ (1)建設業(2)鳶さん(3)大工さん 以上の結果になり、当店は愕然としてしまいました・・・。だって、大工さんや鳶さん、建設業のお客さんっていわば、当店の屋台骨を支えるお客様だったんですからそのお客様に前回のカーゴパンツ&上着無しという製品は、あまり受け入れられなかったという結果を目の当たりにして私はもう、ショックを通り越して頭が真っ白になってしまいました・・・(泣) この結果をないがしろにしてはいけないと、ナナロクと当店はホンキで悩みました。今まで当店を支えてくれたお客様になんとしても「ナナロク・ワーキング」の良さを実感してほしいと思っていたんです。そして、出た結論が「よし!お揃いの上着付きの作業パンツを作ろう♪」という事でした。ただし、既存のカーゴパンツに上着をつけてしまってはカーゴパンツそのもののコンセプトが崩れ去ってしまいます。そこで、 今度は、建設業・鳶さん・大工さんにも喜んで着てもらえる、バビッ!としたワーキングウェアを作ろう!! 、まるでイチから構想を練り直していよいよこの日を迎えました!! そう!!今回のナナロク・ワークウェアは上着が存在する、本格現場作業服の登場!! です!! 開発コンセプトが前出のカーゴパンツとは決定的に異なるので、もはや比べることがナンセンスですが、大きな違いは「生地が厚くて丈夫」っていうのと「ファッション重視のシルエットから、実用性重視の現場向き志向」が強いスペックが魅力です!! 【とにかく、額に汗するワーカーさんに着てほしい!本格的な作業服の登場です!】 ■こだわり抜いたシルエット!・・・シックな雰囲気を与える杢調の生地はオトナが着ると上品、若い方が着るとシッカリ者に見えてしまう魔法の生地です。せっかくブランドが付くんですから、ガチャガチャしておもちゃっぽく見えるよりは、過度な主張は避けシックにまとめあげることを第一に考えました。その結果、どんな年齢層にも着用していただける非常に完成度の高い製品に仕上がりました。 ■ロゴに頼らないブランドイメージ・・・ナナロクといえば、オレンジボールに76の文字がトレードマークですが、今回のワークウェアではそのナナロクの代名詞であるオレンジボールは付けず、ナナロク製品だと確認出来るのは裏地・首元に大きく「UNION76」の文字がプリントされています。つまり、着ていると全くナナロクとは認知されないデザインにこだわりました。これぞ「見えないオシャレ」であり、カーゴパンツで受け入れられなかった職業をされているお客様へのナナロクからの心遣いだと思います。 ■アメリカン・ワークスタイル・・・大きさ・着心地・スペックに関しては、古き良き時代のアメリカのワークウェアをイメージ。 ポリ×綿の扱いやすいツイル素材の生地をぶ厚くして耐久性を大幅にアップ 、お届けになった時のさわり心地は最初は決して着心地が良さそうには思えない「ゴワゴワ・バリバリ×100」の質感に驚かれると思いますが、洗濯を繰り返す度にクタッとしてきてとても良い風合いに変化します。その時にはゴワゴワ感もバリバリ感もなくなっていると思いますので、ご安心ください。 全体的なシルエットは上着は着丈は長く昔ながらの無骨で寸胴シルエット、パンツはイマドキのやや股上浅めのノータック・チノスタイル ですから、上下で合わせた感じはスタイリッシュなタイトデザインというよりは、現場作業向きのモリモリ筋肉マンスタイルでアメカジ風(全体的にルーズ・シルエット)だと思います。 ■こだわりのディティール・・・ロゴで製品をアピールするのではなく、あくまで「モノの良さ」でブランドを主張したいと思ったナナロクは細部のディティールにも手を抜かず、ゴールドの金属製のジッパーやリベットの代わりに「×」印の補強刺繍を行うなど、当時金属不足でやむなく行ったアメリカのワークウェア事情もしっかり再現。驚きなのは、袖のボタンには「76」が刻印されたオリジナルボタンをわざわざこの作業服のために製造しています。 どうです??今までカーゴパンツだけお買い求めいただいていたお客様からすると「なんともいえない」商品になるのかもしれませんが、少なくても今までのカーゴパンツだけではご満足いただけていなかったお客様、または着たくても上着が無いことで会社からNGを出されてしまったお客様には良い知らせではないでしょうか??しかもただとってつけた「オリジナル・ウェア」ではなく、仕事の事を真剣に考えた「これがナナロク・ワークウェアだ!」と各部においてさりげなくナナロクを主張する全くあたらしいワークウェアの「あるべき姿」を表現しています!! 最後に私が早速手元に届いたワークウェアを着てみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、普段着る作業服のサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 作業着として着るならLサイズ!! という結論に達しました。 っていうのも、このブルゾン全体的に大作り感なのは否めません。これはアメリカン・ワークを踏襲したデザインであり、ある意味「クラシックなスタイリング」といえそうです。ですから、私のように線の細い人間はちょっと各部でゆとりが出てしまいます。この商品が似合う人はきっと、中肉・中背の一般体型のお客様から、ガッチリしたマッチョ体型、そしてちょっとふっくら体型のお客様には、ピッタリ・ジャストサイズでお召しになることが可能ではないかと思います☆ 前作、「ナナロク・ワーカーズ・カーゴパンツ」でご満足に至らなかったお客様、これぞ「ザ:ワークウェア」の登場です!それがナナロク・ブランドから出るんですから、これを着て現場に出たらしばらくは周囲からの絶賛・質問攻めにも耐えなくてはなりませんね☆ ※ サイズスペック サイズ胸囲肩幅着丈袖丈袖囲 S106436260103 M110456461107 L114476562111 LL118496763115 3L124516863121 76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ワーカーズジャケット No.76 WJ141 新品,人気セール

VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーシャツ 5103 お得,高品質

発売予定日 2011/04/09 掲載日 掲載中 ■サイズスペック■ サイズバスト肩幅袖丈着丈 M110475974 L114496076 LL118516278 3L122536380 「当店でしか買えないワークギアを!」という事で、オリジナル商品化を進める当店(プロノ)ですが、時たま「やっぱりメーカーさんには適わないなぁ」と思ってしまう商品と出会うときがあります。一昔前の作業服では当店オリジナルのワークウェアの方が断然イイ!と思えて仕方無かったのですが、昨今の作業服メーカーさんの意気込みには、正直頭が下がります。そんな「すごいなぁ」と思わせてくれるメーカーさんの一つが、この春 「クロカメ被服」から「BURTLE(バートル)」に社名を変更した メーカーさん。以前から、他の作業服メーカーさんとは明らかに一線を画す路線を突っ走ってきた感のあるメーカーさんですが、ようやく時代が追いついてきた感じで今、ノリにノッているメーカーさんです。  「BURTLE」が長きにわたって追い求めてきたのが「ワークカジュアル」。そうです、当店現在、「最近の作業服はこんなにカッコイイんだよ!」という「ワークギアをカジュアルに着る」という「ワークカジュアル」を 当店よりもず~っと前から追求してきたメーカーさんです。 その間、失敗もあれば、成功もあり、そんな経験「ノウハウ」が今のBURTLEの人気をしっかり根元から支えています。  今回、ご紹介するアイテムは、「BURTLE」に社名を変更する前からの商品ですが、しっかり「ワークカジュアル」しています。画像を見ただけでもお分かりになると思いますが、ブルゾン一つ見ても「あ、他とは違うな」と一目瞭然。 作業服であるという前提をしっかり考慮しながら、余分なダブツキや、今まで作業服とはこういう形・・・という固定観念を根底からひっくり返しています。 プロノでは、年々、当店をご利用されるお客様が増え、実にさまざまなご要望が毎日当店へ届きます。その中でダントツのトップが「何で作業服屋なのに、作業服少ないの?」、「もっとプロノの視点から見た作業服が見てみたい」等、作業服屋元来の中心アイテム「作業服」への要望が高くなっています。確かに当店では今まで、あえて「作業服」には手を出してきませんでした(作業服屋なのに(笑))。理由は簡単、つい2~3年前までは、どこのメーカーさんの作業服も似た感じだったんです。だからネット上で販売しようにも、商品を撮影して一覧で並べると・・・、「どれも同じ」に見えてしまうため作業服の取り扱いはオリジナル以外は掲載していませんでした。  しかし!ようやく今年から当店は、バンバン作業服をリリースします!!一覧でご覧になったときに、「あれもこれも、全部が魅力的」と思っていただける作業服を取り扱う事になりました。その先駆けが今回紹介する「BURTLE」というわけなんです。  では、早速商品のご紹介を。今回ご紹介するのは ブルゾン・シャツ・カーゴパンツの3種類。 今まで当店では、「カーゴパンツのみ」を扱うことが多かったのですが、当店でパンツを販売しすぎてしまい、メーカーさんに「ブルゾンだけ余る」という由々しき事態が多発。メーカーさんからのたっての希望もあり、今年からは上着も扱う事にありました。「おや?どっかで見たことあるな??」というお客様は、当店と長いお付き合いをされているお客様。そうです、この商品、冬時期に「防寒着」としてリリースした ヌバックタッサー防寒ブルゾン と同じシリーズになる 夏服バージョン なんです!!ヌバックタッサーユーザーには、突然の朗報ですよね!!  ヌバックタッサーも例外なく、スタイリッシュなシルエットが大好評でしたが、夏服になってもそのシルエットの美しさは健在。夏服といっても過度なペラッペラッな生地ではなくて、綿100%の素材を使用しているので、市販されている「ペラッペラッ」な作業服ではなくて、何回洗濯をしても「パリッ」とした着心地がとても気持ちイイ作業服になっています。また生地は 国産のリップクロス素材 を使用しているので、信頼性抜群!!っていうか、「リップクロスって何?」とお思いのお客様もいらっしゃいますよね??リップクロスとは、もう当店では有名な素材。ただ「ジャンルが異なり」ます。そうです、一般的にリップが使用されるワークウェアは「ヤッケ」や「カッパ」が多いです。 リップとは生地の中を別糸が格子状に走り、あらゆるテンションによる引き裂けと、破れを防止する 事が目的として使用されている加工です。ですから、画像をよ~く見てみると・・・、表面に格子状の模様が見えますよね?これが「リップクロス」です☆そしてこの素材は「日本で作られている」という事ですね。ただし!だから「日本製」とはなりません。当商品の場合、「国産生地を外国へ持ち込み縫製」するので、輸入法上は「外国産」となってしまいます。がコストのかかる日本生地をこだわり使用しているBURTLEってやはりタダモノではない!って気がしませんか??さて、ここからは、「ブルゾン」「シャツ」「カーゴパンツ」について、個別のご案内。 説明が長いですね・・・。どうか諦めないで読んでくださいね(苦笑) 【5101 ブルゾン編】 手にした見た感じ、「とってもしっかりしているなぁ」と思ったのが第一印象。この質感は「日本生地を使用」しているからなのか「リップがもたらす生地のコシ」なのかはちょっと分からないですが、とにかくしっかりしています。それで明らかに年間作業服とは異なる生地厚を実現しているのだから、驚きです。ただし、夏場25~30度近くになってしまうと、さすがに綿素材は暑く感じてしまいそう・・・。つまり、極暑日に至るまでの「4月」「5月」「6月」、また秋口の「9月」あたりまで、ガッチリカバー出来る作業服のような気がします。  シルエットに関しては、もはやBURTLE製品は何の心配もなし。かなりカッコイイです。私(作者)のように線の細い人間にはありがたい「裾がバタバタしない」形状のブルゾンは、胸囲や、裾幅などの細かいスペック変更で、本当に余分なダブツキはありません。もちろん今まで必要の無かったダブツキですからガッチリ体型のお客様はNGという事では絶対ありません。またBURTLEの特徴としては「ブルゾンの丈が短く」感じる方もいらっしゃるかもしれません。この部分はどちらは悪いとかではなくお客様の好みにより賛否が分かれるところ。私個人の考えですが、私的にこの長さは「アリ」だと思います。というのも、羽織った感じ「ジージャン(古い?)」のような雰囲気です。これ以上長くなってしまうと、上下で合わせた時のバランスが崩れてしまうような気がします。また着用の際、ちょっとダラしなく思えるかもしれませんが、「フロントジッパーを上まで上げる」着方ではなく、夏場は全開!!みたいなワイルドな意気込みで着用すると、よりBURTLEの世界観が伝わると思います。  よく作業服で見かける「脇ゴム」もナシ。襟元はライダースジャケット(シングル)のようなボタンでスタンドカラーに早代わりする襟形状。袖口もゴムは使わず、全体的に「ストンしたストレート形状」が魅力です。 ちなみに作者ではある私が実際に着てみました! 身長:178cm、体重:62kg、普段着用するブルゾンのサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでジャストサイズ! でした。いやぁ~、細身の私でも作業服がかっこよく着れるなんて夢のようですね(泣)。サイズ選びのコツは、この商品、パンツは割とゆとりがありますので、作業上許される範囲内で、「ブルゾン→ジャストサイズ、シャツ→ジャストサイズ、パンツ→通常サイズ」で合わせると、ボトムのボリュームがトップスのスッキリ感で中和され、すんごいオシャレに見えます。ブルゾンもシャツも大き目を買うと、全体的にダブダブな印象になりますのでご注意ください!! 【5103 長袖シャツ編】 当店がシャツを扱うなんて、あまり考えられない事ですよね(苦笑)それだけBURTLE製品に対し、当店が信頼を寄せている証拠。ブルゾンよりも2割くらい薄い生地を使用しているので、見た目ブルゾンと同じ印象に思われちゃいますが手にした感じはかなり違います。ブルゾンと比べるとかなりソフトな印象です。私(作者)の場合は大丈夫でしたが、ひょっとすると「ブルゾン」と「シャツ」のサイズが異なるお客様もいらっしゃるかもしれません。それだけ着た感じの印象は違います。詳細は別記のサイズスペックをご参照下さい。シルエットとしてはタイトではありませんがスッキリした形なので、「シャツの中に着込む」事は基本的にお勧めできません。肩口の周囲寸法「アームホール」がスリムなため、厚地の下着や重ね着をすると、脇の部分で生地の大渋滞が起こります。裾形状もゆるやかなアールを描いているので、居ないとは思いますが、シャツを出して着用する事も可能です。 実際に私(作者)が着てみました! ブルゾンサイズと同じLサイズがジャスト! でした。う~ん、でもホントはMサイズでいきたかったんですが、袖丈が足りませんでした・・・。 【5106 パワーカーゴパンツ編】 近未来「ワークカーゴパンツ」みたいです(笑)。明らかに今までの作業カーゴパンツとは違います。ノータックスタイルでシンプルに仕上げている他、デザインを崩さないよう配慮されている出っ張りが無いサイドのポケット等、恐らく「今までのタックの作業パンツに抵抗があったお客様」は、それだけで魅力的なスペックではないでしょうか?しかし、一方で”しっかり作業パンツしているな”と思わせる点も。見た目はなかなか分かりませんが、実はこのパンツ「太い」です。つまりワンタックを潰しても決して細くはせず、作業に必要なワタリ(ふともも部の巾)はしっかりと確保されているんです。ですから「ノータックがキツイよな~」っていうガッチリ体型のお客様もご安心ください。びっくりするくらい問題無く履けますよ。まさに見た目のマジックですね。またタックを潰す事により、折り目がパンツの両足のセンターを通らず(スーツのパンツは両足のセンターに折り目が走りますよね)、ジーンズやチノパンと同じサイドに折り目がくる構造になるので、これだけでかなり見た目の印象も変わります。  また画像では全部が”イマドキ”のように見えますが、こんな部分でもBURTLEが大事にしている箇所があります。それは 「股上」 です。イマドキのジーンズのようにまた上が浅く見えますが、それは大間違い。実は、「かなり股上が深く設定」されているのでお尻の収まりがすんごく良いです。他社さんメーカーでやっちゃいがちなのが、全部を”イマドキ”にしてしまい、股上も浅く設定してしまうんです・・・。これではもういくらカッコよくてももはや作業服ではなく単なる「カジュアルパンツ」です(泣)。この部分はBURTLEがワークカジュアルを提唱し、ノウハウとして蓄積した結晶。「股上」を変にイジッてしまうと、仕事が出来なくなってしまうんです。BURTLEは、前衛的なワークデザインを実現しながら、しっかりと「古き善き知識」はしっかりと踏襲しているメーカーさんなんです。  最後に私(作者)が実際に履いてみました。 私の好みでは82cmがベストサイズ! でした。前述通り、トップスはジャストサイズで攻めて、ボトムは少しゆとりを持たせると、カッコイイスタイリングになるのではないかと思います。 VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーシャツ 5103 お得,高品質

HOSHI IDIES オリジナル防寒フード付”マックスボリューム”ブルゾン 905 2017,お得

→4Lから5Lサイズはコチラをクリック→【お揃いのパンツもいかが☆】 →NEWマックスボリュームパンツ 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■首元の防寒にはコチラがおススメ!ハイネックタイプ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 昨年楽天市場で爆発的ヒットを記録した「901」マックスボリュームブルゾンですが、今年もたくさんのお客様に喜んでもらうぞ~♪って思ってたら、早速当店に今年の在庫分が入荷になりました!!待ってました~っと、昨年販売したページの在庫を解除して、トップページにもってきて・・・と思ってたら、驚愕の事実が判明してしまいました!! えぇ~!!この商品、マイナーチェンジを経て!!まるっきり新しい商品に生まれ変わって しました・・・。っていうことは・・・、そうですこれからページの作り直し(泣)。もう泣きたいなら、お客様にお伝えするのが2~3日遅れるやらですっかり自分のテンションも下がりきってしまいました。 「はいはい、ど~せ見た目をちょちょっとイジって、品番も変えちゃったんでしょ」とかすっかり卑屈になってしまった自分に、この商品はある意味「強烈なインパクト」と「やさしさ」、両方を教えてくれました。 正直、防寒服のマイナーチェンジって前作のいただけない部分を見た目は変わんないけど今作は改善しました!凄いでしょ! 的なものが多いんですが、これは全くの別物である事が画像からもご覧いただけます。 【改善する必要の無いモノを改善!!このストイックさが凄い!905シリーズ!!】 ※この商品、そもそも昨年販売時点で致命的な初期不良や不具合は無かった商品。そう、通常マイナーチェンジを行うモデルには初期の段階で改善すべきポイントが明確にあり、そのポイントを次作で改善をするのが主流ですが、この商品(前作901/903)にはそのような改善すべきポイントなんて無かったんです。つまりほとんどの主流である「不具合(-)を改善で(+-ゼロ)」という一般的なマイナーチェンジモデルと、今作のように「特に不具合は無い=+-ゼロ」の状態から改善を加えたんで、結果的に昨年のモデルと比べると「+プラス」になって生まれ変わったという全く新しい改善の加え方を誕生した防寒服なんです! ■生地感触を徹底改善。■ この防寒服は見た目の通り、表面はツルツルしたポリエステル素材。昨年モデルまでは割と柔らかいポリエステル100%素材を使用していたんですが、今年のモデルを触った途端、違いがすぐに分かりました。表面素材の質感が向上しており表生地に「ハリとコシ」が加えられ、これから迎える寒い季節非常に頼りになりそうな頑丈な表素材に生まれ変わっていました。このバリッとした質感は、お届けの際「ちょっとバリバリ過ぎでは?!」と思えるくらい。メーカーさんに確認しましたが、着用する回数が増えてくると次第に馴染んでくるようです。 ■襟元ジャージで高級感アップ!■ かくゆう私(作者)は、何を隠そう「防寒着の襟はジャージが一番良い!」と思っている奇特な人間(笑)。一昔前まではたくさんあった襟ジャージの防寒服は、時代の流れと共に無くなっていってしまいました・・・。ところが、 前作、普通のダブル・カラー(2重襟)がったのに対し、今作は堂々の襟ジャージを採用!しかもアウター・カラーもあり2重襟仕様は変わらぬまま襟元の高級感が飛躍的に向上した のです。ただ見た目が良いだけではありません。ジャージにすると余計な隙間が生まれないので暖かさが逃げない&寒さが進入しない。という事と、首に接地しても不快な汗やムレは吸収してくれていつもサラサラなところはまさに改善を通しこして、一つの改革ですね!!  全体的なディティールとしては、一般的でオーソドックスなスタイルといえそうです。がしかし!!「普通」の防寒服を当店が扱うわけがございません。見た目には伝わりずらい部分ではありますが他社製品と決定的に違うのは、防寒である故に防寒性が違うといったところでしょうか?見た目は普通でも、使用される「素材の量」が違うんです。つまり防寒服になくてはならないもの、「中綿」の量ですね。前作というか、このモデルのモデルになった48420は160gの中綿を使用しており、これは一般的に販売される防寒服の「133%比」なんですね。ふとんでもそうですが、綿を詰め込むと当然暖かくなります。この商品は暖かさの基本的となる中綿量を更に増量(160g→180g)し150%の増量を実現、また表生地を改善し、48420前作と比べると総重量が「100gほど」軽く仕上がっております。今までの防寒服は「重ければそれほど暖かい」というのが定説でしたが、今作からは重さはほどほどに、暖かさはトップクラスという品質をしっかり確保してきました!!もちろん、お値段も1着3,490円で販売した価格を維持してのご案内がメーカーさんの協力により可能になりました!! これだけの中綿量であれば、冬季は雪に閉ざされる北海道でも、全然問題無いレベル、むしろ札幌圏では暑いと感じるかもしれません。 恐らく適応気温は0℃~-10℃のガンガン真冬対応防寒服といえそうです。  それだけ気合の入った防寒服ですから、当店のみならず系列店の「プロノ全店」でも同じ価格でお取り扱いをし、間違いなく今シーズンの主役になるアイテムだと確信しています!!数量も今のところ過去最高の数量を全店分として確保していますが、お客様のお好みが”一極集中”、または”プロノ全店で大ヒット”などとなると今から早期の売り切れは必至状態といえます・・・。  今作が始めてのお客様なら、前作の先入観がないので素直に「イイ感じだね」と思っていただけると思います。  サイズの問題は、やや小さく感じるとはいえ防寒服だからといって普段のサイズよりも1サイズ上げる事はしなくても良いと感じる程度です。むしろ、前作よりも無駄なダボツキをカットした・・・そんな感じです。  私個人的には全体的に「パリッ」とした雰囲気は大好きです。襟元もふにゃふにゃせず、”シャキッ”としています。付属のフードは後方でジッパー留めなので強風により飛んでいくということがありませんので風の強い現場や地域にはバッチリです。着丈も最近は「短い」丈が流行っているみたいですが、このモデルは前述どおりその辺りは「無難線」で仕上げられていますので「短い!!」と感じる事はありません。  今作から昨年モデルには無かったNEWカラーの「ネイビー」が追加。イイですよ~、とてもイイ色です。一般的な作業用のネイビーっていうと「濃紺」が多く、パッと見た目「ネイビー」なのか「黒」なのか分からないことが多いですが、これはどの角度から見ても「ネイビー」、いわゆる紺色です!!最近、ここまで潔い紺色は見た事がないので何故かスッキリしますね☆今作から初めてご利用のお客様にお伝えしなくてはならないのが「ミルブラウン」ですよね?イメージしやすい表現で表すと「こげ茶っぽい」カラーです。胸元に大きなポケット、袖にペン差し、大型のジッパーや、手袋を穿いたままでもアクセスが容易なハンドウォームポケット等、現場作業に必要な要素を全て詰め込んでいますので、どんな職種のお客様にもバッチリ☆な防寒服といえるでしょう。  作者である私が着用してみたところ(身長:178cm、体重:68kg、ウエスト82cm、普段着るアウター(作業着)のサイズ:LL)で LLサイズが妥当なサイズ でした。これはジャストサイズや大きめという観点ではなく、一般的な作業用として考えた時に、これくらいのゆとりは必要とのあくまで”作業用”としての適応サイズです。このブルゾンを普段着として着用される方はそんなにいないと思うのであえて作業サイズとして記載させていただきました。  間違いなく、今年当店で一番人気にまで上り詰めるであろう防寒着を暑さが収まりつつある今、早めにGETしておくのも良いかもしれません 。また寒さ厳しい地域にお住まいのお客様はブルゾンだけではなく お揃いのパンツも合わせてご購入いただくことをご検討 していただけましたら幸いです。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L5L 着丈66687072747676 肩幅51535557596163 胸囲120125130135140146152 袖丈56586062646666 HOSHI IDIES オリジナル防寒フード付”マックスボリューム”ブルゾン 905 2017,お得

'14 Prono プロノ オリジナルレインウェア”クールレインジャケット” Prono 2J 2016 WEX 年間 カッパ * レインウェア 上下別売り レインスーツ ゴアテックスに匹敵する透湿防水機能 レインコート 梅雨 夏フェス* 限定SALE,新

■5Lサイズはコチラ■ ■6Lサイズはコチラ■ ■お揃いのパンツはコチラ■ ■送料払うくらいなら収納袋を買おう■→モヤモヤ解決!!品番:Prono-2J 素材:表)ポリエステル100%    裏)メッシュ部ポリエステル100% 特徴:東レコーテックス社”ブリザテック” 耐水圧:10,000mm 透湿性:約10,000g 【WEB製作者が語るイチオシポイント】  登場以来、ロングヒットのレインウェアのご紹介です!!「レインウェア(カッパ)」ってドコでかったらイイんだろう?」となんとなく当店にいきついたお客様、レインウェアは間違いなく当店に関わらず「作業用品店」が一番の品数とクオリティです!!  何故、作業用品店が一番なのか?それは、「雨の日のお仕事をしっかりサポートする」という目的の元、作られたレインウェアなので、レインウェアをお買い求めで一番の心配事、「雨に濡れないかな?」という問題はその時点でクリアしています。  そのほか、仕事で使用するレインウェアとして求められる機能といえば・・・、そうです「(1)動きやすさ」であり、「(2)着用して疲れない」、「(3)汗やムレを感じない」構造です。一流アウトドアブランドでもレインウェアが発売されており、機能も超一流ですが、価格も「超一流」なのが難点。その点でいうと「(4)気軽に買える価格」も重要な要素です。  今回、ご紹介の当店(プロノ)オリジナルのレインウェアは上記の(1)~(4)までの防水以外の機能性を高水準でクリアしており、実店舗やWEBでも大人気なレインウェアの一つです。最近ではお仕事用のみならず 「自転車通勤&通学用」 、 「登山などのアウトドアレジャー」 、 「ゴルフ場にお勤めの方、もしくは実際ゴルフをされる方などの屋外スポーツ用」 としてもお買い求めいただいているまさに「オールラウンドレインウェア」と呼べるまで成長しました。  素材はポリエステル100%で肝心の使用素材は国内有名紡績メーカー「東レ」のグループ会社である「東レコーテックス社」で作られている「ブリザテック」と呼ばれる 透湿・防水 素材。品質も価格も「一流」であるブランド素材「ゴアテックス」や、知名度を2分する「東レ エントラント」とほぼ同数値の防水性、透湿性を誇りながら、2社の素材と比べると作業用として「リーズナブル」に転用しやすい素材を使用。  「完全防水」と呼べる基準の数値、「耐水圧」も10,000mmを計測しているので、作業用のみならず、他のどんな作業にもタフに対応します。  またこのブリザテックの凄いところはその「透湿性」、つまり「エントラントにもヒケをとらないムレずらい構造」を有している点。「外からの雨を防ぐなら、中のムレも通さないんじゃないの??」とごもっともなご質問を頂戴しそうですが、その秘密は別に難しい「科学」的な説明ではなく、「物理的」に説明することが可能です。  雨をその辺の「石ころ」、内部で発生する汗やムレを「砂」に例えると、ブリザテックは調理道具の「ざる」です。そう、「ざるそば」の「ざる」です。そして「石ころ」と「砂」を分別せずに両手に取り、ざるの上に落とすと、ざるの網目を通って砂は通過し、石ころはざるの内部に留まります。これが「透湿・防水素材」の構造です。生地に小さな、小さな穴が無数に開いており、体から出る蒸気(汗・ムレ)などの小さな水滴は穴を通過して衣服外で放出します。一方、汗よりも大きい水滴である「雨」は生地の小さな穴を通過出来ずブロックされてしまうんですね。ですから、よくお客様からお問い合わせをいただきますが、「台風みたいな雨でも大丈夫?」と言われるんですが、答えは「YES」です。  梅雨時期の「小さなシトシト雨」でも台風などの「大きな雨」でも、雨は雨。生地g摩擦により磨耗してしまっている場合や、経年劣化による縫い目からの浸水、または生地に大きな穴でも開かない限り、雨が浸水することはありません。ただし、「台風」の場合にはむしろ「雨」ではなく「風」の心配はしたほうが良さそうです。作業用のレインウェアは「立ち仕事」を想定して作られているので、「上から下に落ちてくる雨」には絶大な効果を発揮しますが、風に煽られて「横殴りの雨」になると、上着の前開きのファスナーから浸水の可能性は少なからず発生します。  ここまでは「一般的な透湿素材を用いたレインウェアの特徴」でしたが、これだけでは「当店が一番良い!」との判断は難しいはず!もちろん、これだけではありません!クールレインには、他社さんでは真似できないとっておきの機能があるんです。  それは 「ベンチレーション」 。ベンチレーションとは直訳すると「通気」です。しかしそのままの訳では「なんのこっちゃ」ですから、ここでは「通気孔」と呼ばせていただきます。  前述通り素材には透湿防水素材を使用しているので、そのままでもある程度ムレは感じずらいんですが、クールレインは更に!更に通気を良くするため、全身のあちこちに「通気孔」を設けているんです。上着でいうと、両胸と背中、それとウォームポケットと呼ばれる両サイドのポケット、パンツでいうと、ウエストゴム下全面と、ヒザ裏に大きな通気孔を設けています。普通のカッパは全部繋がっているんですが、クールレインは上記各部が切れており、メッシュや生地を合わせる等をして「防水しながらムレを常時放出」します。  この通気孔を設ける方法、位置などは当店の財産として 「実用新案」を取得 し、他社さんで同じような商品を流出するのを防いでいます。  実際、ご購入いただきましたあるお客様より、「涼しいというか、寒いくらい」と今までレインウェアとは無縁の言葉であった「涼しい」を軽く通り越してしまった(苦笑)というお言葉をいただいたほどです。  残念ながら、当店のある北海道には「梅雨」と呼ばれる季節が存在しないため、本当に梅雨に対応できているかどうかの判断は難しいですが、少なくても「今まで使っていたカッパよりはイイ」と思っていただける品質に近づいている自信はあります。  お仕事、レジャー、自転車、オートバイのお客様にも安心して着用していただけるようにフードのひさしは「透明」にしました。パンツは少し長めにつくり、「今までつんつるてん」で渋々着用されていたお客様にもピッタリな裾丈になるようにしました。少し長いと感じるお客様には裾のボタンで2段階に裾上げを可能にする「裾上げボタン」も付けました。  3年前にインターネットにお店を出してから、毎年、梅雨時期に確かな手ごたえを得ています。梅雨時期に全てのカラー、サイズが揃うように生産をかけました。  「今年の梅雨は少しでも涼しく過ごしたい」というお客様、一度クールレインを着用してみませんか? ■サイズスペック■ サイズSSSMLLL3L5L(+500円)6L(+1000円) 身長140-150150-160160-170170-180175-185175-185180-190185-195 胸囲74-8278-8684-9290-9896-104102-110114-122120-128 胴囲60-6866-7472-8078-8684-9290-98102-110108-116 '14 Prono プロノ オリジナルレインウェア”クールレインジャケット” Prono 2J 2016 WEX 年間 カッパ * レインウェア 上下別売り レインスーツ ゴアテックスに匹敵する透湿防水機能 レインコート 梅雨 夏フェス* 限定SALE,新

I'Z FRONTIER ストレッチ 3Dワークジャケット 上下別売り #7250 * 作 着 作 服 ワークウェア * 正規品,送料無料

* 作業着 作業服 ワークウェア * →Sから3Lサイズはコチラ! →お揃いのカーゴパンツはコチラ →女性用ページはコチラ 7250サイズスペック 胸囲 肩幅 着丈 袖丈 袖囲 M 106 44 63 62 98 L 112 46 65 62 103 LL 118 49 67 63 108 3L 124 51 69 64 114 4L 130 53 70 65 122 ■お揃いのシャツ■■お揃いのカーゴパンツ■ 【WEB製作者が語るイチオシポイント】 * 作業着 作業服 ワークウェア * 北海道は寒さがより厳しくなってきていますが、皆さんのお住まいの地域はいかがなものでしょうか? 私たち作業服業界の人間は、まさに「これからすぐ春がやってくる」という感覚です。 この辺りは、周辺のアパレルよりもちょっとだけのんびりしていてもいいのですが、一般的に「お正月を過ぎたら春物」という流れがあり、早いところでは1月の1週目で冬物バーゲンをはじめるショップさんも多いですよね。 作業服業界ではそんな一般アパレルよりも1ヶ月くらい後倒しで春物が入荷になってきます。既に先発組はちらほら入荷になっていますが、今回は先発組でありながら 「超ド級」の新人作業服をご紹介☆ いたします。 見た目以上にすっごい着やすい(驚)!こんなデニム作業服を探していた!! っていう商品です。 メーカーさんは、当店としては「はじめまして」のお付き合い。これから先を占う上でも非常に重要な作業服なんです!!とはいっても一目ぼれしたのは当店(私)ですから、あとはお客様にこの商品の魅力をどのくらいお伝え出来るかがポイントになりそうです。 作業服の新作紹介は当店としても本当に久々ですから、気合を入れてご紹介しますね! 【最先端技術が詰まった全く新しい”デニム”の定義】 素材・・・綿98%、ポリウレタン2%のいわゆる「ストレッチデニム」。質感自体は濃い目のカラーという事もあり見た目はちょっとゴワゴワしていそうと思うかもしれませんが、実際はそうではなく 僅か2%混ぜられたポリウレタン素材は驚異のストレッチ(伸縮性)を生み出しています。 生地の厚さ的には実質9-10オンス程度の薄地のデニムを使用しているので重さも全く気にする必要がありません。 シルエット・・・よほど上記のストレッチ性に自信があるのか、見た目は非常に「タイト(細身)」に見えるので「着る人を選びそう」と思ったのですが、着てみるとその疑念は見事に吹き飛びます。とにかくよく伸びるので全く細身なデザインは気にする事がありません。それどころか社内では「普通の作業服よりも動き易いし、着やすい」と絶賛している人がいるほどでした。 デザイン・・・上下共に非常に凝っています。ジーンズ・デニムといえば「アメリカ」を連想しがりですが、デニム(生地)の誕生はヨーロッパ説が有力で、今もヨーロッパのジーンズマーケットは盛んです。当商品に色濃く反映されている高いデザイン性も多くが「ヨーロッパ」を感じさせるものに仕上げられています。 上下共に共通しているのが、(1)結構いろんな付属が着いており、この部分は好き嫌いがはっきり分かれる部分(2)ポケットがどの部位も小さく・浅め。アメリカ発祥のデニムではシンプルなデザインが多いんですがヨーロッパ発祥のデニムメーカーが作るトップスはこういうデザインになる事が多いような気がします。 パンツ・・・絶妙なカッティングで完全3Dを実現しています。3Dっていうのはよく耳にする言葉だと思いますが、アパレルで「3D」というと「飛び出す」という意味ではなく「立体的な」という表現が適切です。簡単にいうとアパレルは幾つものパーツが縫い合わされて製品となるんですが、出来上がりが「ぺったんこ」なんです。一方3Dは、簡単にいうと裸のマネキンにパーツを当ててその上で縫います。そうする作業台の上では直線で縫えた部分が、人体では直線では縫えず、大きく湾曲したり、特に膝は元来まっすぐではなく、直立していても僅かに曲がっているのが普通なので、それを再現しようとすると、膝部の縫製はとても複雑になります。 そうして出来上がったパンツは、複雑に縫合され畳んだ状態でも側面から見ると「くの字」に曲がった仕上がりになります。少々綺麗に畳みずらいのが難点ですが、着ると人体に合ったフォルムは体にストレスをかけることなく着用できるため、物凄い「着やすい」と感じるわけです。 既に画像をご覧いただいているお客様なら「いいな~」と思っていただけると思いますが、私もこの商品はとてもオススメです。正真正銘デニムの作業服ですが とても着やすく・重さも気にならず・絶妙なフィッティング なので、まさに「デニムの作業服、挑戦したいんだけどな~」と今までなんとなく興味がありながらもその重苦しいイメージから1歩踏み出せずにいたお客様には、心の底からオススメしたい商品ですね!! 軽い・軽いとは言ってますが、さすがに軽さをウリにしているウェアと比べるとそりゃ重いかもしれませんが、 上着で”800”g パンツで”650”g です。どうぞお手持ちの作業服と比べてみてくださいね。そんなに重さは気にしなくても良いというのは実感できると思います。 最後に私が実際に着て見ました!!っていうか 届いてすぐ試着してそのままデスクでこの説明文を打っていますが、全くストレスになりませんね、正直デニムのツナギでは感じた事の無い軽量感  に私が何より驚いております!! 身長:178cm、体重:68kg、ウエスト:82cm、普段履くパンツのサイズ:LEVI'S=31inch、ディーゼル=28inch、作業パンツ:82cm の私が着てみたところ・・・、 上着はLサイズ、パンツもLサイズでOK!! でした。上着は中にシャツ一枚、パンツは下着のみの着用です。 今も着ていますが、着用して真っ先に思うことは 「これ、パンツだけでも十分カッコよく履けるな」 という感想です。確かに上着だけ見ると、ちょっとオシャレなデニムジャケットに見えて、お仕事で着ていくと現場監督や、上司、先輩の目線がちょっと気になるかもしれませんが、パンツだけだと、上着にポロシャツやワークシャツを合わせると、お仕事でも全く問題ありません。 割と作業着に関しては自由度のある会社にお勤めのお客様、内装業、インテリアデザイナー、酪農業、農業、大工さんなど、元々デニムワークが定着していて、タフな生地を求める職種に最適です。 I'Z FRONTIER ストレッチ 3Dワークジャケット 上下別売り #7250 * 作 着 作 服 ワークウェア * 正規品,送料無料

Dickies ディッキーズ コーチングジャケット D 400 * ワークウェア 作 着 作 服 メンズ* 定番,限定SALE

→☆ なぜ、Dickiesは愛され続けるのか。 -カッコイイから、だけでは続かない。誇り高きDickiesの作業服。- 「Dickies(ディッキーズ)」。この名を知らない人を探す方が難しいかもしれません。 アメリカ・テキサス州で小さなツナギ屋から始まったDickiesは、 今や世界中で愛される、有名すぎるワークカジュアルブランド。 働く人々のための「真のワークウェア」として機能性を 追及し続けたDickiesの商品は、多くのワーカーの仕事を支えました。 Dickiesといえば「874」。 石油労働者のために作り出された最も有名なワークパンツ「874」は、 作業着の枠を超え、ファッションとしても幅広く取り入れられるようになりました。 そうやって「世界で最も愛されているワークパンツ」が生まれたのです。 そんなDickiesから、アメカジファッションの代表的なアウター、コーチジャケットが登場です! プライベートのファッションとしてはもちろん お仕事用にもおすすめの商品です。 これは全身Dickiesで揃えたくなってしまいますね。例えば建設業、鳶さん、大工さんの作業服の上から、 車屋・バイク屋さんのスタッフユニフォーム、イベントユニフォームとしてもお勧めです。 ・・・ <D-400 コーチジャケット> ■選べる4色: 「ブラック」「ネイビー」「ブラウン」「エンジ」の4色展開。 どれも深みのあるレトロな雰囲気の落ち着いた色味です。 ・ブラック・・・もはや説明不要かもしれません。王道のブラックはどんな色にも合わせやすいので、 ブラックのアウターをお持ちでない方は、迷ったらコレです! ・ネイビー・・・ブラックよりもカジュアルな印象に見せるネイビー。 ベージュ、キャメル、白、カーキ等のアースカラーとの相性が抜群です。 ・エンジ・・・赤は赤でも、深みのある落ち着いたエンジ。 原色の赤では着るのにかなり勇気がいるという方も多いと思いますが この赤なら派手にならず、品よく着て頂けます。デニムとの相性がピカイチ! ・ブラウン・・・作業服としては珍しいブラウン。周りと被りにくく、 温かみのある落ち着いたカラーが魅力です。 実は先に販売を開始しているDickiesの作業服 D-1080シリーズでは、ブラックとブラウンがほぼ同じ販売数、 パンツに至ってはブラウンの方が人気という驚きの結果に。 通常、人気が出るのはブラックやベージュなどの王道カラーなのですが、さすがDickies。 Dickiesのブラウンは、カッコイイんです。こちらもアースカラーとの相性が抜群です。 ■仕様: 表地は全面ナイロン素材の、テカリすぎないほどよい光沢感のある生地を使用しています。 袖口はゴムギャザーなので風や砂ぼこりの侵入を防ぎます。 右ポケットの内側には更に小さなポケットが付いており 細かな物を入れてもポケットから落ちにくいよう工夫されています。 スマホを入れてみたところ、私のiPhone5sはすっぽり入る大きさでした。(縦約12×横約9cm) ※iPhone6はギリギリ入りませんでしたので、サイズをご確認下さいね! 外から見ただけではわからない、こんな細かい部分まで機能を追及する、 Dickiesのプライドが伝わってきますね。 裏地にはポリエステル100%のトリコット生地を使用しているので、 寒いときに羽織ってもで背中がひんやりすることがありません。 袖の裏地は滑りをよくするためにツルツルした生地を使用しています。 Dickiesである証のロゴは、左ポケットの下に縫い付けられています。 ブランドを主張しないさりげなさと、落ち着いた色味、シンプルさが魅力の 大人のコーチジャケットに仕上がっています。 ・・・ 【サイズ感 : 実際に着てみました!】 早速当店の男性スタッフに着てもらいました。 身長178cm、ウエスト82cm、体重71kgの男性スタッフに着てもらったところ ジャストサイズはMサイズ、ゆったり羽織るならLサイズ!でした。 ラグラン袖で肩幅を選ばないので、肩幅を気にせずお好みのサイズを着て頂けるのですが コーチジャケット自体がゆとりを持って着るために大きめに作られているジャケットなので 普段ゆとりのあるジャケットを着られない方はワンサイズ下げて選ぶのがおすすめです。 パーカーなどと重ね着をされる方や、作業用にするので動きやすさ重視の方、 コーチジャケットの本来のゆとり感をそのまま着たい方は いつものサイズを選ぶのがおすすめです。 是非お試しください! 素材:表 ナイロン100%裏 ポリエステル100% Dickies ディッキーズ コーチングジャケット D 400 * ワークウェア 作 着 作 服 メンズ* 定番,限定SALE

BURTLE ワークジャケット 6071 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 豊富な,100%新品

→4Lサイズはコチラ 発売予定日次回入荷12/上旬掲載予定日掲載中 品番:6071 素材:ポリエステル65%/綿35% ■コダワリのカラーを徹底解剖!お客様のシーンに合わせたカラーリングが魅力です。 ■BURTLEコダワリのポイントをご紹介!この価格でこの機能、ありえません。 ■■■商品説明文■■■ 今まで、メーカー名(ブランド名)をここまで強烈に打ち出してきたメーカーさんってあるかな??ってずっと考えていましたが、少なくても私が在籍している間はなかったな。と思います。  「BURTLE(バートル)」って読みます。昨年までは「WORKBOX(ワークボックス)」、または「クロカメ被服」って呼ばれていました。ここのメーカーさんの特徴は、いつでも「時代の最先端」。今でも一般的に作業服といえば「アースグリーン(知っている人はかなりのツゥです)」や「ネイビー」の作業服を主なラインナップとして組みますが、このめーカーさんはそういった既成概念がまったくありません。時代が欲しているモノ、また世の中で流行しているモノを作業服に落とし込んでモノツクリが進行されるため、毎回、新商品の発表が楽しみなメーカーさんです。  そして今回、ブランド名を「BURTLE」としてロゴも一新、新しいコンセプトの元、当店が提唱し続ける ワークカジュアルウェア として新発売!!とてもメーカーさんのコダワリが感じられる逸品となりました!!  手にしてまず思ったことは「え?コレが2500円なの??」でした。具体的に言うと、まずはその質感。 肌触りの感触がすこぶる良い ですね。綿とポリエステルの混紡素材だけあって、高ポリの作業服には無い ハリとコシがハンパじゃない です。重量感もそれなりにあり、見た目以上にタフな印象を受けました。  ジッパーが襟先まであり、最後まで締めると「スタンドカラー」に早替わり、強雨・悪天候時にはこの襟形状はうれしい機能です。また胸ポケット形状は鋭角になっており、さりげない工夫ですが全体をシャープに見せていますね。また、今までのような ガブガブした大作り ではなく、全体的にしゅっとしたシルエットに仕上げていますので、肩の取り回しが少々不安かな?とも思ったんですが、後ろを見てみると不安は解消。 後ろ身頃の肩の付け根の部分に深いタック が肩のラインに沿うように設けられており、思いのほか「腕を上げる」「肩を回す」ようなアクティブな動きにも柔軟に対応できる仕様になっていました!!  見た目の印象を決定付ける 「着丈」はやや短め。現在流行りの丈だと思います。 裾のサイドには デニムジャケット(ジージャン)でお馴染みのボタン式の2段階アジャスター を装備。作業服の裾では定番の サイドゴムアジャストは上記の仕様につき無くなっています。 細かい仕様を徹底的に見直すことにより、スタイリングを向上させていているモデルだな。としみじみ感心していました。 カラーリングは全部で6色ですが、着る人、着る職種を選んでしまう2色は除き、どんな方でもバッチリ似合う4色をご用意いたしました!中でも 新色「クーガー」 はヒットしそうな予感。また、もはやセオリー色となっていますが キャメル もイイ味だしていました。ちょっと毛色が異なるのが ネイビー です。紺色って実はメーカー毎に細かく違いがあり、現在巷に出回っている通称「紺(ネイビー)」は「濃紺(ダークネイビー)」がほとんど。すなわちネイビー色は「ダークネイビー」が旬な訳です。  しかし、このブルゾンのネイビーはどうみても「紺(ネイビー)」です。見た瞬間「懐かしいな~」と思える色でした。しかも、ジッパーの色が「白」なんです!!私のテンションが上がるのが分かりました。これはまだ私が入社して間もない頃の「絶対売れる紺色作業服」の配色だったんです!最先端のスタイルで往年のヒット配色。一人よがりはよくありませんが、是非これをご覧の若者のお客様も「いいなぁ。」と思っていただけると幸いです!! シルバー は、画像で見ると「白っぽく」見えてしまいますが、白ではありません。正直カメラ泣かせなカラーですが、一般的に言われている「シルバーグレー(すっごい薄いグレー)」とイメージしていただけますと分かりやすいかもしれません。 最後に恒例の作者である私が実際着用してみました!! 身長:178cm、体重:61kg、ウエスト:79cm の私が着てみたところ・・・、 「Lサイズ」が妥当かな? と思いました。「妥当」というのが、私、結構細いので、正直「Mサイズ」の方がイイかな?とも思ったんですが、Mサイズを着ると「袖丈が短い」という悲しい現象になり、結果 Lサイズ着用で、裾のボタンアジャスターを締める という着方になりました。細身で腕が長い私にはちょっと悲しい現実でしたね・・・。  ちなみにコチラの商品、同時発売として「カーゴパンツ」と「レディース専用パンツ」の2種類をご用意。「レディースパンツ」は夏生地で既に発売済みで大人気な商品、実はこの「レディースパンツが好評だった」というのが、今回ラインナップを増やした一番の理由なんですよ!! 6071 サイズスペック サイズ バスト 肩幅 袖丈 着丈 S 106 40 55 60 M 112 46 58 63 L 116 48 60 65 LL 120 50 62 67 3L 124 52 62 69 4L 130 56 63 71 BURTLE ワークジャケット 6071 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 豊富な,100%新品

上下別売 76Lubricants ナナロク PUウィンタージャケット No.76 RJ101B 最安値,格安

【WEB製作者が語るイチオシポイント】 上下別売 76Lubricants ナナロク PUウィンタージャケット No.76 RJ101B 最安値,格安

BURTLE バートル ”ヘヴィーデューティ日本製生地”ワークジャケット 5201 全国無料,新作登場

■上下セットで更にカッコよく!BURTLEエクスプレス対応 【WEB製作者が語るイチオシポイント】  今や当店に無くてはならない存在になった「BURTLE」さんの作業服。長年の作業服に関するノウハウを一気に活かしながら、作業服としての役割もしっかり果たす。形や、見た目だかりではなく、しっかりと”基礎”を踏まえる、それが今BURTLEさんの揺ぎ無い人気の一要因となっています。当店もスタイリング重視で商品をご紹介しますが、やはり形にこだわり過ぎると諦めなければならない着心地や、使い勝手などは現実問題で発生しています。が、 BURTLEさんの作業服のポイントは、どんな体型のお客様でもきっちり着こなせるスタイリング なんですね。例えば、 細身のお客様にはルーズフィット。普通体型のお客様にはジャストフィット。そしてガッチリ体型のお客様にはアウトローフィット と、まさに着る人を選ばないスタイリングが大きな魅力なんですね。  今回、ご紹介するのは、BURTLEさんが「BURTLE」と社名を変更する前の作業服。「なんでそんな古いものを・・・」とか言わないでくださいね!BURTLEさんがBURTLEに社名を変更したのは「昨年2010年」なんです。つまり、古い商品ではなく 2シーズン目突入の作業服 ですね。全体的なスタイリングとしては、 作業服らしくない作業服 が一番のコンセプト。つまり今までの「なんとなく泥臭い・暗いイメージ・どれも一緒」の作業服を根底からひっくり返す為に作られた商品です。BURTLE製の作業服の特徴(ベース)は トップスはタイトで、ボトムはルーズ が品揃えの中で多いです。 ■5201 ワークジャケット編■  手にした瞬間の第一印象は「重ッ!!!」です(苦笑)。カラーリングも重厚ですが、それ以上にこの商品、綿100%の厚生地でとても重量があります。ちなみに上着770g。これは当店の軽防寒服よりも重い数値。実際に着てみた感じも「がっしり」した感じです。日頃からお召しの作業服が「重いなぁ・・・軽いのないかなぁ」と思って作業服をお探しのお客様にはちょっとこの商品は厳しいかもしれません。  ただし!!重いのには当たり前ですが意味があります。この商品は「ヘビーデューティ」、つまり過酷な現場向きの商品なんです!過酷な現場にはタフな作業服が必要です。そんなコンセプトで生まれた作業服ですから、こんなに厚くこんなに重くなりました。 最近のチャラチャラした作業服じゃ仕事できん!昔のゴワゴワしたアホみたいに頑丈な作業服はもうないんかい! という職人さんタイプのお客様にはピッタリだと思います。とはいえ、スタイリングはしっかりBURTLEワークウェアです。ウエストに向けてストレートラインで自然にしぼまる逆台形形状、ショート丈、袖丈長めのスタイリングは前述通り、コダワリが多い職人さんが着てもきっと納得されるのではないかと思います。  襟形状は、硬派な印象の スタンドカラー 、裾・袖には パチパチボタン 、そして合わせ生地の補強とちょっとしたアクセント代わりに 鋲(リベット)が打ち込まれ ています。着用した感じでは、 ジージャン(古い?)みたい と思いました。 ■5205 ワークシャツ編■  私(作者)、触ってビックリしました。このシャツ、 凄い厚い&重い!! です。通常、このテ(お揃い)のワークシャツってブルゾン生地と比べるとちょっと薄くなるんですよね。でもシャツ、素人である私が触ってみた感じ、 どうもブルゾンと同じ生地厚っぽい(苦笑) です!!というか、確証はありませんが素人が触る分にはほぼ同じ感覚です。これは”ヘヴィーデューティ”を謳っているのは過言ではありませんね。恐らくこのシャツは「ブルゾン級の耐久性」を有した まさに当店でも唯一のヘヴィーデューティ・ワークシャツ と呼べるシロモノだと実感しました。ちなみに生地が厚いながらもシャツとして作られているので、シルエットはタイト。もしもカバーオールシャツ(ちょっとした羽織る上着)としてお考えの時は「1サイズ大きめ」をオススメします!もう一回言いますね!このシャツはすごいっっ! ■5202 ワークカーゴパンツ編■  太い!が第一声。ワタリ=太ももも、裾幅も品名通り「ワイド」です。股上もかなり深く作られているので、恰幅の良いお客様でもしっかりヒップをホールドします。逆に辛いのは私のようなガリガリタイプ・・・(泣)。ウエストでサイズを選ぶと不恰好なので、細身のお客様は腰骨の出っ張りでパンツを引っ掛けて履くウエストハンギングでお選びになると、ちょっと太目のジーンズを履いた感じになり雰囲気もグッと良くなります☆。もちろんここまでこだわって作っているので、 タックは無しのノータック仕様 なので、オシャレワークに敏感なお客様はもちろんの事、「ノータックは履いたことがない」というタック愛好家の方も、このBURTLE持ち前の だらしなさとオシャレのルーズフィットパンツの境目をズバッと見抜く サイズ寸法で、きっとタックが無いのに気が付かないくらい快適にお仕事する事が可能です! 上着がタイトで、ショート丈。そしてボトムがワイドでルーズフィット。 このスタイリングがBURTLEさんが生み出した次世代作業服の形なのかもしれませんね。  最後に私(作者)が実際に着用してみました! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm の私が着てみたところ・・・、 ブルゾン:Lサイズ、シャツ:Lサイズ、カーゴ:Lサイズ でした!「適当だろ」とか突っ込まないでください!本当にこのサイズでピッタリなんです。更に詳細をお伝えすると、ブルゾン着用時は中にシャツを着ている状態で試着して、もう中に1枚も増やせないほどピッタリでした。シャツはというと、前述を加味すると当然といえば当然ですが「このシャツを着て、お揃いのブルゾンは上に着れない」です。中にシャツを着ようと思ったら、ブルゾンのサイズをワンサイズ上げたほうが良いです。  カーゴパンツのサイズは私のような体型ではギリギリライン。これ以上のサイズアップはスタイリングを壊し「だらしない」領域に踏み入ることになりそうです。  昔ながらのゴツイ作業服が、BURTLEさんによってココまで新しい感覚に生まれ変わりました!!BURTLEさんのご好意により メーカーさん直送最短お届けサービス【BURTLE エクスプレス】にも対応 していますので、是非こだわり職人のお客様、はたまた鳶職人さんの新スタイルワークウェアとしても人気が出そうなスタイルです。是非ご検討ください! ■サイズスペック■ サイズバスト肩巾袖丈着丈 M112465863 L116486065 LL120506267 3L124526269 4L130546370 BURTLE バートル ”ヘヴィーデューティ日本製生地”ワークジャケット 5201 全国無料,新作登場

Prono プロノ 全面裏アルミプリントジャケット RL UAJ151 大得価,低価

→■4L~5Lサイズはこちら■→■ベストタイプはこちら■ ――――お買い得すぎる防寒服!! 今年も肌寒い季節がやってまいりましたね・・・! 皆様、防寒服のご準備はお済ですか?まだ用意できてない!という方も、既にお持ちの方にも朗報ですよ~!!今回は、びっくり価格の防寒服のご紹介です!!この機能でこの価格なら全色揃えたくなっちゃいますよ!! ■■ココがポイント!!■■ 1:快適な暖かさ! 一見シンプルに見えますが、実は裏返すと・・・ ギラッギラ眩しい全面裏アルミプリント!!! になっているんです(笑) これはかなり迫力があります!!もちろん着用時には見えないのでご安心くださいね(笑)アルミは体温を反射し、保温してくれる効果があり、発熱ではないため暑くなりすぎず快適な暖かさを保ってくれる特徴があります。このお値段で、まさか裏地が全面裏アルミプリントになっているなんて誰が想像できるでしょうか・・・更に、着用時に直接触れる首元にはフリース生地を使用し、暖かな肌あたり。ほんのちょっとの工夫ですが、寒い日に上着を羽織った瞬間のヒンヤリ感って結構つらいですよね・・・これは嬉しい配慮です。正直今のご時世で、アルミプリントが無くても同じようなお値段で手に入れられる商品は少ないと思います。これは絶対お買い得ですよ・・・!! 2:軽いっ! 重さを量ってみると、ベストはなんと260g(Mサイズ)、ジャケットは410g(Mサイズ)でした!500ミリリットルのペットボトル飲料よりも軽く、(ベストに関してはまさかの約半分!!)羽織っていても重さはほとんど感じませんでした!!これならストレスフリーで寒い日もスイスイ動けちゃいますね! 3:意外な収納力! すみません。正直、甘く見ていました(笑)全面裏アルミプリントでこのお値段なので、さすがに他に機能はないでしょう・・・と思っていたのですが!!よく見てみて下さい!ポケットが意外に多いんです・・・!!ベスト・ジャケット共通で左胸ポケット(ファスナー付)、両サイドポケット、更に左胸の内側にスマホもすっぽり入るサイズのポケット+ペン差の合計5ポケット!更にジャケットには左腕にもペン差が付いて合計6ポケットが付いているんです!こんなに収納できたら、荷物の少ない方ならカバンはいらないかも!? 4:絶妙な質感・色味で高級感あり! お買い得すぎるものって、見た目がちょっとダサいんじゃないの?と思っていませんか?でも、この商品はむしろカッコイイ。見た目にもとことんこだわって作られた自信作です。この商品は、「安いのに高そうに見える・オシャレに見える」、まさに当店のコンセプト通りの商品なんです。ゴテゴテとした装飾は一切排除し、ごくシンプルに。生地には光沢と陰影のあるポリエステル素材を使用し、色は原色でなく深みのある落ち着いたレッド・ブルー・ブラックの3色を選びました。この光沢と陰影、更に深みのある色がこの商品に高級感をもたらしてくれているんですね。また、生地をよく見ると縦と横に格子状の模様が見えますが、実はこれ、「リップストップ加工」といって、万一生地が裂けてもそれ以上広がるのを防いでくれるんです。見た目よし、機能よしの優秀生地というわけなんです。 いかがでしょうか? シンプルでスポーティーなデザインなので、お仕事はもちろんプライベートでも、更に外だけでなく室内でも着用して頂けると思います。外なら通勤・通学・犬の散歩・DIY・ガーデニング・農家さんや建設業の方など、室内なら自宅で暖房費の節約・倉庫業・工場勤務・運送業の方などなど・・・さすがに真冬の北海道で外で着るのは厳しいと思いますが、ベストは袖が無いので中に着る服次第ですが、ジャケットの適応気温はおよそ0度、中に暖かいセーターなどで防寒すれば、マイナス5度くらいまでは大丈夫そうです!※あくまで目安です! ■■実際に着てみました!!■■  最後に、実際に男性スタッフに着用してもらいました!!   身長170cm、体重60kg、ウエスト76cm、普段着るアウターのサイズ:Mサイズの男性スタッフに着てもらったところ、Mサイズでピッタリ でした!着用時は中にYシャツ1枚+細身のチノパンでしたが、冬にはセーターの上からでも着れそうな余裕はあるとのことでした。丈が短めでお尻は隠れず、ベルトの下あたりまでの長さのため、着用するとスッキリしたシルエットに見えますよ! Prono プロノ 全面裏アルミプリントジャケット RL UAJ151 大得価,低価

HOSHI IDIES オリジナル防寒フード付”マックスボリューム”ブルゾン 905 100%新品,人気セール

→Mから3Lサイズはコチラをクリック→【お揃いのパンツもいかが☆】 →NEWマックスボリュームパンツ 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■首元の防寒にはコチラがおススメ!ハイネックタイプ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 昨年楽天市場で爆発的ヒットを記録した「901」マックスボリュームブルゾンですが、今年もたくさんのお客様に喜んでもらうぞ~♪って思ってたら、早速当店に今年の在庫分が入荷になりました!!待ってました~っと、昨年販売したページの在庫を解除して、トップページにもってきて・・・と思ってたら、驚愕の事実が判明してしまいました!! えぇ~!!この商品、マイナーチェンジを経て!!まるっきり新しい商品に生まれ変わって しました・・・。っていうことは・・・、そうですこれからページの作り直し(泣)。もう泣きたいなら、お客様にお伝えするのが2~3日遅れるやらですっかり自分のテンションも下がりきってしまいました。 「はいはい、ど~せ見た目をちょちょっとイジって、品番も変えちゃったんでしょ」とかすっかり卑屈になってしまった自分に、この商品はある意味「強烈なインパクト」と「やさしさ」、両方を教えてくれました。 正直、防寒服のマイナーチェンジって前作のいただけない部分を見た目は変わんないけど今作は改善しました!凄いでしょ! 的なものが多いんですが、これは全くの別物である事が画像からもご覧いただけます。 【改善する必要の無いモノを改善!!このストイックさが凄い!905シリーズ!!】 ※この商品、そもそも昨年販売時点で致命的な初期不良や不具合は無かった商品。そう、通常マイナーチェンジを行うモデルには初期の段階で改善すべきポイントが明確にあり、そのポイントを次作で改善をするのが主流ですが、この商品(前作901/903)にはそのような改善すべきポイントなんて無かったんです。つまりほとんどの主流である「不具合(-)を改善で(+-ゼロ)」という一般的なマイナーチェンジモデルと、今作のように「特に不具合は無い=+-ゼロ」の状態から改善を加えたんで、結果的に昨年のモデルと比べると「+プラス」になって生まれ変わったという全く新しい改善の加え方を誕生した防寒服なんです! ■生地感触を徹底改善。■ この防寒服は見た目の通り、表面はツルツルしたポリエステル素材。昨年モデルまでは割と柔らかいポリエステル100%素材を使用していたんですが、今年のモデルを触った途端、違いがすぐに分かりました。表面素材の質感が向上しており表生地に「ハリとコシ」が加えられ、これから迎える寒い季節非常に頼りになりそうな頑丈な表素材に生まれ変わっていました。このバリッとした質感は、お届けの際「ちょっとバリバリ過ぎでは?!」と思えるくらい。メーカーさんに確認しましたが、着用する回数が増えてくると次第に馴染んでくるようです。 ■襟元ジャージで高級感アップ!■ かくゆう私(作者)は、何を隠そう「防寒着の襟はジャージが一番良い!」と思っている奇特な人間(笑)。一昔前まではたくさんあった襟ジャージの防寒服は、時代の流れと共に無くなっていってしまいました・・・。ところが、 前作、普通のダブル・カラー(2重襟)がったのに対し、今作は堂々の襟ジャージを採用!しかもアウター・カラーもあり2重襟仕様は変わらぬまま襟元の高級感が飛躍的に向上した のです。ただ見た目が良いだけではありません。ジャージにすると余計な隙間が生まれないので暖かさが逃げない&寒さが進入しない。という事と、首に接地しても不快な汗やムレは吸収してくれていつもサラサラなところはまさに改善を通しこして、一つの改革ですね!!  全体的なディティールとしては、一般的でオーソドックスなスタイルといえそうです。がしかし!!「普通」の防寒服を当店が扱うわけがございません。見た目には伝わりずらい部分ではありますが他社製品と決定的に違うのは、防寒である故に防寒性が違うといったところでしょうか?見た目は普通でも、使用される「素材の量」が違うんです。つまり防寒服になくてはならないもの、「中綿」の量ですね。前作というか、このモデルのモデルになった48420は160gの中綿を使用しており、これは一般的に販売される防寒服の「133%比」なんですね。ふとんでもそうですが、綿を詰め込むと当然暖かくなります。この商品は暖かさの基本的となる中綿量を更に増量(160g→180g)し150%の増量を実現、また表生地を改善し、48420前作と比べると総重量が「100gほど」軽く仕上がっております。今までの防寒服は「重ければそれほど暖かい」というのが定説でしたが、今作からは重さはほどほどに、暖かさはトップクラスという品質をしっかり確保してきました!!もちろん、お値段も1着3,490円で販売した価格を維持してのご案内がメーカーさんの協力により可能になりました!! これだけの中綿量であれば、冬季は雪に閉ざされる北海道でも、全然問題無いレベル、むしろ札幌圏では暑いと感じるかもしれません。 恐らく適応気温は0℃~-10℃のガンガン真冬対応防寒服といえそうです。  それだけ気合の入った防寒服ですから、当店のみならず系列店の「プロノ全店」でも同じ価格でお取り扱いをし、間違いなく今シーズンの主役になるアイテムだと確信しています!!数量も今のところ過去最高の数量を全店分として確保していますが、お客様のお好みが”一極集中”、または”プロノ全店で大ヒット”などとなると今から早期の売り切れは必至状態といえます・・・。  今作が始めてのお客様なら、前作の先入観がないので素直に「イイ感じだね」と思っていただけると思います。  サイズの問題は、やや小さく感じるとはいえ防寒服だからといって普段のサイズよりも1サイズ上げる事はしなくても良いと感じる程度です。むしろ、前作よりも無駄なダボツキをカットした・・・そんな感じです。  私個人的には全体的に「パリッ」とした雰囲気は大好きです。襟元もふにゃふにゃせず、”シャキッ”としています。付属のフードは後方でジッパー留めなので強風により飛んでいくということがありませんので風の強い現場や地域にはバッチリです。着丈も最近は「短い」丈が流行っているみたいですが、このモデルは前述どおりその辺りは「無難線」で仕上げられていますので「短い!!」と感じる事はありません。  今作から昨年モデルには無かったNEWカラーの「ネイビー」が追加。イイですよ~、とてもイイ色です。一般的な作業用のネイビーっていうと「濃紺」が多く、パッと見た目「ネイビー」なのか「黒」なのか分からないことが多いですが、これはどの角度から見ても「ネイビー」、いわゆる紺色です!!最近、ここまで潔い紺色は見た事がないので何故かスッキリしますね☆今作から初めてご利用のお客様にお伝えしなくてはならないのが「ミルブラウン」ですよね?イメージしやすい表現で表すと「こげ茶っぽい」カラーです。胸元に大きなポケット、袖にペン差し、大型のジッパーや、手袋を穿いたままでもアクセスが容易なハンドウォームポケット等、現場作業に必要な要素を全て詰め込んでいますので、どんな職種のお客様にもバッチリ☆な防寒服といえるでしょう。  作者である私が着用してみたところ(身長:178cm、体重:68kg、ウエスト82cm、普段着るアウター(作業着)のサイズ:LL)で LLサイズが妥当なサイズ でした。これはジャストサイズや大きめという観点ではなく、一般的な作業用として考えた時に、これくらいのゆとりは必要とのあくまで”作業用”としての適応サイズです。このブルゾンを普段着として着用される方はそんなにいないと思うのであえて作業サイズとして記載させていただきました。  間違いなく、今年当店で一番人気にまで上り詰めるであろう防寒着を暑さが収まりつつある今、早めにGETしておくのも良いかもしれません 。また寒さ厳しい地域にお住まいのお客様はブルゾンだけではなく お揃いのパンツも合わせてご購入いただくことをご検討 していただけましたら幸いです。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L5L 着丈66687072747676 肩幅51535557596163 胸囲120125130135140146152 袖丈56586062646666 HOSHI IDIES オリジナル防寒フード付”マックスボリューム”ブルゾン 905 100%新品,人気セール

I'Z FRONTIER アイズフロンティア ストレッチデニムワークシャツ #7251 激安大特価,得価

■お揃いのパンツはコチラ■ ■お揃いのブルゾン■■お揃いのカーゴパンツ■ 必見、製作者が語るアピールポイント!! 忘れもしない2014年春、当店を驚かせた作業着が発売になりました。そう!I'Z FRONTIER(アイズ・フロンティア)さんというメーカーさんで作られた ストレッチ・デニム・ワークウェア です!!そりゃもう、この商品を見た時はシビれました☆一見、使い古されたかのうようなユーズドウォッシュのデニムは、今までも良かれ・悪かれワークの中でも見てきました。この商品との出会いも最初は「な~んだ。またデニムの作業服か」程度でした。実は私(作者)、デニムは大好きなんですが作業着、特に「作業服」には懐疑的な見方をする人でした。 その理由はデニムが好き過ぎて、「なんちゃってユーズド」や「なんちゃってウォッシュ」がど~しても好きになれなかったんです。それと、ツナギであればデニムもアリかな??と思っていたんですが、作業服にしちゃうとデニムの特徴がそのままデメリットになってしまうと思い込んでいたんです。そのデメリットとは・・・、 重い・硬い・動きずらい。 という事です。実は上記のデメリット、デニムの特徴(メリット)でもあるんです。この特徴はサイズ感が大きく、よりハードワークが求められる「ツナギ」であれば、デニムの特性が活きるのですが、体にフィットにするように作られている作業着であれば、ちょっと動きずらいかな~と思ってしまいます。ですから、よほどの事が無い限り、デニムの作業着は当店で扱うことが無かったんです。  しかし!!この作業着は見た目こそ、ありふれたデニムの作業着でしたが、この作業着にはデニムに厳しい私(作者)に「取り扱いたい」と強烈に思わせる要素がありました。それは・・・、 全身強烈なストレッチ(伸縮)性能 です!!デニムの生地に編みこまれた 伸縮性の高いポリウレタン素材 が、縦・横方向にストレッチが効いている事でフィットする事が前提で作られている作業着でもストレスを感じない着心地に進化していました。丈夫なデニムである事が作業着にもメリットとして十分お客様に伝わるレベルであると判断し、取り扱いに踏み切りました。その結果、 当初の見込みを大きく上回る販売数 を記録、今後の作業着の未来の形として大きな一歩を踏み出しました。 そして、発売から半年が経過したある日、再度メーカーさんから打診を受けサンプルを拝見させていただきました。それは、 先に発売されている#7250、#7252とお揃いのワークシャツ でした。私は即座に取り扱いをOKしましたね。やはりデニムのワークウェアにはシャツも必要だと思っていたからです。 【考え抜かれたデニム・シャツ!きっと欲しいと思っていたお客様も多いはず!】 ■ストレッチ・・・やはりこの作業着の大きなメリットであり作業着として活用できる大きな可能性であるストレッチはシャツになっても健在。全体的にタイト(細身)ながらもテンションがかかる「背中」「肩」「袖」などはグィ~ンと伸びるので、快適でアクティブな動きが可能です。 ■シルエット・・・先行発売されている「ブルゾン」と「カーゴパンツ」はドチラも細身、タイトな作りです。タイトな作業着なんて動きずらくて仕方がないんですが、それはこのストレッチ機能が完璧に機能しています。そしてそのDNAを正確に受け継いだこのシャツもやはり、見た目タイトな作りに仕上がっています。 ■デザイン・・・これぞワークシャツです。全身デニムに覆われたこのシャツは普通に作っちゃうとまったく普通のシャツになってしまうのですが、見事にワークシャツとして仕上げています。小ぶりな胸ポケットはデザインを考慮したうえで多角形にし左袖のペン指しは大きく、作業上もきっと大活躍すると思います。また、身頃と袖に設けられている「ボタン」は、よくある穴に通すタイプのボタンではなく、パチパチと留め外しが可能なボタンを使用しているので、ワークシャツと、ダンガリーシャツの間をとった絶妙なデザインといえそうです。 最近の当店の品揃えではワークシャツが少なくなっていますので、満を持しての発売となります。 「いやいや、満を持してって言っても7250作業着には合わないでしょ」っていうお客様、確かに一番合うのは7250シリーズですが、デニムであり、ダンガリーシャツであるなら、コーディネートの可能性は広がります。例えばこのシャツに、ベージュ系のパンツや、カーキ系のパンツでもしっかりワークカジュアルスタイルとしてハマります☆  最後に手元に届いた商品を実際に私が着用してみました!! 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段着る作業着のサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 このシャツではLサイズがベストサイズ でした!!・・・ですが、割とゆとりはないです。タイトなデザインなのでそう感じても仕方が無いのかもしれませんが、それ以上に体を動かしても随所にストレッチが効いていますので、全くストレスは感じないです。  既に7250シリーズをお持ちのファンであるお客様、またブルゾンでは仕事がしずらく、もっとカジュアルなスタイルでお仕事を楽しみたい方、はたまた巷のカジュアルデニムシャツでは薄くてダメだ!と日頃からお思いのお客様にはうってつけの商品です☆  屋外作業全般、運送業ドライバーさん、メカニックさんや車屋さんのユニフォームでもカッコイイかもしれません!またインテリア・コーディネーターさんやオシャレな内装屋さんにも着て欲しいです☆  割としっかりとしたデニム厚なので、11ozほどではないかと思います。通常、カジュアルでは7-9ozなのでシャツにしてはゴツイです。でも着ずらくない。そんな魔法のようなワークシャツを是非お買い求めいただけましたら幸いです。 7251サイズスペック I'Z FRONTIER アイズフロンティア ストレッチデニムワークシャツ #7251 激安大特価,得価

シンサレートウルトラ防水防寒ブルゾン 48380 2010 WEX 防寒 カッパ 品質保証,本物保証

今シーズンの当店の品揃えで間違いなく一番「高額」の防寒服が登場です!!パンツだけでこの価格・・・。まさに最強な一着です。  まず、普通に納得いかないのがこの価格ですよね(苦笑)他の防寒服と何が違うのかというと、一番の違いは普通目にすることはない「中綿」です。高級防寒着に使用されることの多い「シンサレート」は、「綿より2倍暖かい」といわれる抜群の保温綿で、通常はその特性を生かし「中綿の容量を半分にし、通常の暖かさを保つ」ようにして、軽さを出すために使用されています。  ところが!!今回のこの防寒ブルゾンは「綿より2倍暖かいシンサレート」の最高峰「シンサレートウルトラ」を、重量を減らすことなく使用!!!重さを全く変えず中綿のボリュームを(※1)40%増やすことで熱を逃がさない「シンサレートウルトラ」は常識では考えられないような暖かさを実現する事に成功しました!!!その暖かさは動かずして発揮するので、異例の換気口(ベンチレーション)を儲け、無理やり上昇した熱気を外に放出する機能が付けられています。それだけ、内部に熱を溜め込むので氷点下の中でお仕事をされるお客様には心強いアイテムです!  そして忘れちゃいけないのが、「防水性」。もう当店をご利用のお客様はご存知かと思いますが、カッパの良し悪しを測る一つの基準、「耐水圧」はな、なんと当店のレインウェアのトップクラスの防水性値10000mmを記録!!!ほとんどカッパの防寒服なんです。  お揃いのパンツもございます。上下でお買い求めください (※1補足)シンサレートウルトラはとても繊維間の機密性が高い為、40%のボリュームアップでもモコモコして動きずらい・・・。といった事は起こりません。品番:48380 メーカー:自重堂 仕様:シンサレート”ウルトラ”  堂々のブルゾンのみで11000円。さすがにプロノウェブストアとしてもこれだけ高額な防寒ブルゾンは取り扱いが難しいのですが、たくさんのお客様より「もっとイイモノがあるはずだ!」と常にお問い合わせをいただいておりました。とはいえ、当店の防寒服はどれをとっても「価格善し・機能善し」のツワモノ揃い。  並大抵の防寒服では太刀打ちできないと思い、ずっと探してきましたがようやく見つけました。これぞ「一番」の防寒服。レインウェアと同じ「耐水圧10,000mm」の完全防水に、圧縮保温綿の最高峰「シンサレート」の最高グレード「シンサレートウルトラ」を使用、驚異の保温性と防水性を手に入れました。  今までの当店での品揃えに満足できなかった「完璧主義」のお客様、今シーズン、この防寒服を上回る防寒服はもう探しても出てきません。  3M株式会社が開発した保温性の非常に高いマイクロファイバーとポリエステルファイバーで生成された高機能中綿素材の名称。  特徴を一言でいうと「一般のポリ製中綿の2倍暖かい」とされ「ポリ中綿と同じ暖かさを得るには半分の重量で充分」という「薄いのに暖かい」事で有名な中綿。多岐に渡り枝分かれされているファイバーが暖かい空気を長時間留めておくことが出来、同時に外気の冷気をシャットダウンする断熱性に優れた繊維形状が魅力です。  レギュラーラインの「シンサレート」よりも「重さを変えずに40%ボリュームアップ」させ、もともと高い断熱性能を「15%アップ」させたシンサレートの最高級バージョンがこの「シンサレート”ウルトラ”」です。分かりやすくいうと、 「シンサレートよりもモコモコしているが重くなく、更に暖かくなった」 ということです。 通常中綿とシンサレート”ウルトラ”の保温力比較 3品とも「同じ重さ」というのを前提に考えたとき、通常綿の保温力を「1」とした時、シンサレートは2倍の「2」、シンサレート”ウルトラ”はシンサレートの14%アップとされているので「2.14」、通常綿と比べると、実に「2倍以上暖かい」という結論になります。 シンサレート”ウルトラ”とシンサレートの綿の厚みの関係  シンサレート”ウルトラ”は「シンサレートよりも40%厚みを持たせた」ことが特徴の一つであり、その結果「14%の保温力アップ」に繋がるのですが、この繊維の最大の特徴は、 「重さを変えずに」 厚みと保温力をアップさせたところにあります。  ■サイズスペック■ サイズMLLL3L 胸囲125129135141 肩幅54565860 袖丈58596062 着丈67707373 シンサレートウルトラ防水防寒ブルゾン 48380 2010 WEX 防寒 カッパ 品質保証,本物保証

アイズフロンティア 夏生地メッシュ素材 長袖ブルゾン 10010 赤字超特価

■→4Lはこちら☆■ ■→お揃いのパンツはコチラ☆■ ■→究極に涼しくしたいなら「空調服」!!■ 【ページ制作者が語る、この商品の魅力!】 今年も暑い季節がやってきました・・・! 作業服の業界では長い間、生地が薄く通気性に特化した「夏生地作業服を夏場は着る」というのが当たり前になっていましたが、最近その風潮は少しずつ変化しております。 その要因は 近年、何かと話題にのぼる「空調服」 の存在です。私も最初は半信半疑でしたが正直機能が中途半端であれば毎年超ヒットの販売数は記録できません。実際に着てみましたが 間違いなく暑さを凌ぐ作業服としては空調服がNo.1!!です。 「え?じゃあ空調服を買えばイイの?」というお客様、暑さを凌ぐという事では空調服がベストですが、夏生地の作業服を着ることって暑さを凌ぐっていう事意外にも目的があるのではないでしょうか?? 【アナタは夏物作業服に何を求める?それで決まる作業服のカタチ】 ■暑さ・・・毎年「例年に無い猛暑」というニュースが流れています(笑)。毎年やっていたら「例年通りだろ」と突っ込みをいれたくなりますが、それでも猛暑日っていうのは最高気温が35℃以上でほぼ人体の体温と同じ温度・・・。考えただけでゾッとするその温度は立っているだけでも健康被害を及ぼします。その多くが平熱を保っていた体温が汗だけでは体温調節が間に合わなくなり、体が高温状態になる「熱中症・熱射病」です。 他の夏物作業服ではいくら通気性を上げても限界があり、衣服内に高い温度が滞留してしまいます。問題解決として一番効果が高いのはやはり「空調服」。空調服は衣服内に空気の流れを作り出し暖まった空気を滞留されることなく、また皮膚から体温を奪いながら、最終的に首下・手首・裾から抜けて外気へ放出されます。 ■湿度・・・夏場の屋外作業で一番困るのが「高い気温」と「高い湿度」ですよね。中でも「高い湿度」は気温と合わさり「発刊作用が促進される」ので人体の水分不足になる可能性が大です。実は無敵と思われている空調服も「高い気温」には対応していますが、「ムシムシした曇り空」や「長時間、小雨がシトシト降る梅雨シーズン」には、効果が得ずらいと言われています。この場合、大敵となるのは「高くなった体温」ではなく「強烈な湿度」なので、衣服内に貯まった湿った空気をどんどん外に放出するメッシュタイプの作業着がオススメです。 ■環境・・・空調服はまさに夏場最高のパフォーマンスを発揮すると言われていますが、それは必ずしも「完璧」ではありません。空調服はその独特な冷却方法から ウエスト・袖口のギャザーはキツめで、大きな空気の対流を生み出すためちょっと大きめな作りが特徴 です。がしかし、それが働く環境によっては×となる事もしばしば。。。もしも「極端に狭い場所(設備系)での作業」をする人や、「作業服の生地を激しく磨耗するお仕事、地面に寝そべって仕事をする人や鋭い枝や草木が覆う場所で働く人」には、空調服のようにボリュームが出てしまう作業服よりは、 もっと薄生地でもっとスリムでバッテリーなど出っ張りが無いシンプルな作業服 が向いているといえそうです。 ■予算・・・何事も「費用対効果」って凄く大事。真夏の太陽の下朝から晩まで屋外で働くなら多少値が張っても空調服の方が後々得られる効果は大きいです。ただし、屋外作業が頻度的にも時間的にも限定・断続的であるなら、それは費用の方が高くなってしまう可能性もあります。 「帽子を被る」「水分補給をマメにする」などのケアを怠らなければ、作業服にかける費用を抑えることも非常に大事な考えです。 そういうわけで、もしもお客様ご自身で上記をご確認になり、「あれ?俺の仕事って空調服に向いてるかも・・・」と思える部分があったお客様!!当店はそんなお客様もしっかりサポートしたいと思っています☆ 動けば汗がタラリ・・・あ~暑い。 もっと快適にお仕事した~~~い!そんな時におすすめの、風が吹き抜ける作業服のご紹介です☆ ご覧ください。 上着はその50%以上、背中にいたってはほぼ全面が総通気メッシュ(驚) で作られた究極夏生地作業服のご紹介です!! いやね、私(作者)も思いましたよ。空調服が席巻する前、「どうやっても暑いんだから、全部メッシュの作業服ってどっか作らないかな~(笑)。」って。。。まぁ、全部ではありませんがまさか当時の想いに応えてくれるメーカーさんがあるとは驚きでした!! 【こんなところにこだわりました!】 ~風が吹き抜ける作業服~ ご覧ください!どこもかしこも メッシュ!メッシュ!メーーーッシュ!!! 夏用の薄生地の作業服は、正直どこでも売っていますが、 ここまで涼しさを追求した商品はなかなかないのではないでしょうか!? この商品は一般的な夏生地の作業服に比べ、なんと 約8倍も通気 するんです!! 風がびゅんびゅん吹き抜けちゃいますよ~~~! ブルゾンは背中全面、袖の内側から脇を通り、脇腹まですべてメッシュ!!! カーゴパンツは両腰横のポケット部がメッシュ、お尻の上はメッシュの上から生地を重ねて ベンチレーション(通気口)を作り、風が通り抜けます☆ さらにそれらのメッシュをよくご覧頂くと、袖の内側とお尻の上のベンチレーション部以外はすべて メッシュが二重になっており、中に着るインナーのスケスケ具合を軽減してくれています。 さすがにちょっとは透けますが、1枚と2枚重ねとでは雲泥の差!! 強度も増しますので一石二鳥なわけなんです♪ ただ、二重になっているとはいえカーゴパンツの両腰横のポケット部のメッシュからは、 よく見ると細かな穴から下着が見えてしまうので、もし女性でご購入を検討されている方がいらしたら、 個人的にはおすすめできません(笑) 男性でも気にされる方はいらっしゃると思いますが、下着は1mmも見せたくないよ~という方には やはりお勧めできませんが、カーゴパンツと同系色の下着を履けば変に目立つことはないと思います☆ 夏場はとにかく暑さとの戦いなので、そんな細かいことは気にせず最大限涼しくしたい!!! という方には超お勧めの逸品ですよ!!!! 更に、「いや~もうメッシュでも暑いよ~~~」という時は、 ブルゾンの袖・カーゴパンツの裾をくるくるロールアップ♪ ただロールアップしても動くと落ちてきてしまいますが この商品はロールアップした袖や裾をボタンで留めて、落ちてこないように固定できるんです♪ ブルゾンの袖、カーゴパンツの裾ともに七分丈になりますよ☆ 暑すぎる日にはとっても嬉しい機能ですね! また、本体の表面はポリエステルで速乾。この商品は洗濯してもすぐ乾いてくれるので、 汗をかいて洗濯頻度が増える夏にはとっても嬉しいですよね! そして本体の裏面は綿素材になっており、直接触れても優しい肌あたり♪ また、ファスナーはすべて安心の品質を誇るYKK製を使用!細部までぬかりなしです☆ 【こんな時おすすめ☆】 特にオススメなのは気温が非常に高く、風が強い・雨の多い地方のお客様。空調服が弱点として持っている環境の問題をこの作業服なら解決してくれます。農家さんのお仕事着として、鳶さん、大工さん、設備屋さん、塗装屋さん、左官屋さんなど夏場でも屋外がメインの作業場になるお客様には神アイテムになりそうな雰囲気です。 その他、暑くてもネクタイを締めてビシッとした格好をしていなくてはならない「現場監督」の作業着、また不動産・建築系の営業マンさんの制服にもピッタリです。だって空調服を着て「ブ~ン」って言わせながら商談は出来ないですよね(苦笑)。また他社さんの通気が優れない作業服だと、タダでさえ暑い場所でダラダラをかきながら熱弁を繰り広げても暑苦しく思われるだけですから、そういう場合はこの作業服が大活躍するでしょうね。商談中もきっと涼しく応対でき、ビッグビジネスにも繋がるかもしれません。 【実際に着てみました~!】 早速、私(作者)が着てみたところ・・・、 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段着る作業服のサイズ:LLサイズ、普段着るインナーのサイズ:Mサイズ、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 ブルゾンはインナーTシャツ一枚でジャストフィット!!、パンツはL(84cm )でピッタリ☆ でした!! 見た目はベーシックに見えるかもしれませんが、立っているだけで風が抜けていく感覚、そしてイマドキの型紙を使用したすっきりとしたシルエットは間違いなく次世代型の猛暑対策用作業服と呼べそうです。 暑い夏はこの作業服を味方に乗り越えちゃいましょう~~~!!! 本体:ポリエステル85%、綿15%、 メッシュ:ポリエステル100% MADE IN VIETNAM アイズフロンティア 夏生地メッシュ素材 長袖ブルゾン 10010 赤字超特価

CORDURA コーデュラ 東レ パワーテックスプラス タフ&ハードユースワークウェア 6773 全国無料,大得価

* 作業着 作業服 ワークウェア * ■お揃いでどうぞ■ →【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→ ■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  当店はインターネット通販を始めて今年(2014年)で9年目・・・。いやぁ、若い若いと思っていた私(作者)もアラフォーになってしまい、どおりで友人や親戚の子供たちが中学生になり、社会人になったりするもんだ。と妙に時間の経過を感じてしまう今日この頃です。 歳とったな~っと感じると同時に、当店も今まで様々なご要望やリクエストにお応えしながら成長してきたと今になって実感しております。しかし、9年経っても9年前と同じことを未だにお客様に指摘される事もしばしば。。。っていうのも、きっと多くのお客様もそう感じているかもしれません・・・、(苦笑) ※※※ココって作業服屋だよね?何でこんなに作業着の種類が少ないの??※※※ っていう質問。「そりゃそ~だ!!」っていうお客様の声が全国各地から聞こえてきそうです(恐)。確かに当店は作業服屋さんであり、作業服も品揃えとしてはある事はあるんですが、要するに、 ※※※選んで楽しむほどの品数がいつも取り扱いが少ない※※※ という事なんだろうな~って反省しています。確かに現在当店で作業服の品揃えが少ないのは、 私のエゴであり、ご迷惑をお掛けしている と反省しております。まずは、率直に「何故当店は作業着の品揃えが少ないか」という謎にお応えいたします。それはその理由は、以外に単純で 普通の作業服をPCモニタやスマホの小さい画面で見ると何種類取り扱っていても、「ドレも一緒に見える=違いが分からない=品揃えが多い分かえって混乱する=取り扱わない」 というロジックが私の中で出来上がっているからです。 ですから現状当店では、 素材・価格・季節・付加価値の4本柱に1商品ずつしか提案しておりません。 これ以上扱いが増えるとかえってお客様を混乱させてしまう恐れがあるからです。ですが、さすがに1商品だと選ぶ楽しさを感じる事が出来ない!っていうのはお客様のおっしゃるとおりなので、今回、秋の新作発表に絡めて、元来当店が最も得意とする分野、 着用するお客様を、最高にカッコ良く見せる作業服!! をご紹介したいと思います!!  今回ご紹介する作業服は、 超レア&タフ&ハードユース対応作業着 です!!「名前が長ぇぇよッ!!」っていうお客様、要するに 「余り世に出回っていなくて、凄い丈夫な作業服」 っていう事です。 画像をご覧いただければお分かりかと思いますがデザインも尖がってますよね?詳細は別途ご説明するとして、やはりこの目を見張るデザインにまずは気を引かれると思います。気になるスタイリングは やや細身?かな~?? と思えますが、昨今ワークでも流行の「何でも細いデザイン」とは違いますのでご安心ください。あくまで普通体型のお客様でも全く問題なく着用する事が出来る程度のスッキリ・細身スタイルです。  中でもやっぱり気になるのは、随所関節部に設けられたツートーンになっている部分ですよね?これが一体何なのか・・・気になりますよね?いや、気になってください!!これこそがこの作業服のネーミングに深く関る重要な箇所なんです!! 【ナイロンの7倍強いってどのくらい強いか分からない(笑)現存するナイロンで最強の素材「CORDURA」】 ☆恐ろしい程強靭な素材・・・CORDURA(コーデュラ)とは、インビスタ社の登録商標で簡単にいうと生地ではなく「繊維の名前」です。ナイロンの一種でありながら、その引っ張り強度の強さは市販されているナイロンの「7倍」も強いといわれており、間違いなく現段階でナイロン最強の名称がこのコーデュラになると思います。ちなみにコーデュラが普及する前は、「バリスティック・ナイロン」という素材もあり、こちらは当時「5倍の強度」と言われていました。今でもバッグなど耐久性が求められるアイテムに対し使われる事があります。 ☆こんなに丈夫なのにこんなに軽い?!・・・コーデュラの隠れた魅力は、見ただけじゃ分からない「軽さ」にあります。通常、丈夫なナイロンを作ろうと思ったら、繊維を太くしたり、編みこみの目を細かくすれば可能ですが、どの方法を採用しても出来上がりの生地は「硬くて」「重くて」とても衣料品には向きません。しかしこのコーデュラは実際に触れてもらったら一目瞭然ですが、まず柔らかいです。それでいて薄いので全く不快感になりません。 ☆見た目が上質・・・画像をご覧いただきましたら分かると思いますが、この素材、光があたるとまるで「カーボン」のような質感です。艶々していて肌触りも快適なとても高級感溢れる素材に仕上がっています。  「な~るほどね~。見た目だけじゃなくて、きちんと機能性にもこだわっているのね」と思っていただけましたら幸いです。しかも、素材の話はまだ続きます。ツートーン以外の生地の部分、”ただの生地”だと思っているでしょ~??この商品がいかに優れているか、そしていかに日本のワーカーの事を考え抜かれている商品か、分かっていただけると思います!! 【超有名紡績メーカー「東レ」素材を用いたボディ素材がまた魅力的☆】 ■一見”綿”に見える質感ですが・・・・実はポリ75%、綿25%の 高ポリ素材 です。ですから見た目以上に乾きが早く、高回転でスタメン入りするこは間違いありません。また生地の滑りも良くインナーとの相性も選びませんので、秋冬何かと着込む季節であってもさほどストレスに感じることはありません。 ■強度高し・・・上記CORDURAほどではありませんが、この生地自体も「引っ張り強度」と「耐摩擦性能」が高い生地です。 ■動きやすし・・・表だってそんなに誇張していませんがこの生地自体に若干縦方向に伸びる「ストレッチ性」を兼ね備えています。ですから無駄のない裁断でスッキリとしたフォルムに仕上げてもそのストレッチが効いて見た目以上にガサばることもありません。 ■いつもお気に入りの形・・・これは高ポリ商品全般に言えることですが、「形態安定(洗濯により伸び縮みが少ない)」と「低移染(洗濯により色落ち・色移りが少ない)」という事が言えます。パリ感を出すために綿を加えていますので、きっとお届けになった姿のまま長期間着用出来ると思います。 これは同素材をパンツにも使用しているので、パンツにも同様の特徴が謳えます。非常に着易くて、非常に目立ち、そして周囲とカブることが少ないワークウェアですね。これぞ当店で扱う作業服にふさわしい(どの商品ともカブらない)アイテムだと思いませんか? そして、卓越したデザイン。イマドキの細すぎ路線とは異なる「スッキリフィット」を用いており、肩の縫合が複雑で着用した時に肩の自然なラインが演出されているので、半分「立体裁断?」と思えるようなスタイリングです。個性を主張する襟形状は立ててもしっかり自立するように小さめのオープンカラーを採用しており、立てて着るか、寝かせて着るかはお客様のお好み次第。  着丈に関しては私の個人的な感覚では「短め」ではないかと思っています。身幅・裾もガバガバせず快適なゆとり。完璧です。裾にはボタンによるアジャスターも付いているので私よりも線の細い方はアジャスターもご使用ください。 上着のダラしなさを演出してしまうアームホール(腕と胴がくっついている所のぐるりのサイズ)に関しては、インナーに長袖シャツを一枚かませてももたつかず、且つキツくも感じないので◎です。2カラー展開していますが、どちらも 関節部・肩・胸ポケットの黒い部分がCODURA です。つまり、 ただでさえ強靭な素材の東レ生地の上から、CORDURAを合わせ2重にして縫合しているので、正直な話、破こうと思って無茶しない限り、まずどんな過酷な作業環境でも対応できるモンスター・アイテム ではないかと思っています。 「最近の作業服はチャラチャラしていて好かん!!」っていう硬派のお客様、「最近の作業服ってどれも弱い気がする」っていう作業着に対して疑心暗鬼なお客様、「1回買ったら、しばらく持つ作業服がほしい」と費用対効果を重視するお客様、この商品は正直 火を扱うお仕事以外であれば、どんな過酷な作業環境にも対応するKINGな作業服 だと断言出来ます!!ちょっと価格は張りますが十分、その価格に対する価値はありそうです。今まで、当店の販売スタイルとして「普段着にもどうぞ☆」的なものが多いですが、これはバリバリ現場作業に使ってください!!  現場でこそ活きる作業服だと思いますので、是非毎日お仕事で作業着を着るワーカーさんに試していただきたい商品です!私はあんまり好きではないのですが、作業着って上下で合わせると野暮ったく見えてしまうんですが、この商品は上下で着たほうがカッコイイですね☆ 私が社内で着ていると、スタッフから「ロボットみたいでカッコイイです」と微妙な反応だと思ったんですが、よくよく聞くと洗練されたイメージだという事らしいです。確かに上下で着るといつも着ている作業着とはなんか違った雰囲気ですね。 最後に実際に私が着た印象を。手に取って見て率直に思えることは「綿のようなしっとりした素材にビックリ」です。これで乾きが早いっていいうんですから、驚きです。 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:79kg、普段着るトップスのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ、 インナー長袖シャツ1枚着用でLサイズでジャスト、動きやすさを考えるならLLでいいかも でした。パンツは 82cmで全く問題なし。スッキリフォルムが社内でも人気 でした。 いやぁ、作業服でここまで書くっていつぶりでしょうか?とても良い商品にめぐり合ったと私も感動しています。私と同じ感動をしてみたいお客様は迷わず、この商品をカゴに入れてください☆ CORDURA コーデュラ 東レ パワーテックスプラス タフ&ハードユースワークウェア 6773 全国無料,大得価

BURTLE バートル 防水防風 中綿ワークベスト 5224 全国無料,高品質

入荷予定日 2013/10/03 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  当店と長い付き合いのお客様なら既にご承知おきしていただいていると思いますが、私(作者)は元々「作業用品にベストは必要ないでしょ派」だったんです。理由はたった一つ、 だって北海道だと着る期間も、防寒としての防寒性も期待できないでしょ?! っていうのがいつも品揃えの根底にあって、数多くのツナギや防寒服のご紹介の中にベストはいつも「1~2アイテム程度」だったんです。ここまで言い切る私も普段着ではやっぱり1着もベストを持っていないです。だって本当に着るタイミングが北海道では短すぎるんですよ~。日中着て外出しても夜には「寒ッ!」って事がたくさんあって自然と、コーディネートの候補から無くなっていきました。  ただし、その考えもここ2~3年で大きく変わりました。まず考え直すきっかけをくれたのはこのお店。そう、インターネットで作業用品を何年も販売しているとおのずと「販売データ」が蓄積されていきます。驚きだったのが、シーズンを終えて集計を取ると大抵トップ10圏内にこの”防寒ベスト”が入っているんです。品揃えが毎シーズン1~2アイテムの品揃えでですよ?!それはもう驚きです。  調査を繰り返していくと、驚愕の事実が判明したんです。それは 当店インターネットストアを利用してお買い物をされるお客様の比率で、ホームグラウンドで北海道以外の販売構成比率はなんと、95%以上!! だったんです。いやぁ、いろいろな部分で「納得」しましたね。一つは「何故、防寒ベストが売れるのか」という事と、「何故、北海道外で当店が人気なのか」という事。これは似て非なる事象で、実店舗プロノが北海道内主要都市には1店舗ずつ存在しているので、北海道にお住まいのお客様には特にインターネットを使わなくても魅力的な商品が手に入ってしまうという事、また北海道外のお客様、特に西日本のお客様には当店が推し進める「北海道仕様の本格防寒服までは、特に必要としていない」という点です。  北海道の秋・冬では確かに袖が付いていないと正直仕事にならないほど寒い日が続くんですが、本州ではそうでもない。という事の表れだと思いました。そこで2~3年前から当店では積極的に袖なしの防寒服「ベスト」の品揃えを着々と増やしていったんです。 そして今回、当店で取り扱いを決定したBURTLEさんの新商品ベストですが、私はこの商品を観た時に「その全てが気に入ってしまった」んです。この商品が持つ「気品」、「機能」、「価格」全てです。もう何年も作業服を作り続けている老舗メーカーさんだからこそ出来る モノ作りの考え がこの一着に凝縮されています。「カッコイイだけの作業服ならドコでも作れる。大事なのは多くのワーカーさんに着てもらい、そして実際に仕事で活躍できるモノ作り」、これが今のBURTLEさん製品の人気を足元から支える原動力になっています。その証拠に、BURTLEさんはサイズスペックをほとんどカジュアル寄りにしていません。多くのメーカーさんが細身や、ジャストフィットシリーズを打ち出す中、BURTLEさんは1サイズにかなりの余裕を持って作っています。これは今まで贔屓にしてくださっている既存のお客様に対し、リスペクトしている証拠だと思います。  細身に飛びつくお客様より、今までのBURTLEの作業服がイイと言ってくれるお客様を今も大事にしている証拠です。だから、新商品を出すたびに今までもBURTLE製品が好きだったお客様も引き続き新商品で満足できるスペックに仕上げています。 今回も例外にあらず、やっぱり大事にしているのは既存のお客様だと思います。だからこそ、新しいお客様と熱狂的なリピーターさんの両方を取り込むことに成功している数少ない「本当の作業服メーカーさん」だと思っています。 【「気品」「機能」「価格」BURTLEが提唱する新3Kワークウェア基準!!】 【気品】・・・私が展示会でこのベストを見た時、最初は「売り物ではなく、他商品のアクセント」だと思ったんです。BURTLEさんの展示会(ディスプレイ)はトータルコーディネートでご紹介する場合が多く、その中にはたくさんの非売品(他社さんのアクセサリー)なんかも混じっているんです。しかしよく観ると、このベストが主役でした。  中綿入りの防寒ベストはいまや正直「ドコにでも売っている鉄板商品」であり、それだけだと別にBURTLEさんじゃなくても良いわけです。しかし私が魅了されたのは、「作業用品として」という前提に立った企画だったという事で、 着丈が長めで屈んでも背中が出ない 事や、 手袋を履いた事を想定して、フロンファスナーの金具が大きく 出来ている事、そして 作業の際、必須となる内ポケットが存在 している点です。カタチだけにこだわるのではなく、作業用品としてのスペックをしっかりと踏襲している点がとてもよく分かりました。  またボディを覆う素材も、昨年まで人気だった「薄くてテカテカしているシレー素材」ではなく、一見触り心地がザラザラしていて無骨、そして光沢感を抑えたマットなカラーに、襟元のアクセントにもなっている襟裏のボアがちょうど着用の際、襟の上からチラッとだけ見えるさりげなさが、全体の雰囲気をとても上質なウェアに押し上げています。 中でも限定色・コンバットは、ガチャガチャしがちな迷彩柄を大人の雰囲気で仕上げてた逸品☆ 近くに来て初めて「あ、迷彩柄なの??」と思える大胆な柄をあえて目立たなくする思い切った手法で商品価値を上げています。 【機能】・・・取り扱いの大きな決め手でした。この商品、見た感じ全くそう感じませんが 裏生地にビニールを貼り付けている防水モデル なんです!(驚)まぁ、袖が無いので「完全防水」とはいえませんが・・・(笑)。それでも他社の防寒ベストと比べると圧倒的な防水性を誇っていることは間違いないです。前述の「ちょっとゴツくてガサガサした感じ」というのはまさにこの部分で、表素材の裏からビニールを貼り付けているので、全体的に生地にコシが生まれているんです。また、防水素材にする事により副産物として「トップクラスの防風性」も手に入れました。通常、この手のベストで使用されるベストの素材は、ナイロンかポリエステルなんですが、両者共通の特徴として「通気性が良い」というのがあります。この通気性、防寒ウェアを作るときには案外邪魔な存在で、見た目モコモコしているのに実際は寒い・・・という事が多々発生するカジュアルの安価品防寒ベストは、裏生地処理を行わないので、冷たい風がベストを貫通するからです。BURTLEさんは「仕事で着るんだから、雨も風も防がなくては意味がない」という事で、ある意味最高の防寒ベストを作り上げたわけです。 【価格】・・・BURTLE製品が日本全国で愛される大きな要因の一つに「こんなにカッコイイのに、安いだけの作業服とほぼ同じ値段!!!」というのがあります。これはBURTLE製品を愛するユーザーが多く、また「BURTLEユーザーが他社製品に浮気をしない」というのが、結果的にありえない価格を実現しているんです。作業服の価格はざっくばらんにいうと一般アパレルよりも「安い」と感じる人が多いと思います。そのからくりは意外だと感じる人も多いかもしれませんが「単品で見るとカジュアル衣料よりも作業服の方が販売数が多い」からです。「え?」というお客様、よ~く考えてみると分かりますが、カジュアルは買わなくても日常に大した変化は起こりませんが、作業服を買いに来る人は仕事上「不都合を感じている人が多い」んです。つまり、「今日、今、この瞬間に買っていかないと明日の仕事が出来ない」という事で、結果販売に繋がるわけです。 つまり、BURTLEさんほど全国にファンが多いメーカーさんは、そこらへんのカジュアル衣料の何倍も販売し、そして作りこむわけです。衣料品を作るうえでコストに大きく関わるのが「製造に使用する生地の面積」ですから、単なる安価なカジュアルベスト、また同価格帯の他社製防寒ベストよりも作業用品の本格ベストの方が同じような価格帯でも品質が全く異なる訳です。 本日、実際に手元に届いたベストを実際に触って見ました。いやぁ、マジでこのベストいいです。もちろん、BURTLEさんとしては仕事で使ってもらいたくてこのベストを開発したと思いますが、 正直、この質感だとタウンユースでも全然イケるレベル です。生地の硬さも決してしなやかとはいえませんが、それが不快に感じるほどではありません。腕が通るアームホールはパイピングで処理され、肩のラインが自然になるので、切りっぱなしのベストのように肩が張ったシルエットにはなりません。どんな方でも自然な肩の流れが出てカッコよく着れると思います。 とはいえ、ちょっとズドンとした寸胴感もありますが、これはBURTLEさんが様々な体型のお客様にフィットして着れる事が出来るギリギリのサイズ余白だと思います。もしも私のように線が細いお客様は、 裾元にあるスピンドルを絞っていただけましたら、ジャストフィットな着心地が実現 するのではないかと思います。 最後に実際に私(作者)がこの魅力だらけのベストを着てみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るカジュアルベスト:Mサイズ、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 今時期、薄インナー1枚程度であればMサイズ、パーカーなど厚地のインナーで冬を過ごす気ならLサイズ でした。私の好みですが、ベストはジャストフィットがカッコイイと思います。どんなに大きくても「普段のアウターサイズ」程度でお買い求めされた方がこのBURTLEさんの防寒ベストの持ち味を120%味わえると思います☆ ※(新)サイズスペック サイズバスト肩幅着丈 M1084163 L1124365 LL1164365 3L1224769 BURTLE バートル 防水防風 中綿ワークベスト 5224 全国無料,高品質

TS design ヘビーウエイトミドルレイヤージャケット 84226 セール,限定セール

【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →クルーネックもあります! 発売日発売中掲載日掲載中 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L 着丈6163656769 肩幅4244464850 袖丈5860626465 胸囲100104108112118 必見、製作者が語るアピールポイント!! いきなりですみません。この商品をお待ちのお客様、たくさんいらっしゃったと思います。実は、数週間前からデリバリーが可能になり、ご注文をお受け出来る体制が整っておりましたが、次々といきなりリリースされる主要ブランド防寒グッズの掲載に追いやられ、ついには本日までズレ込んでしまいました。 いつもは、手に届いた瞬間に着用し、そのとき思ったことをそのままにこの説明文にするのですが、この商品に初めて触れたのはもう1ヶ月以上前・・・(泣)。今改めて試着をし、本来であれば既に掲載されていたであろう説明文+本日、改めて着て見て思ったこと文章にしてまとめたいと思います。  まずは、商品タイトルにもありますが「ミドルレイヤー」という語句。これは ミドルレイヤー→中間層 という意味で、つまりは「防寒服としてのメイン」としては考えられていない防寒アイテムです。 「な~んだ、それなら使えないな」とお思いのお客様、ご覧の通り今までの中間着(インナー)というと、本当に肌着等しか無かったのですが、この商品は、スタイリッシュでありながら肌着のように見られても照れくさく思う必要はありません。  全体的な形状としては「ジャケットスタイル」です。 手に持ってみたところ非常に軽く、重量は360gと、当店今シーズンの防寒シリーズではトップクラス!! 、着てみた感じも非常にしなやかで動きやすい商品です。  びっくりするくらい動きやすいので、いろいろ調べてみたところ、肩や肘、腕など、上半身の主要関節・機動箇所には、1枚素材のフリースが切り返しとして使用されており、これが恐らく360gという驚愕の軽さを生み出すのと、抜群の機動力を生み出す原動力だと思いました。その他の素材は、引き裂きに強い「マイクロ・リップストップ加工」を施したポリエステル100%のツルツルした素材です。光沢感もあり、見た目はバッチリ。 今時期にご購入いただくと、朝・晩のちょっとした寒い日はコレ一枚で十分 だと思えます。  中間着を意味する「ミドルレイヤー」ですが、なぜ「重ね着が善し」とされているのかというと、昨今のお天気事情があります。私(作者)もまだまだ若かった一昔前は、札幌も冷え込むとまつ毛が凍るくらい寒くなりました。当然、寒さをしのぐ防寒服も暑いくらいの防寒服を皆着ていました。しかし、最近は”ヒートアイランド現象””地球規模の温暖化””交通網の充実”等、寒いことは寒いのですが「都市部を中心に温暖化」が進み、輪をかけて「雪が降る・気温が下がる」季節がどんどん後ろ倒しになり、おまけに交通網が発達しているので、冬場はバス・電車通勤通学の方たちは家を出て「数分間のみ寒さに堪える」事が出来れば、昔のようなゴテゴテの防寒服は必要なくなってしまいました。つまり、「寒いのは嫌だから一番暖かいのをくれ!」と言って一番暖かい防寒服を買ってしまうと、特に都市部ではその暖かさを持て余してしまう可能性があるんです。 それであれば”必要最低限の保温力の防寒服を買って、一時的な寒さはインナーでカバーしよう” というのがミドルレイヤーの考え方なんです。ですから、本日この商品をお買い求めいただいて「新しいの買ったから、古いのはもう捨てよう」というもったいない事はせずに、新しいこの商品と、今までの防寒服をうまく合わせて着用していただけましたら幸いです。  全体的なスタイリングは、前述通りインナーにも転用できるようにタイト(細身)に作られています。「タイトはちょっと体型的に辛い」というお客様、全身に張り巡らされている軽量で伸縮性の良い「フリース素材」が、どんな体型のお客様にもストレス無く、フィットする事が可能になっているのでどうか諦めないでくださいね。むしろ私のように細身の人間よりもきっとガシッとした体型のお客様の方がカッコよく見えると思います。作業服っていうのはどうしても「様々な年代・体型の職人さん」にあわせる為、肩口や胴回りはかなりゆとりを持って製造されます。がしかしそれ故「重ね着をすると脇の下、胴回りがたわんで窮屈・・・」という事も発生しましたが、これにいたっては、脇の下も胴回りもすっきりしているので、重ね着しても窮屈になりません。  袖の部分には、なにやら「穴」が空いています。もうお察しのお客様もいらっしゃいますよね。そうです「親指を通す穴」です。「そんなもんして仕事が出来るか!」と突っ込みを頂きそうですが、この穴の本来の目的はミドルレイヤー、つまりは 重ね着をする際、インナーの袖が出てこない事のないように、最初に指を通してアウターを着用する 目的ですから、指を通してアウターの袖から見事親指が出てくれば、もう外していただいて良いんです。ただそれだけの機能のために取り付けられています。まぁ、考え方によっては 親指を通して、その上から防寒手袋。。 という可能性も無くはないですが、私的にはあまりオススメできません。 【これ1枚で無限の可能性!当店がオススメする理由!!】 ☆日中最高気温10~15℃・・・この商品、1枚アウターとして着用でOK! ☆日中最高気温5~10℃・・・ちょっと一枚では心細いので、パーカーやトレーナーを着て、アウターとして着用するとOK! ☆日中最高気温0~5℃・・・一般防寒服、またはレインウェア・レインスーツの中にインナーとして着用する。(レインウェアは機密性が高いため、冷冷気をある程度断熱する効果を持ち合わせています。) ☆日中最高気温氷点下・・・重防寒服のインナーとして着用するほか、更に中に綿製の厚手肌着を一枚着るとOK! ☆寒い冬が終わり春が近づいている・・・再度アウターとして着用する事が可能!  どうです?高価格帯の極厚生地のあったかい防寒服をご購入するのも一つの手でございますが、このミドルレイヤーを気温に合わせて着用に変化をもたせるというのも一つの方法であります。是非、ご賛同いただけるお客様は、今年から作業服メーカーさんがこぞってアピールしている中間着戦略を防寒対策に取り入れていただけましたら当店としても幸いです。  最後に1ヶ月ぶりに私(作者)が実際に着てみました! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着る防寒着のサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでピッタリ! でした。ただし!前述の親指ホールに親指を通すと袖が突っ張ります(苦笑)。あくまでインナーとしてこの穴を使用すると割り切れば指を通す必要はなくなりますので、袖丈はピッタリになります。  中にスウェットやパーカーを着込めば、ただいま最低気温が7℃前後の札幌ですが、歩いてドコかに行く分には全く問題がないレベルです。  この季節颯爽と走り抜ける「ツーキニスト(自転車で通勤する方)」、屋外でのレジャー、スポーツ全般、またはアウターとしてのオシャレ着、オールシーズン対応で内装屋さんや、事務処理での机冷え対策、屋内作業全般、見た目がスポーティで腕の取り回しや機動性もしっかり確保されているので、非常にヒットする用途は幅広いと思います。  プロノがこの秋・冬オススメする新感覚防寒”ミドルレイヤー”を是非、お試しください!! TS design ヘビーウエイトミドルレイヤージャケット 84226 セール,限定セール

Sun3San サンサンサン 裏ボアジャケット S3S BJ1409 2016 WEX 防寒 作 服 レディース *ジャンパー レディース 防寒* 爆買い,品質保証

■一緒に裏ボアパンツもおススメ■ ■一緒に裏ボア巻きスカートもおススメ■ ■足元まで暖かいとシアワセになれる♪■ モデル着用アイテム:黒パンツ→裏ボアパンツ/S3S-BP1410 帽子→WARM KNIT CASKET/S3S-BK1412YT モデル着用サイズ:Mサイズ(身長153cm) 必見、製作者が語るアピールポイント!!  「Sun3San」に待望の秋冬モノが久々に登場!知っての通り、「Sun3San」は畑美人さんのために誕生したブランドです。収穫の秋目指してキラキラ汗して働く状況を想定しているので、春夏商品が特に充実してます☆ その代わり春夏に比べると秋冬はちょっと品揃えが少ない・・・。「新作今年はないの~?」と常にお客様が首を長~~くして待っている状況なんです。そんな「Sun3San」から誕生した期待の新作は「裏ボアジャケット」!雪が降り始めるあたりの時期から冬の終わりの時期にピッタリのジャケットです。  防寒モノってやわらかそ~うにみえて「硬い・・・」「ぶ厚いのはいいけどゴワゴワしてる・・・」とか、予想と実際のさわり心地にギャップってどうしてもあります。試着できないネットショッピングとはいえ、こうしたギャップはできれば避けたい。。。そう思って当店では細部の写真に加え、スタッフが試着した感想をこと細かに載せてきました。  今回もモレなく試着して参りました☆ やはり着てみないと分からないことってあります。写真で見たときは「ふんふん、厚手のパーカーの裏が毛布みたいになってるのね」程度の感想でした。ついさっき実物を手にしたんですが、驚き!!! 手に取った瞬間「んんっ???」予想以上のさわり心地なんです!いい意味で期待を裏切ってくれました。ギャップはギャップでも“嬉しいギャップ”でしたね。正直、写真で見たときは「3000円は高いな~」という印象でしたが、触って納得。大げさかもしれませんが包まれている幸せ感は5000円のダウンジャケットをまとってるのと大差ないんです。いったいどんな魅力があったのか。まとめてみました! 【久々のサンサンサン新作アウターウェアはこんなにキュート☆】 ■予想の6倍ふ~んわり ふんわり、ふわふわ・・・防寒商品の説明でよく使われます。中綿を使用している商品の大半はこうした表現になりますね。実際綿の効果で生地がやわらかく盛り上がってますから。このジャケットは見た感じのっぺりしてますよね。ふわふわには見えません。ところがどっこい、“ふ~んわり”が味わえるんです。ふわっと押した手を跳ね返すような感覚ではなく、指がしずみこむような感覚、それが“ふ~んわり”「中綿が少なめ」+「毛長の裏ボア」が予想を上回るはたらきをして、奇跡のさわり心地を実現したのです。裏ボアのジャケットなので、「裏側がイチオシ☆」なのは間違いないんですが、私は「表生地こそなでてほしい!」と強くおもいました。表生地のさわり心地がこんなによくなるなんて、開発者も知らないうれしい誤算だったのではないでしょうか。裏ボアが裏にいながらイイ仕事しているんです。「ジャージみたいなカサカサした素材でしょ~??」と思った方こそぜひ一度着ていただきたいです。着るよりむしろ胸の前でギューっと抱きしめていたいような気持ちになります。 一昔前に“マイクロビーンズクッション”って流行りましたよね?あんな感じですーっと包まれる感覚が近いです。 ■珍しい!裏は毛長のボア素材 裏側に使われているのが長めのボアです。毛布のようになっていると考えてもらえば大丈夫です。スタイリッシュ着る毛布ですね。はおったときヒヤッとしないのが一番の良さです♪はおって即「ほっ」と気がゆるむ。しかし腕部分にはボアを使用しておりません。えっなんでそこケチっちゃったの??ご、誤解です。これには深いワケが・・・。腕の内側はキルトタイプ、つまりつるつるしています。これは着脱のしやすさを考えたからなんです。裏ボアの唯一の弱点としてインナーの生地と摩擦が起きることがあげられます。特に腕はインナーがまくれてしまって気持ち悪い、なんて経験ありませんか?今回、腕部分の裏ボアはあえて無くすことでモタつきはかなり軽減されています☆ ■超撥水(はっすい) 表生地、裏生地ともに素材はポリエステル。ポリエステルの良いところといえば形状安定性。速乾性もあるので仕事終わって洗ってを何度も繰り返せます☆ 表生地は超撥水加工を施しております。冬が近づくにつれて天気がグズつく日も増えます。突然の小雨にあっても大丈夫!バッチリはじいてくれます。ただし注意していただきたいのが「防水」ではなく「撥水」であることです。「撥水」の効果は一度きり。つまり、二度目以降は防水効果が急激に落ちます。レインウェアとして使うことはできませんのでご注意ください。撥水の効果を持続したいという方は防水スプレーを使ってみてくださいね。 ■背中からのスキマ風をシャットアウト いくら裏生地が暖かくても手首や腰周りから風が入ってきては元も子もありません。袖にゆるめにゴムで絞られており、手袋を着用すれば風を完全に防げます。首は?というとファスナーを完全に締めるとアゴの上、唇の下まで隠れるようになっています。スキマを完全になくしたいときは両側のスピンドルをぎゅっと絞りましょう♪裾は背中側がお腹側より10cm程度長めに作ってあります。これはしゃがんだときに、背中が見えないようにという畑美人思いやり仕様なのですが、結果的には寒さ対策にもなっちゃいます。腰周りがズボンとこのジャケットで覆われれば二重の暖かさが期待できますね♪ 驚くことにここにもスピンドル付いてます。大きめサイズを買って、裾にスキマができたとしてもお好みでスキマ0に調整可能、ご安心ください。 最後に・・・身長164cm 体重○○kg ウエスト65cm、普段着る上着のサイズLの私が試着してみたところ、 Lでピッタリでした。中は薄手のインナー一枚だったので、毛糸のセーターなどを着るならLLが良いかな?というところです。 Mは着れないこともないですが腕を回したときにキツく感じました。「Sun3San」の商品だと大きめデザインが多いのですが、こちらは特段ゆったりした作りではありません。特に腕周りがスッキリしたラインなので、ゆとりを持って着たい方は普段より1サイズ上を選ぶのがオススメです。デザインですが、大人カワイイ水玉です♪ この細かさなら男性が着ていてもおかしくないな~と思ったので、女性に限らず着ていただけるのではないかと思います。(オシャレ男子の間でピンクが流行しているというのでパープルなんかまさにツボではないでしょうか?!)サイズ選びにご注意いただければ男女兼用で着ていただける、そのくらい絶妙な甘さ加減です。もう一つ見ていただきたいのがチャックの色合い。ブラック×ホワイト パープル×アイボリー ベージュ×レモンイエローとアクセントカラーになっています。 この冬は、朝晩の畑作業では大活躍間違いなしはもちろんの事、作業を終えた一日の終わりにこのジャケットなら夕飯の材料を求めてスーパーでお買い物しても全く恥ずかしくありません。また当方のような冬に雪がふっちゃう所だと上手くいきませんが、冬場でも雪が降らない地方にお住まいであれば「バイクの運転(スクーター程度)」なんかでも見た目可愛くバイクに乗れると思います。別にお仕事じゃなくても、お子さんの冬場の通勤ウェアにもピッタリ。ドット柄ではありますが、騒がしい雰囲気ではないのでまさに老若男女全ての方にオススメです。 あくまで、畑作業の冬場厳しい朝晩の作業時に着て欲しいと思って作ったので、このウェアの適応気温は5℃前後ではないかと思います。冬場これ以上寒くなる地域であれば、あとはインナーの質と着込む枚数でカバーしたいですね!!どうしても冬場って着込むと着ぐるみみたいな格好になっちゃうんですが、こんなに可愛いトップスであれば目いっぱい着こんでも可愛く見えるのは私だけではないはずです。 S3S-BJ1409 サイズスペック サイズ M L LL 3L 着丈 70 73 76 79 肩幅 38 40 42 44 袖丈 61 62 63 64 胸囲 104 108 114 120 製造国 中国 Sun3San サンサンサン 裏ボアジャケット S3S BJ1409 2016 WEX 防寒 作 服 レディース *ジャンパー レディース 防寒* 爆買い,品質保証

Thinsulate シンサレート シルモンド防水防寒ブルゾン 48340 赤字超特価,定番人気

■お揃いのパンツはコチラから ■ 実店舗「プロノ」で 年間販売数4,000着超!! (2014年) 超絶ヒット!!重防寒アイテムがついに販売開始です!!! 【徹底解剖!!大人気の理由!!】 その1:とにかく暖かいんだよこれが!! 暖かさの秘密は中綿にあり!「シンサレート」という薄くても暖かい、高機能の中綿を使用しているんです。なんと、同じ厚みの一般的なポリエステル素材の中綿やダウンと比較すると、シンサレートの方が1.5~2倍の保温力があるんですよ!!保温力のカギは含む空気の量に関係します。シンサレートは中綿そのものの繊維が非常に細かく、より多くの空気をため込むことができ、高い断熱性・保温性を実現☆そのシンサレートをたっぷり使用しているんですから、暖かいのも頷けますね。 また、実店舗プロノは、店舗のほとんどが北海道にあります。その北海道のお客様が、厳しい真冬の寒さの中で着るために選ばれ続けているのがこの商品なのです!!北海道の真冬に着れる!!この暖かさは、北海道のお客様のお墨付きです☆ その2:よく考えてる~!!機能もりだくさん!! ■フード・・・ ヘルメットの上からでも被れるようフード は深く大きく作られています。そのままかぶるとかなり大きいので、顔面までかぶさってしまうほど(笑)ですがご安心ください! 深さ調節ができるマジックテープ が付いているので、深すぎて視界が遮られちゃう・・・という心配はありません。ヒモも付いているので絞って顔周りを調節することができます。また、 フードはファスナーで固定されていて取り外しが可能 です! ■立ち襟・・・首元まで暖かい立ち襟は、肌に当たる 内側をフリース生地 にすることでより暖か。 ■6ポケット・・・左腕にペン差し兼ミニポケット(iPhone5Sがちょうど入る大きさ)、両脇にファスナー付きポケット・ファスナー無しポケットがそれぞれ一つずつ付いています。また、右前には内ポケットもついていて、 計6個のポケット が付いているんです。収納力抜群なので、カバンがなくても大丈夫かも!? ■袖口・・・袖口は ゴム+マジックテープ 付きで調節が可能!ピッタリフィットして風の侵入を防ぎます! ■肘・・・肘部分には2本のタックが入っているので、 腕の曲げ伸ばし時に突っ張りにくく なっているんです!!こんなに細かいところまで考えてくれたメーカー様、親切すぎて感動です(涙) その3:意外にないんだよこれが!!嬉しい「透湿防水」 防寒ブルゾンって、あくまで「防寒」なので雨やベチャ雪が降ると濡れて浸みてベチャベチャに・・・。 ですがこの商品は、 「透湿防水」 防寒ブルゾン!! 耐水圧は2000mmと一般的なカッパの中では低めの防水性 ではありますが、(当店のカッパ「クールレイン」・「アメプロレイン」:耐水圧10,000mm) 小雨やベチャ雪程度であれば、内側に浸みることなく快適 に着て頂くことができます!さすがに 濡れた場所でひざまずいたり座り込んだり、長時間雨の中で作業するとなると水が滲みてしまう恐れがありますので、その際はもっと耐水圧の高い「カッパ」をご使用くださいね! また、この商品は 「透湿性」 も兼ね備えているのが嬉しいところ!「透湿」という言葉は聞いたことはありますか?アウトドア用のカッパやスキーウェア、スノーボードウェアをお持ちの方はよくご存じなのではないかと思うのですが、私は入社して初めて聞く言葉でした。これは、 「水は通さないのに、水蒸気は通すことができる」 機能なんです。防水の商品は、内側で発生したムレを逃がすことができずに内側はベチャベチャになってしまうものがほとんど・・・。この商品は「透湿性」があり水蒸気となった汗(ムレ)を逃がしてくれるので、一般的な防水加工のみの商品と比較すると蒸れにくいというわけなんです。もちろん逃がしきれないほど汗をかけばムレますが、それでもこの機能があるのとないのとでは快適さが違いますよ! いかがでしたか?? 魅力てんこ盛りの頼もしい防水防寒ブルゾン!北海道のお客様に大人気の秘密が少しでも伝わってくれたら嬉しいです☆ 【実際に着てみました!!】 最後に、お待ちかね!実際に着てみましたのコーナー!! 身長170cm、体重60kg、ウエスト76cm、胸囲90cm、普段着るトップスのサイズ:S~Mサイズ(タイトに着るときはS)、普段着る作業服のサイズ:Sサイズ の男性スタッフに着てもらったところ・・・ 買うならLサイズがいい! とのことでした。 最初にMサイズを着てもらったところ、丈がベルトのすぐ下当たりまでの長さで、お尻がほとんど隠れない短め丈に作られており、袖はちょうど手首までの長さで手の甲は隠れず、全体的に「短い」という印象でしっくりこないそうです。袖幅・身幅はMサイズでもゆとりがあり、Mサイズを着ようと思えば Mサイズでも着れますが、いかんせん本人が袖や丈が短いと落ち着かないということでLサイズを選ぶ とのことでした!(笑)Lサイズはというと、全体的にゆとりは出ますが、袖の長さも裾の長さも気にならず、作業するならこれくらいの方が動きやすいとのことです!!幅のゆとりを気にせず、袖や裾の長さが短いのが気になる方は、当店スタッフのようにいつものサイズより1サイズ上げてみてもいいかもしれません。 是非ご検討ください☆ 表地:ポリエステル100% 裏地:ポリエステル100% 中綿:ポリエステル100% 重さ:約1000g(Mサイズ) Thinsulate シンサレート シルモンド防水防寒ブルゾン 48340 赤字超特価,定番人気

GRANCISCO グランシスコ やわらか綿100%ブルゾン GC5000* 作 着 作 ブルゾン メンズ * 豊富な,限定SALE

→お揃いのカーゴパンツはコチラから 大変お待たせしました!! かねてより多くのご要望を頂いておりました 「綿100% 作業服」 が、ついに登場です!! これまで夏物しかなかった綿100%の作業服ですが 溶接など熱を扱うお仕事をされている方にとって、 ポリエステル混の素材では溶けてしまう恐れがあり着用頂けないこと、 何より綿は天然繊維で肌あたりが優しく丈夫な一押しの素材です。 化学繊維と比較すると、濡れると乾くまでに時間はかかりますが それ以上に素材のもつメリットを重視される方に大変おすすめの素材です。 綿100%の日本製生地の表面に起毛処理をした上に、 シリコンウォッシュという洗い加工を施し、綿にありがちなゴワつきやすい固さを軽減。 柔らかく滑らかな風合いに仕上げています。 作業服は買ったらまず洗濯して柔軟剤で柔らかくしてから着るという方も多いかと思いますが この商品は手元に届いたときから既に柔らかいので、 洗濯せずにすぐにご着用頂けると思います☆ 溶接工の方、鳶さん、大工さん等建設業の方の作業服として。 車屋・バイク屋さんのスタッフユニフォーム、イベントユニフォームとして。 是非おすすめ致します! ■色 この商品、なんと6色展開なんです!こんなにあると迷っちゃうかもしれませんが(笑)、これだけあればきっとお好みの色が見つかるはず!・ダークグリーン・・・カクタスもグリーン系ではありますが、カクタスよりも青味のある深いグリーンです。 ・ストーングレー・・・明るくさわやかな印象を与える、淡いグレーです。 ・ベージュ・・・作業服の王道カラー。中間色なので汚れが目立ちにくいのもポイントです。黒っぽい汚れが付きやすい方は、ベージュよりも暗い色がおすすめです。汚れに近い色を選ぶのがコツです。 ・カクタス・・・カクタスって何!?と思われた方、私もです(笑)「サボテン」を英語でカクタスと呼ぶらしいです。深いカーキ色(黄みよりのくすんだグリーン)は金ボタンとの相性が抜群で、オシャレ度をアップさせてくれる1枚です。 ・チャコール・・・濃いグレーです。白のトップスや黒の小物と合わせて全身モノトーンで統一すると、最強にカッコイイ。 ・ダークオレンジ・・・ビビットなオレンジでは着るのに抵抗がありますが、こちらはオレンジの色味を程よく落ち着かせた、ブラウン寄りのオレンジ。周りと差をつけられる珍しい色が魅力です。 生地の色によって付属のボタンの色まで変えてしまうこだわりよう。メーカーさんの本気度が伝わってきます。カクタス・ダークオレンジには光すぎないよう艶を抑えたセミマットなゴールドボタン、ダークグリーン・ストーングレー・ベージュ・チャコールにはビンテージ風の加工を施したプラチナカラーボタン、どちらも金属ボタンを使用し、生地の色身と相まって高級感を演出しています。 ■仕様 スタンドカラー(立ち襟)でワイルドな印象のブルゾンです。 ポケットは収納力抜群の全部で6つ。 右胸ポケットはフラップ+ボタン付きのポケットとファスナー付きポケットとのWポケット。 左胸ポケットはフラップ+ボタン付きポケットにペン差し機能が付いています。 左腕にはペン差し兼小物の収納ができるフラップ付きポケット。 肘周りには特殊なカッティングを施し、突っ張りにくく動きやすくしています。 更に、腕の上げ下げがしやすいよう、背中の両サイドに切り込みをいれ、マチをつけたノーフォーク仕様になっています。 綿の作業服は生地が厚いとゴワついて動きにくいものが多い中、この商品は生地が柔らかくしなやかな上 縫製の工夫をすることで、丈夫でありながら動きやすい作業服を実現しています。 ファスナーももちろん抜かりなし。信頼のYKK製です。 <実際に着てみました!> 早速当店の男性スタッフに着てもらいました~!! 身長178cm、ウエスト82cm、体重71キロの男性に着てもらったところ ブルゾン・シャツはLサイズ、パンツは82cmでぴったりでした! パンツはワタリ(太もも周り)にゆとりがあり、裾も全体的に幅を広めにしためなつくりになっているので まさに作業用にピッタリのパンツです。 ゆったりしながらも決してだらしなく見えないのは、ウエストから腰にかけてのシルエットがスマートだから。 素材:綿100% GRANCISCO グランシスコ やわらか綿100%ブルゾン GC5000* 作 着 作 ブルゾン メンズ * 豊富な,限定SALE

Snap on スナップオン ウインドブレーカー SNO 1603 定番,2017

→ライバルモデルはコチラ →ライバルモデルはコチラ 単位:(cm) 着丈 肩幅 袖丈 胸囲 M 67 48 60 110 L 70 50 61 114 LL 73 52 62 118 3L 76 54 63 122 Snap on スナップオン ウインドブレーカー SNO 1603 定番,2017

空調服 純正専用リチウムイオンバッテリー&充電器 RD9410 2016 EXS 夏物 作 服 その他 SALE,100%新品

空調服セット価格(A):23,976円(税込) 空調服セット価格(B):21,600円(税込) ■セットA:空調服KU91410 ■セットB:空調服KU91400 ※空調服として使うには以下の付属が必要です。 →空調服はコチラ☆KU91410:8,200円 →専用ファンはコチラ☆RD9260A:4,500円 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 ※空調服専用リチウムイオンバッテリーの商品ページです。空調服として使用するには、「空調服」と「専用ファン」が必要です。 空調服 純正専用リチウムイオンバッテリー&充電器 RD9410 2016 EXS 夏物 作 服 その他 SALE,100%新品

アイズフロンティア 夏生地メッシュ素材 長袖ブルゾン 10010 低価,新作登場

■→M~3Lはこちら☆■ ■→お揃いのパンツはコチラ☆■ ■→究極に涼しくしたいなら「空調服」!!■ 【ページ制作者が語る、この商品の魅力!】 今年も暑い季節がやってきました・・・! 作業服の業界では長い間、生地が薄く通気性に特化した「夏生地作業服を夏場は着る」というのが当たり前になっていましたが、最近その風潮は少しずつ変化しております。 その要因は 近年、何かと話題にのぼる「空調服」 の存在です。私も最初は半信半疑でしたが正直機能が中途半端であれば毎年超ヒットの販売数は記録できません。実際に着てみましたが 間違いなく暑さを凌ぐ作業服としては空調服がNo.1!!です。 「え?じゃあ空調服を買えばイイの?」というお客様、暑さを凌ぐという事では空調服がベストですが、夏生地の作業服を着ることって暑さを凌ぐっていう事意外にも目的があるのではないでしょうか?? 【アナタは夏物作業服に何を求める?それで決まる作業服のカタチ】 ■暑さ・・・毎年「例年に無い猛暑」というニュースが流れています(笑)。毎年やっていたら「例年通りだろ」と突っ込みをいれたくなりますが、それでも猛暑日っていうのは最高気温が35℃以上でほぼ人体の体温と同じ温度・・・。考えただけでゾッとするその温度は立っているだけでも健康被害を及ぼします。その多くが平熱を保っていた体温が汗だけでは体温調節が間に合わなくなり、体が高温状態になる「熱中症・熱射病」です。 他の夏物作業服ではいくら通気性を上げても限界があり、衣服内に高い温度が滞留してしまいます。問題解決として一番効果が高いのはやはり「空調服」。空調服は衣服内に空気の流れを作り出し暖まった空気を滞留されることなく、また皮膚から体温を奪いながら、最終的に首下・手首・裾から抜けて外気へ放出されます。 ■湿度・・・夏場の屋外作業で一番困るのが「高い気温」と「高い湿度」ですよね。中でも「高い湿度」は気温と合わさり「発刊作用が促進される」ので人体の水分不足になる可能性が大です。実は無敵と思われている空調服も「高い気温」には対応していますが、「ムシムシした曇り空」や「長時間、小雨がシトシト降る梅雨シーズン」には、効果が得ずらいと言われています。この場合、大敵となるのは「高くなった体温」ではなく「強烈な湿度」なので、衣服内に貯まった湿った空気をどんどん外に放出するメッシュタイプの作業着がオススメです。 ■環境・・・空調服はまさに夏場最高のパフォーマンスを発揮すると言われていますが、それは必ずしも「完璧」ではありません。空調服はその独特な冷却方法から ウエスト・袖口のギャザーはキツめで、大きな空気の対流を生み出すためちょっと大きめな作りが特徴 です。がしかし、それが働く環境によっては×となる事もしばしば。。。もしも「極端に狭い場所(設備系)での作業」をする人や、「作業服の生地を激しく磨耗するお仕事、地面に寝そべって仕事をする人や鋭い枝や草木が覆う場所で働く人」には、空調服のようにボリュームが出てしまう作業服よりは、 もっと薄生地でもっとスリムでバッテリーなど出っ張りが無いシンプルな作業服 が向いているといえそうです。 ■予算・・・何事も「費用対効果」って凄く大事。真夏の太陽の下朝から晩まで屋外で働くなら多少値が張っても空調服の方が後々得られる効果は大きいです。ただし、屋外作業が頻度的にも時間的にも限定・断続的であるなら、それは費用の方が高くなってしまう可能性もあります。 「帽子を被る」「水分補給をマメにする」などのケアを怠らなければ、作業服にかける費用を抑えることも非常に大事な考えです。 そういうわけで、もしもお客様ご自身で上記をご確認になり、「あれ?俺の仕事って空調服に向いてるかも・・・」と思える部分があったお客様!!当店はそんなお客様もしっかりサポートしたいと思っています☆ 動けば汗がタラリ・・・あ~暑い。 もっと快適にお仕事した~~~い!そんな時におすすめの、風が吹き抜ける作業服のご紹介です☆ ご覧ください。 上着はその50%以上、背中にいたってはほぼ全面が総通気メッシュ(驚) で作られた究極夏生地作業服のご紹介です!! いやね、私(作者)も思いましたよ。空調服が席巻する前、「どうやっても暑いんだから、全部メッシュの作業服ってどっか作らないかな~(笑)。」って。。。まぁ、全部ではありませんがまさか当時の想いに応えてくれるメーカーさんがあるとは驚きでした!! 【こんなところにこだわりました!】 ~風が吹き抜ける作業服~ ご覧ください!どこもかしこも メッシュ!メッシュ!メーーーッシュ!!! 夏用の薄生地の作業服は、正直どこでも売っていますが、 ここまで涼しさを追求した商品はなかなかないのではないでしょうか!? この商品は一般的な夏生地の作業服に比べ、なんと 約8倍も通気 するんです!! 風がびゅんびゅん吹き抜けちゃいますよ~~~! ブルゾンは背中全面、袖の内側から脇を通り、脇腹まですべてメッシュ!!! カーゴパンツは両腰横のポケット部がメッシュ、お尻の上はメッシュの上から生地を重ねて ベンチレーション(通気口)を作り、風が通り抜けます☆ さらにそれらのメッシュをよくご覧頂くと、袖の内側とお尻の上のベンチレーション部以外はすべて メッシュが二重になっており、中に着るインナーのスケスケ具合を軽減してくれています。 さすがにちょっとは透けますが、1枚と2枚重ねとでは雲泥の差!! 強度も増しますので一石二鳥なわけなんです♪ ただ、二重になっているとはいえカーゴパンツの両腰横のポケット部のメッシュからは、 よく見ると細かな穴から下着が見えてしまうので、もし女性でご購入を検討されている方がいらしたら、 個人的にはおすすめできません(笑) 男性でも気にされる方はいらっしゃると思いますが、下着は1mmも見せたくないよ~という方には やはりお勧めできませんが、カーゴパンツと同系色の下着を履けば変に目立つことはないと思います☆ 夏場はとにかく暑さとの戦いなので、そんな細かいことは気にせず最大限涼しくしたい!!! という方には超お勧めの逸品ですよ!!!! 更に、「いや~もうメッシュでも暑いよ~~~」という時は、 ブルゾンの袖・カーゴパンツの裾をくるくるロールアップ♪ ただロールアップしても動くと落ちてきてしまいますが この商品はロールアップした袖や裾をボタンで留めて、落ちてこないように固定できるんです♪ ブルゾンの袖、カーゴパンツの裾ともに七分丈になりますよ☆ 暑すぎる日にはとっても嬉しい機能ですね! また、本体の表面はポリエステルで速乾。この商品は洗濯してもすぐ乾いてくれるので、 汗をかいて洗濯頻度が増える夏にはとっても嬉しいですよね! そして本体の裏面は綿素材になっており、直接触れても優しい肌あたり♪ また、ファスナーはすべて安心の品質を誇るYKK製を使用!細部までぬかりなしです☆ 【こんな時おすすめ☆】 特にオススメなのは気温が非常に高く、風が強い・雨の多い地方のお客様。空調服が弱点として持っている環境の問題をこの作業服なら解決してくれます。農家さんのお仕事着として、鳶さん、大工さん、設備屋さん、塗装屋さん、左官屋さんなど夏場でも屋外がメインの作業場になるお客様には神アイテムになりそうな雰囲気です。 その他、暑くてもネクタイを締めてビシッとした格好をしていなくてはならない「現場監督」の作業着、また不動産・建築系の営業マンさんの制服にもピッタリです。だって空調服を着て「ブ~ン」って言わせながら商談は出来ないですよね(苦笑)。また他社さんの通気が優れない作業服だと、タダでさえ暑い場所でダラダラをかきながら熱弁を繰り広げても暑苦しく思われるだけですから、そういう場合はこの作業服が大活躍するでしょうね。商談中もきっと涼しく応対でき、ビッグビジネスにも繋がるかもしれません。 【実際に着てみました~!】 早速、私(作者)が着てみたところ・・・、 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段着る作業服のサイズ:LLサイズ、普段着るインナーのサイズ:Mサイズ、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 ブルゾンはインナーTシャツ一枚でジャストフィット!!、パンツはL(84cm )でピッタリ☆ でした!! 見た目はベーシックに見えるかもしれませんが、立っているだけで風が抜けていく感覚、そしてイマドキの型紙を使用したすっきりとしたシルエットは間違いなく次世代型の猛暑対策用作業服と呼べそうです。 暑い夏はこの作業服を味方に乗り越えちゃいましょう~~~!!! 本体:ポリエステル85%、綿15%、 メッシュ:ポリエステル100% MADE IN VIETNAM アイズフロンティア 夏生地メッシュ素材 長袖ブルゾン 10010 低価,新作登場

VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーブルゾン 5101 超激得,定番人気

発売予定日 2011/04/09 掲載日 掲載中 ■サイズスペック■ サイズバスト肩幅袖丈着丈 M112465863 L116486065 LL120506267 3L124526270 「当店でしか買えないワークギアを!」という事で、オリジナル商品化を進める当店(プロノ)ですが、時たま「やっぱりメーカーさんには適わないなぁ」と思ってしまう商品と出会うときがあります。一昔前の作業服では当店オリジナルのワークウェアの方が断然イイ!と思えて仕方無かったのですが、昨今の作業服メーカーさんの意気込みには、正直頭が下がります。そんな「すごいなぁ」と思わせてくれるメーカーさんの一つが、この春 「クロカメ被服」から「BURTLE(バートル)」に社名を変更した メーカーさん。以前から、他の作業服メーカーさんとは明らかに一線を画す路線を突っ走ってきた感のあるメーカーさんですが、ようやく時代が追いついてきた感じで今、ノリにノッているメーカーさんです。  「BURTLE」が長きにわたって追い求めてきたのが「ワークカジュアル」。そうです、当店現在、「最近の作業服はこんなにカッコイイんだよ!」という「ワークギアをカジュアルに着る」という「ワークカジュアル」を 当店よりもず~っと前から追求してきたメーカーさんです。 その間、失敗もあれば、成功もあり、そんな経験「ノウハウ」が今のBURTLEの人気をしっかり根元から支えています。  今回、ご紹介するアイテムは、「BURTLE」に社名を変更する前からの商品ですが、しっかり「ワークカジュアル」しています。画像を見ただけでもお分かりになると思いますが、ブルゾン一つ見ても「あ、他とは違うな」と一目瞭然。 作業服であるという前提をしっかり考慮しながら、余分なダブツキや、今まで作業服とはこういう形・・・という固定観念を根底からひっくり返しています。 プロノでは、年々、当店をご利用されるお客様が増え、実にさまざまなご要望が毎日当店へ届きます。その中でダントツのトップが「何で作業服屋なのに、作業服少ないの?」、「もっとプロノの視点から見た作業服が見てみたい」等、作業服屋元来の中心アイテム「作業服」への要望が高くなっています。確かに当店では今まで、あえて「作業服」には手を出してきませんでした(作業服屋なのに(笑))。理由は簡単、つい2~3年前までは、どこのメーカーさんの作業服も似た感じだったんです。だからネット上で販売しようにも、商品を撮影して一覧で並べると・・・、「どれも同じ」に見えてしまうため作業服の取り扱いはオリジナル以外は掲載していませんでした。  しかし!ようやく今年から当店は、バンバン作業服をリリースします!!一覧でご覧になったときに、「あれもこれも、全部が魅力的」と思っていただける作業服を取り扱う事になりました。その先駆けが今回紹介する「BURTLE」というわけなんです。  では、早速商品のご紹介を。今回ご紹介するのは ブルゾン・シャツ・カーゴパンツの3種類。 今まで当店では、「カーゴパンツのみ」を扱うことが多かったのですが、当店でパンツを販売しすぎてしまい、メーカーさんに「ブルゾンだけ余る」という由々しき事態が多発。メーカーさんからのたっての希望もあり、今年からは上着も扱う事にありました。「おや?どっかで見たことあるな??」というお客様は、当店と長いお付き合いをされているお客様。そうです、この商品、冬時期に「防寒着」としてリリースした ヌバックタッサー防寒ブルゾン と同じシリーズになる 夏服バージョン なんです!!ヌバックタッサーユーザーには、突然の朗報ですよね!!  ヌバックタッサーも例外なく、スタイリッシュなシルエットが大好評でしたが、夏服になってもそのシルエットの美しさは健在。夏服といっても過度なペラッペラッな生地ではなくて、綿100%の素材を使用しているので、市販されている「ペラッペラッ」な作業服ではなくて、何回洗濯をしても「パリッ」とした着心地がとても気持ちイイ作業服になっています。また生地は 国産のリップクロス素材 を使用しているので、信頼性抜群!!っていうか、「リップクロスって何?」とお思いのお客様もいらっしゃいますよね??リップクロスとは、もう当店では有名な素材。ただ「ジャンルが異なり」ます。そうです、一般的にリップが使用されるワークウェアは「ヤッケ」や「カッパ」が多いです。 リップとは生地の中を別糸が格子状に走り、あらゆるテンションによる引き裂けと、破れを防止する 事が目的として使用されている加工です。ですから、画像をよ~く見てみると・・・、表面に格子状の模様が見えますよね?これが「リップクロス」です☆そしてこの素材は「日本で作られている」という事ですね。ただし!だから「日本製」とはなりません。当商品の場合、「国産生地を外国へ持ち込み縫製」するので、輸入法上は「外国産」となってしまいます。がコストのかかる日本生地をこだわり使用しているBURTLEってやはりタダモノではない!って気がしませんか??さて、ここからは、「ブルゾン」「シャツ」「カーゴパンツ」について、個別のご案内。 説明が長いですね・・・。どうか諦めないで読んでくださいね(苦笑) 【5101 ブルゾン編】 手にした見た感じ、「とってもしっかりしているなぁ」と思ったのが第一印象。この質感は「日本生地を使用」しているからなのか「リップがもたらす生地のコシ」なのかはちょっと分からないですが、とにかくしっかりしています。それで明らかに年間作業服とは異なる生地厚を実現しているのだから、驚きです。ただし、夏場25~30度近くになってしまうと、さすがに綿素材は暑く感じてしまいそう・・・。つまり、極暑日に至るまでの「4月」「5月」「6月」、また秋口の「9月」あたりまで、ガッチリカバー出来る作業服のような気がします。  シルエットに関しては、もはやBURTLE製品は何の心配もなし。かなりカッコイイです。私(作者)のように線の細い人間にはありがたい「裾がバタバタしない」形状のブルゾンは、胸囲や、裾幅などの細かいスペック変更で、本当に余分なダブツキはありません。もちろん今まで必要の無かったダブツキですからガッチリ体型のお客様はNGという事では絶対ありません。またBURTLEの特徴としては「ブルゾンの丈が短く」感じる方もいらっしゃるかもしれません。この部分はどちらは悪いとかではなくお客様の好みにより賛否が分かれるところ。私個人の考えですが、私的にこの長さは「アリ」だと思います。というのも、羽織った感じ「ジージャン(古い?)」のような雰囲気です。これ以上長くなってしまうと、上下で合わせた時のバランスが崩れてしまうような気がします。また着用の際、ちょっとダラしなく思えるかもしれませんが、「フロントジッパーを上まで上げる」着方ではなく、夏場は全開!!みたいなワイルドな意気込みで着用すると、よりBURTLEの世界観が伝わると思います。  よく作業服で見かける「脇ゴム」もナシ。襟元はライダースジャケット(シングル)のようなボタンでスタンドカラーに早代わりする襟形状。袖口もゴムは使わず、全体的に「ストンしたストレート形状」が魅力です。 ちなみに作者ではある私が実際に着てみました! 身長:178cm、体重:62kg、普段着用するブルゾンのサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでジャストサイズ! でした。いやぁ~、細身の私でも作業服がかっこよく着れるなんて夢のようですね(泣)。サイズ選びのコツは、この商品、パンツは割とゆとりがありますので、作業上許される範囲内で、「ブルゾン→ジャストサイズ、シャツ→ジャストサイズ、パンツ→通常サイズ」で合わせると、ボトムのボリュームがトップスのスッキリ感で中和され、すんごいオシャレに見えます。ブルゾンもシャツも大き目を買うと、全体的にダブダブな印象になりますのでご注意ください!! 【5103 長袖シャツ編】 当店がシャツを扱うなんて、あまり考えられない事ですよね(苦笑)それだけBURTLE製品に対し、当店が信頼を寄せている証拠。ブルゾンよりも2割くらい薄い生地を使用しているので、見た目ブルゾンと同じ印象に思われちゃいますが手にした感じはかなり違います。ブルゾンと比べるとかなりソフトな印象です。私(作者)の場合は大丈夫でしたが、ひょっとすると「ブルゾン」と「シャツ」のサイズが異なるお客様もいらっしゃるかもしれません。それだけ着た感じの印象は違います。詳細は別記のサイズスペックをご参照下さい。シルエットとしてはタイトではありませんがスッキリした形なので、「シャツの中に着込む」事は基本的にお勧めできません。肩口の周囲寸法「アームホール」がスリムなため、厚地の下着や重ね着をすると、脇の部分で生地の大渋滞が起こります。裾形状もゆるやかなアールを描いているので、居ないとは思いますが、シャツを出して着用する事も可能です。 実際に私(作者)が着てみました! ブルゾンサイズと同じLサイズがジャスト! でした。う~ん、でもホントはMサイズでいきたかったんですが、袖丈が足りませんでした・・・。 【5106 パワーカーゴパンツ編】 近未来「ワークカーゴパンツ」みたいです(笑)。明らかに今までの作業カーゴパンツとは違います。ノータックスタイルでシンプルに仕上げている他、デザインを崩さないよう配慮されている出っ張りが無いサイドのポケット等、恐らく「今までのタックの作業パンツに抵抗があったお客様」は、それだけで魅力的なスペックではないでしょうか?しかし、一方で”しっかり作業パンツしているな”と思わせる点も。見た目はなかなか分かりませんが、実はこのパンツ「太い」です。つまりワンタックを潰しても決して細くはせず、作業に必要なワタリ(ふともも部の巾)はしっかりと確保されているんです。ですから「ノータックがキツイよな~」っていうガッチリ体型のお客様もご安心ください。びっくりするくらい問題無く履けますよ。まさに見た目のマジックですね。またタックを潰す事により、折り目がパンツの両足のセンターを通らず(スーツのパンツは両足のセンターに折り目が走りますよね)、ジーンズやチノパンと同じサイドに折り目がくる構造になるので、これだけでかなり見た目の印象も変わります。  また画像では全部が”イマドキ”のように見えますが、こんな部分でもBURTLEが大事にしている箇所があります。それは 「股上」 です。イマドキのジーンズのようにまた上が浅く見えますが、それは大間違い。実は、「かなり股上が深く設定」されているのでお尻の収まりがすんごく良いです。他社さんメーカーでやっちゃいがちなのが、全部を”イマドキ”にしてしまい、股上も浅く設定してしまうんです・・・。これではもういくらカッコよくてももはや作業服ではなく単なる「カジュアルパンツ」です(泣)。この部分はBURTLEがワークカジュアルを提唱し、ノウハウとして蓄積した結晶。「股上」を変にイジッてしまうと、仕事が出来なくなってしまうんです。BURTLEは、前衛的なワークデザインを実現しながら、しっかりと「古き善き知識」はしっかりと踏襲しているメーカーさんなんです。  最後に私(作者)が実際に履いてみました。 私の好みでは82cmがベストサイズ! でした。前述通り、トップスはジャストサイズで攻めて、ボトムは少しゆとりを持たせると、カッコイイスタイリングになるのではないかと思います。 VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーブルゾン 5101 超激得,定番人気